芳村真理は「夜のヒットスタジオ」名司会者!現在は何してる?

芳村真理は「夜のヒットスタジオ」名司会者!現在は何してる?出典:http://blog.livedoor.jp

芳村真理は「夜のヒットスタジオ」名司会者!現在は何してる?

芳村真理はかつての人気番組「夜のヒットスタジオ」名司会者!

芳村真理……この名前を聞くと、懐かしいと感じる方も多いのではないでしょうか。そう、かつて「夜のヒットスタジオ」で名司会を繰り広げてきたのが芳村真理です。「夜のヒットスタジオ」では、井上順との絶妙で率直な司会ぶりが人気だった芳村真理。「夜のヒットスタジオ」で人気に火がついた芳村真理は、その後、「3時のあなた」「料理天国」「FNS歌謡祭」など、数々の人気番組でも名司会ぶりを発揮していきました。

芳村真理は、高校卒業後に、デパートガールとして働き始め、その後、モデルとしてキャリアを積み、女優として映画やドラマに出演。最終的には、司会者として、その才能を発揮することになります。芳村真理は、まさに女性司会者の先駆者ともいえるでしょう。「夜のヒットスタジオ」の出演歌手にも引けをとらないバチッと決めたメイクと、さすがはモデル上がりな派手で個性的なファッションも、たびたび注目を集めました。

芳村真理の現在が気になる!

芳村真理は、学生時代から学生運動に参加するなど、活動家としての一面も持っていました。自身で、芸能界の移り変わりの早さについていけないと感じた芳村真理は、司会していた番組の終了とともに、芸能活動からあっさりと退きました。芸能界を退いてからは、環境問題に興味を持った芳村真理。現在は、森林問題を解決するためのNPO法人「MORIMORIネットワーク」を設立し、副代表に就任しています。日本のみならず、海外でも活動しているため、仕事で海外に行くことも多いのだとか。

スポンサーリンク

そのほかにも、自身が経営するコスメティック・カウンセリング会社の取締役や、林野庁林政審議会委員、福澤記念森林会理事など、政府系機関や財団、NPO法人の委員や理事を務める芳村真理は、経営と文化的活動を精力的にこなしています。1935年生まれの芳村真理は、2016年4月で81歳。まだまだ現役で、第二の人生を謳歌している姿が素敵です。

芳村真理の息子・大伴修の父親は?再婚した旦那・大伴昭が凄かった!

芳村真理の息子・大伴修の父親は誰?

芳村真理は、1963年に息子を出産しました。そんな芳村真理の長男は、一時期芸能活動をしていた大伴修。大伴修は、歌手として活動を開始した後、俳優として、「8マン」というSF漫画のリメイク版に出演するなどの活躍をしました。しかし、現在は、芸能界からすでに引退して、一般サラリーマンとして暮らしているともいわれています。その大伴修の父親は、有名ロック歌手のミッキー・カーチスです。

芳村真理は、「ザ・ヒットパレード」で共演したミッキー・カーチスと、1962年に結婚した後、大伴修を出産しています。ミッキー・カーチスといえば、日本人離れした風貌が人気で、俳優、落語、タレントなど、多方面で活躍してきました。今年で77歳になるミッキー・カーチスですが、近年は、タイのプーケット島に移住して、カフェを経営するなど、意気軒昂なのは相変わらず。「いくつになっても、やりたいことがたくさんでありがたい」と語っています。

スポンサーリンク

芳村真理の再婚した旦那・大伴昭は凄い!

芳村真理は、ミッキー・カーチスと2年の結婚生活を経た後、離婚します。そして、離婚から2年後の1968年に再婚。芳村真理の再婚相手は、実業家の大伴昭でした。大伴昭といえば、日本コカ・コーラなどの数多くの海外企業の日本法人設立に関わっていたやり手実業家です。

大伴昭は、後に、日本ポラロイド、キヤノン取締役、カルティエ・ジャパン社長も歴任しています。自由人のミッキー・カーチスも、やり手実業家の大伴昭も、スケールの大きい男性という点では、似ているところがあるのでしょうか。そんな規格外の男性を惹きつけてやまない芳村真理自身も、懐の深い、スケールの大きな考え方を持った女性なのでしょう。

芳村真理の美貌の秘訣!御年80歳!

芳村真理は、33歳で大抜擢された「夜のヒットスタジオ」を初め、17年間という長期にわたって「料理天国」の司会を務めるなど、女性司会者の先駆けとなりました。芳村真理は、総合司会を17年務めた「料理天国」の番組終了と同時に、惜しまれつつも芸能界を引退。メディアからも一切姿を消していましたが、80歳になった2016年3月、「爆報!THE フライデー」の「あの人は今……大追跡2時間SP」にて、久々にテレビに出演し、年齢を感じさせない美貌で、お茶の間で話題になりました。

タイトスカートにハイヒールで、ぴんと伸びた姿勢が、とても80歳とは思えない芳村真理。しかし、美貌の陰には、2013年に見つかった動脈瘤という現実を乗り越えてきた日々がありました。動脈瘤が発見された芳村真理は、病に気を病むのではなく、まず「見つかって、よかった」と思ったそうです。次に思い浮かんだのは、どうすればいいのか、今後考えられるリスクは何なのか、ということ。「それもこれも含めて、新しく生きてみよう。全然違う、新しいものを探せると、気持ちが切り替えられた」と語っています。

そんな芳村真理が辿り着いた考え方は、「人って変われる。いくつになっても変われる」ということ。芳村真理の凛とした美しさは、芯の強さがあってこそのものなのだとうかがわれます。女性として、人間として、かっこいい生き方を貫いてきた芳村真理。美しさのみならず、多くの女性の生き方のお手本として、活躍の場が芸能界ではあらずとも、今後もお元気に輝き続けてほしいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る