ゆりやんレトリィバァにジャルジャル福徳がゾッコン!?ギャルに憧れたせいでいじめにあっていた

ゆりやんレトリィバァにジャルジャル福徳がゾッコン!?ギャルに憧れたせいでいじめにあっていた出典:https://mdpr.jp

ゆりやんレトリィバァにジャルジャル福徳がゾッコン!?昔はかわいかったって本当?

ゆりやんレトリィバァのツーショットがLINEに流出?ジャルジャル福徳がゾッコン!?

ブルゾンちえみ、平野ノラなど、女性ピン芸人のブレイクが続いています。その勢いも手伝ってか、今注目を集めているのが、吉本興業に所属するゆりやんレトリィバァです。

ぽっちゃりボディと、太く立派な眉毛で見た目だけでも、インパクト大。そんなゆりやんレトリィバァに、同じ吉本興業所属のお笑いコンビ・ジャルジャル福徳秀介がゾッコンだという話があります。きっかけは、ジャルジャル福徳が、LINEの公式ページにアップしたメッセージと写真でした。「沖縄旅行楽しかったな~(中略)仕事の『ゆりやんレトリィバァ』と違って、一人の女性の『ゆり』を感じられた。(後略)」というメッセージに続いて、仲睦まじいツーショット写真まで次々アップされています。

ゆりやんレトリィバァがジャルジャル福徳との関係を暴露!昔はかわいかったって本当?

ジャルジャル福徳によってネット上に流出したゆりやんレトリィバァとのツーショット写真には、横になって2人が寄り添うものまであるなど、その関係を深読みさせるものばかり。その後すぐに、マネージャーから誤送信だとのメッセージが入ったため、ネタなのか真剣交際なのか、ネット上で話題になりました。

後に取材に答えたゆりやんレトリィバァが、楽屋やロケ先でふざけて撮った写真をアップしたことを暴露。ジャルジャル福徳がゾッコンという噂はネタだと判明しました。そんなゆりやんレトリィバァは、高校時代や大学時代は、今よりずっとスリムで、かわいかったとか。実際、当時の写真を見ると、顔もスッキリとしており、かわいいと言えなくもありません。インパクト大な現在とは違い、見た目は普通の女の子だったようです。

スポンサーリンク

ゆりやんレトリィバァのネタの決め台詞!面白くないと言われる理由は?

ゆりやんレトリィバァの鉄板ネタ!決め台詞は?

テレビでの露出が増えて、今や引っ張りだこのゆりやんレトリィバァ。彼女のお笑いのスタイルは、漫談や、一人コントが基本です。鉄板ネタと言えば、ぴっちりしたレオタードで得意のダンスを披露しながら、てんぱった時の対処法を説く持ちネタでしょう。

このとき、貫録たっぷりに言い放つ「落ち着いて行きやー」の決め台詞や、「上戸彩です」と登場して「ちょーしのっちゃって」と落とす決め台詞が、すでに話題になっています。また、オスカー女優に扮したゆりやんレトリィバァが、受賞スピーチの流暢な英語の中に、関西弁であるあるネタを織り交ぜるネタで爆笑をとる「サプライズ!」も、鉄板フレーズです。

ゆりやんレトリィバァが面白くないと言われる理由は?本当は実力派なの?

ゆりやんレトリィバァは、体重90キロを超えるなど、見た目にかなりのインパクトがあるため、ビジュアル勝負の一発屋に見えがちです。しかし、上方漫才コンテストを、女性ピン芸人としては初めて制した実力派でもあります。一方で、「ゆりやんレトリィバァは面白くない」という声があることも事実。

スポンサーリンク

分かりやすいボケとツッコミがあるコンビ芸とは違う上、彼女のシュールな世界観に入っていけないと、「つまらない」と感じられてしまうのが大きな要因のようです。また、テレビの露出が増えたとはいえ、バラエティ番組等へのゲスト出演では、十分に時間をとってネタを披露することができません。そのため、本来のネタの面白さが伝わらないことも影響していると言えそうです。

ゆりやんレトリィバァがギャルに憧れたせいでいじめに!失恋のおかげで大学合格!?

2013年にデビューを果たしたゆりやんレトリィバァが芸人になろうと決意したのは、小学生の頃、吉本新喜劇で活躍する女芸人・山田花子や島田珠代を見た時。「彼女たちのようになりたい」と思ったことがきっかけでした。そして現在、デビュー4年目を迎えているゆりやんレトリィバァは、すでにその夢を叶えつつあるようです。

しかし、明るいキャラクターで、テレビで活躍する姿からは想像できませんが、中学生時代には、壮絶ないじめを受けた過去がありました。ゆりやんレトリィバァは、2017年6月11日に放送された日本テレビ「チカラウタ」で、いじめエピソードを告白しています。中学生当時のゆりやんレトリィバァは、「ギャル」に憧れており、ルーズソックスを履いて、PHSを所持し、ギャルのグループに入ろうと頑張っていたと言います。

しかし、「この見た目でギャルのグループに入ろうとして、めちゃめちゃいじめられたんです」と語る通り、かえっていじめられるようになってしまいました。当時、テニス部の部長を務めていたゆりやんレトリィバァですが、「キャプテンなのに走っても誰も後ろからついて来なかったり」「ボールとかも投げられたりとか、部室使えなかったり」と悲しい思いをしています。

そんなゆりやんレトリィバァは、高校生になると、自ら「人生で一番好きだった」と語る恋をすることに。お相手は、一学年下の野球部員の「ムラタク」。高校では、すでに文化祭の舞台に一人で立ち、ピンネタを披露していたゆりやんレトリィバァに、「何をやってもおもしろいですね」と言ってくれた人でした。

お笑いの養成所へ進む予定なのに、彼の練習姿を見るために、受験勉強のふりをして学校に居残り、野球部の練習を見る日々。「毎日、野球部の朝練の前、6時半からベンチで教科書開いて、野球部見ながら夜まで勉強してました」という健気な恋は、秋に入って、ムラタクに彼女ができたことで終わります。

そのショックから、今度は、彼から「すごい人と思われたい」と奮起し、本当に受験勉強に本腰を入れ、名門・関西大学に合格。結果的に、大学で交流した留学生との英会話から、鉄板の英語ネタが生まれたり、サークル活動でストリートダンスを身につけたりと、大学生活での経験は、芸人人生に役立っており、決して無駄ではなかったようです。

ブレイクの兆しを見せ始めているゆりやんレトリィバァは、「つまらない」という声に負けず、才能をさらに開花させることはできるでしょうか。それは、これからのふんばりにかかっていると言えそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る