遊井亮子が結婚できない理由は何?本名や韓国人説を調査!

遊井亮子が結婚できない理由は何?本名や韓国人説を調査!出典:http://guideme.jp

遊井亮子が結婚できない理由は何?本名や韓国人説を調査!

遊井亮子は美人女優なのに結婚できない!40歳にして結婚願望なし!?

遊井亮子(ゆういりょうこ)は、2時間サスペンスドラマでたびたびお目にかかる他、最近では「僕のヤバイ妻」で、伊藤英明の姉役を演じた女優です。遊井亮子の結婚については、あまりプライベートが話題になる女優ではないだけに、表だった情報が耳に入ることはありませんが、1976年8月10日生まれの40歳にして、まだ独身とのこと。

これまでに結婚、熱愛の噂が出たこともありません。遊井亮子は、線が細く、影があるにもかかわらず、実年齢には似つかわしくないキュートな魅力を備えているため、密かに男性の支持は高い様子。しかも、F-1観戦や、考古学、英会話と多趣味なので、お付き合いする上では話題を欠くこともなさそうです。

実際に、「遊井亮子と結婚したい!」というファンも少なくないようですが、悲しいかな、本人は「この歳になっても、全く結婚願望が湧いてこない」と言っています。

遊井亮子の本名から出た在日韓国人説!出身高校が性格に影響か?

遊井亮子は本名を公表していませんが、「金井亮子」であるとされています。巷では、遊井亮子は韓国人ではないかと言われているものの、本名の姓に、在日韓国人が好んで使用する”金”の字が入っているがための、単なる噂である可能性が大きいように思われます。国籍が公表されていないため、断定はし難いですが、ともあれ、遊井亮子は東京都出身とのこと。

スポンサーリンク

近年、進学校として伸びつつある、品川区の私立中延学園女子高等学校(現・朋優学院)を卒業しています。校則が無駄に厳しいという噂の中延学園女子高等学校。遊井亮子が特技に華道を揚げていることからも、”女の園”育ちの匂いがプンプンしてきます。

ファッション業界の女の園を描いた、2014年のドラマ「ファーストクラス」では、意地悪かつレズビアンのフォトグラファーを演じていた遊井亮子なので、つい素の性格も同様だと錯覚してしまいがち。しかし、実際の遊井亮子は、サバサバした性格で、現場スタッフの評判も良好という噂です。

遊井亮子はドラマ「白線流し」「レッド」で話題!グラビア出身だった!

遊井亮子はドラマ「白線流し」で注目!昼ドラ「レッド」濡れ場の迫力演技がハンパない!

遊井亮子は、1994年のドラマ「静かなるドン」や、「私の運命」などの出演を機に、女優活動をスタートさせています。そんな遊井亮子の名を売ることとなり、今でも代表作の1つとして挙げられるのが、1996年の長瀬智也主演ドラマ「白線流し」です。

スポンサーリンク

長野県の高校生の男女7人の青春物語を描いた「白線流し」で、遊井亮子は、定時制高校に通う主人公が働く工場の同僚であり、彼に恋心を抱く女・汐田茅乃を演じています。保護観察中のワルであったり、恋敵に嫌がらせをしたり、挙句は借金取りに追われたりと、デビューからわずか2年とは思えない体当たり演技で、遊井亮子は、一躍注目を浴びるようになりました。

さらに衝撃的だったのは、2001年の遊井亮子主演の昼ドラ「レッド」。生まれつき赤髪のため、周囲から差別を受けて来た少女が、困難を乗り越えていく成長を描いた物語ですが、壮絶極まりない困難に陥る体当たり演技が強烈でした。特に、複数の男性に凌辱されるシーンは、濡れ場と表現できるような生ぬるいものではなく、遊井亮子のほとばしる女優魂の迫力に圧倒されてしまいます。

遊井亮子も水着グラビアで道を切り拓いた女優!フジテレビビジュアルクィーンの1人に

遊井亮子はドラマデビューを果たした後の1995年、「フジテレビビジュアルクィーン」に選出されています。将来性があると思われるグラビアアイドルとして、1992~2002年の開催期間に「フジテレビビジュアルクィーン」に選ばれた中には、内田有紀や稲森いずみといった、後にブレイクした女優は少なくありません。

このようにグラビア活動は、若手女優の登竜門となっており、遊井亮子も各誌でセクシー水着ショットを披露しています。遊井亮子は身長166cm、スリーサイズB82-W57-H86とスタイル抜群です。Cカップで、ウエストがキュッとクビれたビキニ姿の遊井亮子に、あの八重歯をのぞかせて微笑まれた日には、殿方はメロメロでしょう。一部では足が太いとの意見も上がっていますが、それも愛嬌です。、ビジュアルには恵まれているものの、王道ヒロイン風ではない遊井亮子。だからこそ、その存在が、妙にエロティックに感じられるのかもしれません。

遊井亮子出演の最新ドラマ「とげ 小市民・倉永晴之の逆襲」性悪女役で名脇役女優の地位を確立か?

遊井亮子は現在、2016年10月8日からスタートした、フジテレビ深夜ドラマ「とげ 小市民・倉永晴之の逆襲」に出演中です。「とげ」は、日常の不満やトラブルから、平凡な人が崩壊していく様を描いた、山本甲士の小説をドラマ化した物語。連続ドラマ初主演となった田辺誠一演じる主人公・倉永晴之が、職場や家庭とストレスだらけの中でブチ切れていく様子は、大人ならば誰しも共感できるでしょう。

「とげ」で、遊井亮子は、倉永晴之の小学3年生になる息子・真也の、クラスメイトの母親・柿園まみを演じています。まだ年齢不相応の可愛らしさがあり、結婚・出産経験もない遊井亮子ですが、最近では母親役を演じることも増えました。本来ならば物悲しい現象かもしれませんが、果敢に役を攻める姿勢には、相変わらずの女優魂を感じさせられます。

「とげ」での母親役も、倉永家と親交を持ちながら、同級生の母親である倉永晴之の妻(西田尚美)にライバル心を燃やすばかりか、担任に入れあげるヤラシイ女性です。遊井亮子は、2時間サスペンスでは犯人役を演じることが多いため、三流女優のイメージがあるかもしれません。

しかし、ネチッとしたものを腹に据えたキャラクターを演じさせて、彼女の右に出る者はなかなかいないでしょう。”名脇役女優”と呼べるほど、あちこちの作品に頻出しているわけではありませんが、その片鱗は十分にあるような気がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る