柳沢三千代はカレーパンマン役の声優!「はんなりラヂオ」の朗読舞台で会える

柳沢三千代はカレーパンマン役の声優!「はんなりラヂオ」の朗読舞台で会える出典:http://www.tv-ranking.com
スポンサーリンク

柳沢三千代は年齢非公開のベテラン声優!カレーパンマンに代役が存在していた?

柳沢三千代は年齢非公開のベテラン声優!出演作は?

柳沢三千代(やなぎさわみちよ)は、国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」のカレーパンマン役として知られているベテラン声優です。

カレーパンマン役以外にも、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」エリカ・シモンズ役や「名探偵コナン」西村佐知子役、「地獄先生ぬ~べ~」山口晶役など、人気作に多数出演しています。実は、誕生日が7月26日であることは公表しているものの、年齢は非公開にしている柳沢三千代。

しかし、ネットでは1963年生まれの54歳、もしくは1960年生まれの57歳と推定されているようです。柳沢三千代は、日本大学芸術学部演劇学科を卒業後、1986年に声優デビューしているので、大学卒業後から声優デビューまでの間があまり空いていないならば、おそらく50代で、推定に近い年齢だと思われます。

柳沢三千代がカレーパンマン役を休んでいた?その時期は?

柳沢三千代は、1988年から、「それいけ!アンパンマン」カレーパンマン役として出演し続けています。短気な反面、人情に厚く、熱血で涙もろい江戸っ子のような性格のカレーパンマン。基本的に、辛さ的には中辛だそうですが、攻撃する際には激辛になることもあるようです。

スポンサーリンク

これまで30年に渡ってカレーパンマン役を演じてきた柳沢三千代には、実は代役がいた時期があったと言います。それは、1999年8月からの1~2カ月ほど。柳沢三千代の代わりに冨永みーながカレーパンマン役の代役を務めていたそうです。理由については不明ですが、代役を立てたのはその期間だけで、その後は柳沢三千代に戻っていることを考えると、病気や怪我による入院などが理由だったのかも知れません。

柳沢三千代が歌ったキャラクターソングは?はんなりラヂオの朗読舞台で会える!

柳沢三千代が歌ったキャラクターソングは?カレーパンマンのキャラソンは?

最近の声優は、キャラソンCDを発売し、ライブなども行っていますが、柳沢三千代の場合は、キャラソンはあまり歌っていません。しかし、アンパンマン関連のキャラソンでは、戸田恵子(アンパンマン)と島本須美(しょくぱんまん)との3人で、「ぼくらはヒーロー」を歌っています。

カレーパンマンには「とべ!カレーパンマン」というキャラソンもありますが、こちらを歌っているのは、寺田千代&寺田嘉代の双子姉妹によるユニット・ドリーミングです。

スポンサーリンク

柳沢三千代に「はんなりラヂオ」の朗読舞台で会える!TARAKOとの関係について

柳沢三千代は、自身が所属している青二プロダクションの関西出身女優を集めた、語りのユニット「はんなりラヂオ」を2010年3月に旗揚げしています。メンバーは、柳沢三千代の他に、新千恵子や竹田佳央里、陰山真寿美。それに加え、公演では、女性に限らないさまざまなゲストが登場します。

たとえば、アニメ「ちびまるこちゃん」でお馴染みのTARAKO。柳沢三千代は、TARAKOが主催している演劇集団WAKUのメンバーです。そのため、TARAKOは、「はんなりラヂオ」に出演はしていないものの脚本で参加しています。「はんなりラヂオ」の公演では、短編3本の朗読が行われますが、2018年は赤坂RED/THEATERで7月12~14日に行われる予定です。生で接する機会の少ない柳沢三千代に会えるチャンスですので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

柳沢三千代が「1周回って知らない話」に出演!声優陣が親たちに絶賛されたこととは?

2018年5月9日に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」では、アニメ「それいけ!アンパンマン」が特集され、柳沢三千代もゲストとして出演しました。アンパンマン役の戸田恵子や、しょくぱんまん役の島本須美、バイキンマン役の中尾隆聖も出演しましたが、4人揃ってのテレビ出演はかなり貴重だと話題になっています。

番組内では、担当キャラクターの声でそれぞれ自己紹介を行い、実演アテレコも行われました。その際に、「アンパンマンを観ている子供たちが混乱しないように」という配慮の元、声優陣が顔を隠しながら行ったことが、アンパンマンを見ている子供を持つ親たちから絶賛されたそうです。

昔は顔出ししないことが普通だった声優も、最近は顔出しすることも珍しくなくなり、イベントやライブ出演も増えました。しかし、キャラの声はキャラそのものの声であり、「中の人」などいないと信じている子供たちが多く観ている作品では、顔出しは夢を壊す行為になってしまうのかも知れません。

声優としてアニメ作品に参加するだけでなく、自身が立ち上げた「はんなりラヂオ」や、TARAKO主催の演劇集団WAKUの主要メンバーとしても活躍するなど、活動の幅を広げている柳沢三千代。今後も担当キャラに命を吹き込み、子供たちに夢を届けつつ、舞台や朗読劇などでも輝き続けることでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る