吉沢亮の熱愛彼女は川口春奈?性格もイケメンなのにモテない!?

吉沢亮の熱愛彼女は川口春奈?性格もイケメンなのにモテない!?出典:http://ciatr.jp

吉沢亮の熱愛彼女は川口春奈?性格もイケメンなのにモテない!?

吉沢亮の熱愛彼女は川口春奈、大原櫻子と年下ばかり!?メロメロの大人女子ショック!

吉沢亮は、ドラマ「オトナ女子」「ダメな私に恋してください」に出演し、年下男子として話題をさらった超イケメン俳優です。吉沢亮には、2013年のドラマ「シェアハウスの恋人」で共演した川口春奈との熱愛の噂がありましたが、劇中のキスシーンに端を発する噂に過ぎなかったということで、ファンは胸を撫で下ろしたところでした。しかしここにきて、吉沢亮には、歌手で女優の大原櫻子との熱愛説が急浮上。「年上の女性が好き」と、年下男子に憧れるファンを喜ばせていた吉沢亮が、いずれも年下の女の子を熱愛彼女に選ぶとは、かなりショックが大きいものです。

ところが、大原櫻子に関しても、映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」や、ドラマ「水球ヤンキース」といった共演作をきっかけに、現場でのツーショット画像が多く見られただけに過ぎず、デート現場が目撃されたわけではありません。

吉沢亮の握手会は神対応が評判!性格よしのイケメンは三枚目すぎてモテない!?

吉沢亮は、最高レベルの顔面を持ちながら、性格もイケメンだと評判です。握手会などでは、ファンの要望に応えて接触も辞さないなど、優しすぎる”神対応”が大評判。1人1人に丁寧に接する姿から、”微笑み王子”との異名も与えられています。そんな吉沢亮が言うと、やや嫌味にも聞こえてしまいますが、本人は、「モテないから、モテる方法を教えてもらいたい」と意外な悩みを抱えているようです。

吉沢亮曰く、見かけに反して極度の引っ込み思案な性格だそうで、剣道2段、バスケットボールを特技としながら、ギター練習や、漫画鑑賞、喫茶店巡りを趣味とするインドア男子とのこと。加えて、虫類に触ることができず、酒も甘いカクテル系しか飲めない、頼りにならないヤツなのだとか。

スポンサーリンク

SNSでは変顔を晒し、事務所のスタッフに名付けられた”おりょう”という愛称からも、ひょうきんな素顔が伺えますから、根は意外に三枚目なのかもしれません。しかし、そんな弱点を晒したことで、守ってあげたくなる女子が、かえって続出しそうです。

吉沢亮の身長体重、プロフィール!出演ドラマ・映画は?

吉沢亮は思ったより小柄だが運動神経は抜群!高校時代は非リア充の根暗男子だった?

吉沢亮は、身長171cm、体重は推定で55kg前後と言われており、それほど体格に恵まれているわけではありません。しかし、小学校1年生から9年間続けた剣道では、「炎の体育大会TV」で、日本一の女子高生や、実業団No.1女子を撃破。中学時代はバスケットボール部の主将を務めたスポーツマンです。この他にも、ダンスやジャグリングなどを得意としている吉沢亮。その引き締まった体型と、あの顔面があれば、身長など問題ではありません。

そんな吉沢亮は、1994年2月1日生まれの東京都出身。4人兄弟の次男として生まれた吉沢亮は、兄弟の中でも一番のイケメンだったそうで、母の薦めで参加した2009年の「アミューズ全国オーディション」をきっかけに、芸能界入りを果たしました。

スポンサーリンク

吉沢亮は、現役高校生だった当時を振り返り、「友達はいたけど、クラスでは1人きり」「帰宅部の非リア充だった」としていますが、一方では体育祭の応援団長を務めたという話も。在学した高校は明らかにされていませんが、偏差値53の東京都立府中高校に通っていたという噂です。

もし当時の同級生に話を聞くことができたならば、吉沢亮のモテなかった説は、本人の思い込みだったことが明らかになる気がします。……そう言いつつ、最近になって「中学時代は学年の4分の1の女子から告白された」との逸話も掘り起こされるとは、一体何事でしょうか。

吉沢亮「仮面ライダーフォーゼ」でイケメンブレイク!脇役ながら確実にファン層を拡大中

吉沢亮は、2011年1月放送の深夜枠ドラマ「サイン」で、俳優デビュー及び連続ドラマ初出演を飾りました。その年の12月25日からスタートした福士蒼汰主演「仮面ライダーフォーゼ」では、仮面ライダーメテオこと朔田流星を演じ、早くもイケメン俳優として、若者の支持を集めるようになります。

この翌年、東映が、仮面ライダーシリーズや戦隊シリーズ俳優のステップアップを目指して制作した「ぼくが処刑される未来」で映画初主演を果たしたものの、同作でW主演となった福士蒼汰ほどの出世街道を歩くことができなかった吉沢亮。しかし、2014年には、ドラマ「水球ヤンキース」「地獄先生ぬ~べ~」と、脇役ながらレギュラー作品も急増し、「オトナ女子」をきっかけに年下男子の魅力を確立。

一方で、映画「アオハライド」でフランス人クオーターを、「オオカミ少女と黒王子」では根暗男子と、幅広い役柄を演じ、若年の支持層も獲得しています。

吉沢亮がイケメン売り脱却!?少年漫画実写作品「トモダチゲーム」「銀魂」で男にも受ける俳優に

吉沢亮が、2017年に映画2本、ドラマ1本の計3本で実写化される「トモダチゲーム」に主演することが分かりました。「トモダチゲーム」は、クラスで起きた修学旅行費盗難事件をきっかけに、高校生たちが謎のゲームの強制参加させられるという漫画原作の物語です。主人公・片切友一を演じる吉沢亮は、母から教えられた”金より友情”を信条としながらも、疑心暗鬼の中で友情を試される難しい役どころ。

少年誌の漫画原作とあって、これまでの”イケメン売り”は一切通用しません。また、吉沢亮は、同じく2017年に公開を控える映画「銀魂」にも、沖田総悟役として出演することが決まっています。同作は、ギャグ漫画の実写化ならば右に出る者はいないと言われる福田雄一監督や、主人公を演じる小栗旬、菅田将暉、神木隆之介の起用に、手厳しい原作ファンも期待感を膨らませている作品です。

そんな中、沖田総悟で原作ファンを唸らせることができれば、吉沢亮の株も急上昇するに違いありません。「今後はキャーキャー言われる役だけではなく、男子に受け入れられる俳優になりたい!」との意気込みを語る吉沢亮。根暗な部分を活かしてドロドロした役も辞さないそうですが、”モテナイ説”は、役の幅を広げるための振りだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る