保田圭 「しくじり先生」で婚活、伝説、バイトの壮絶な過去を告白!結婚相手、小崎陽一との子供を熱望中

保田圭 「しくじり先生」で婚活、伝説、バイトの壮絶な過去を告白!結婚相手、小崎陽一との子供を熱望中

テレビ朝日系列のバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」では毎回“しくじり”をしてしまった芸能人が、教師として教壇に立ち、生徒役の芸能人達に授業のスタイルでその“しくじり”を解説し、タイトル通り、“俺みたいになるな!!”というアドバイスをくれるという非常に新しいタイプの番組です。

以前まで深夜帯での放送だったものが、その内容が好評を得てゴールデン番組として昇格しました。5月26日の放送は2時間スペシャルとして放送され、そこで登場した元アイドルの授業が話題を呼んでいます。その元アイドルとは。

保田圭「しくじり先生」で壮絶な過去を告白!

保田圭 元モーニング娘。の内幕を語る!その壮絶な戦いの日々とは!

保田圭はつんくプロデュースによるアイドルユニット「モーニング娘。」として、1998年に行われたテレビ東京系バラエティ番組「ASAYAN」の「モーニング娘。の追加メンバーオーディション」で、5000人の中から選ばれた凄いアイドルなのです。しかしグループ内を見渡すと、自分よりルックスが良いメンバーばかりだと気付いて、自分は憧れていた安室奈美恵のような感じで行こうと最初の“しくじり”をしてしまいます。そしてそれもダメだと感じた次の手段は、カメラ目線で全力アピールをしたりという、前へ前への精神で“しくじり”ました。その結果、グループ内で孤立し、更には毎回トーク番組や歌番組後に行われる反省会では、アドバイスをしても生かせない保田圭に対し、当時付いていたマネージャーから「もう一生しゃべるな」と言われる始末。その上写真撮影の時もアピールしてもカメラマンから「そんなに使わないから」と言われ、撮影時間もあっという間に終わってしまう悲しい状況になってしまいます。また人気絶頂時のモーニング娘。の写真集を出す時に、他のメンバーは海外でロケをしたのに対し、保田圭は麻布十番でモデルポーズをとっていたという涙ぐましいことになっていました。当時を振り返った保田圭は、誰にもグチれず毎日家で泣き続ける日々だった、と語っていました。

保田圭 「うたばん」でイジられキャラを確立し開花!

そんな散々な毎日を送っていた保田圭に、転機が訪れます。それはSMAPの中井正広と、とんねるずの石橋貴明がMCを務めていた、TBS系列の歌とトークのバラエティ番組「うたばん」にゲストで出たことで、“オチ要員”としての地位を確立していきます。モーニング娘。がゲストで来ると、石橋貴明はセンターポジションにいた安倍なつみや後藤真希を猫なで声で可愛いと言い、ウインクをさせてデレデレします。そこから中井正広が保田圭に対して、保田圭はウインクできるの?とフリを入れ、保田圭は全力で可愛いようにウインクします。すかさず石橋貴明はデレデレから素早くキレキャラに移行し「てめぇ、ふざけんなよ!」とボケに対してツッコむように、保田圭を扱うという流れが出来上がりました。これでモーニング娘。のオチ担当としての保田圭が確立されます。そして後期になってモーニング娘。のメンバーも増えてくると、保田圭は自らイジってもらおうとトークの合間を縫っては石橋貴明に何度も声をかけ、キレられるという流れを自ら確立しました。孤立に悩みアイドルとして悩み、芸能人として悩んだ保田圭はここで終わりを告げたのです。しかしこれで終わらないのが「しくじり先生」たる所以。オチたのは話だけではなく、女性としての扱いもオチてしまいました。付き合う彼氏と手を繋いで歩いた時に、彼氏の知人が来たら手を放されたり、良いなと思った相手から電話番号を聞かれご飯にいざいこうとすると、実は別のメンバーを連れてこさせるためだったり、合コンでは酔いつぶれたまま1人放置され、と散々なところは残っていました。そんな中で2013年に結婚する事になるイタリア料理研究家の小崎陽一と出会い、モーニング娘。を知らないという小崎陽一は普通の女性として保田圭と付き合い、結婚しました。最悪ファンにもらってもらおうと考えていた保田圭は、ファンにも貰ってくれる人がおらず途方に暮れていたところに、全く知らないというイケメン旦那をゲットしたと言う、壮大なハッピーエンドが待っていました。

スポンサーリンク

保田圭のプロフィール

保田圭 モーニング娘。を卒業後、イケメン旦那の小崎陽一と結婚!子供を熱望中し妊活中!

保田圭は1980年12月6日生まれの34歳血液型はA型です。ハロー!プロジェクトの一部及び卒業したタレントが在籍するジェイピィールームに所属する歌手であり、女優であり、タレントです。先程ご紹介したように、1998年の5月にナインティナインが司会を務めていたテレビ東京系バラエティ番組「ASAYAN」の「モーニング娘。の追加メンバーオーディション」で5000人の中から市井紗耶香、矢口真理と共に選ばれました。初代モーニング娘。リーダー中澤裕子が卒業し、後を引き継ぎ二代目リーダーとなった飯田香織をサポートする名目で出来た初代のサブリーダーでもあります。モーニング娘。の2ndシングル「サマーナイトタウン」にて、モーニング娘。の歌手としてデビューします。1999年11月には市井紗耶香と後藤真希とともに、モーニング娘。内のユニットである「プッチモニ」に抜擢されました。2000年には新メンバーが増え、4期メンバーとして加入した石川梨華の教育係をしたり、「プッチモニ」のメンバーだった市井紗耶香の脱退を受けて、吉澤ひとみが加入し、新生「プッチモニ」の初代リーダーになります。2002年には後藤真希とともに「プッチモニ」を卒業。2003年5月5日に開催されたコンサートにてモーニング娘。を卒業しました。その後はハロープロジェクトをサポートするサブリーダーとして活動しながらも、保田圭としてドラマや、特に舞台に数多く出演しています。また2011年にはすっぴんをブログで公開し、かわいいとの称賛の声をあがっていました。婚活の真っ最中だったそうで、そんな中で旦那となる小崎陽一と出会い結婚。子供を熱望しており、現在保田圭のブログ「保田系」ではその妊活の様子が書かれていますので、興味をもたれた方は、読んでみてください。

保田圭 伝説にもなっているマックでのアルバイトが凄い!

保田圭には実は、芸能界に入る前に凄い伝説を残しています。知っている方も多いかもしれませんが、ご紹介したいと思います。1996年6月に高校中退後、マクドナルド木更津店にアルバイトとして入った保田圭は、2ヶ月後の1996年8月にはバイトが夏休みで少ない中、休みなしでシフトに入り、周囲の信頼を得ます。1997年4月にはアルバイトとしては珍しく、ほぼ全ての仕事ができるようになり、店長より上級ランクマニュアルを与えられ、以後発注と在庫管理の手伝いをします。1997年10月には直営店のアルバイトとしては史上初で史上最年少のサブマネージャーに昇格。直営店のサブマネージャーは店長代理と同様であり、何十人もいるアルバイトの管理やシフト編成も全て行うそうで、当時の店長は調整の仕事が上手いと感心していたそうです。ほとんどが保田圭より年上にも関わらず、シフトを組んでキチッと回っていたそうです。1997年12月にはマクドナルド木更津店は月間県内売上一位を達成。サブマネージャーの保田圭は本部から表彰されます。1998年3月マクドナルド定例会という、店長クラスなど直営やフランチャイズあわせて全店から約1000名が参加する会において、アルバイトのサブマネージャーで県内とは言え売上一位を達成したのが他店の耳にも届いていたことから、保田圭は壇上に立ったそうです。1998年4月に憧れていた安室奈美恵と同じような「プロとして歌を歌いたい」という思いから、木更津店全員から慰留を受けたそうですが退職し、芸能界デビューしたのです。「しくじり先生」では見せなかった、凄い話を実は保田圭は実績と併せて持っているので、是非どこかで披露して欲しいですね。
良く耐えたと称賛の声が上がっている保田圭。モーニング娘。時代は負け組だったかもしれませんが、現在の彼女は明らかに勝ち組と言っていいでしょう。妊活もしているそうなので、是非御目出度い日を迎えて、幸せに過ごして行って欲しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る