柚希礼音 事務所はアミューズ!年齢、本名は?バレエを挫折したのに講師に転身って本当?

柚希礼音 事務所はアミューズ!年齢、本名は?バレエを挫折したのに講師に転身って本当?

柚希礼音 退団後の事務所はアミューズ!

柚希礼音さんの引退公演の千秋楽では、柚希礼音さんのお相手役を務めた星組娘役トップの夢咲ねねさんも共に退団を発表しました。長年苦楽を共にした2人、この“添い遂げ”退団から、いかにお互いを大切に思っていたかが分りますね。劇場前には過去最多となる1万2000人のファンが詰めかけ、まさにレジェンド退団となった柚希礼音さん。天海祐希さんや真矢ミキさんなど女優に転向するタカラジェンヌが多い中、報道陣に退団後の予定を聞かれると「宝塚がすべて」だったので、今後についてはまだ“未定”。「結婚するのでは?」という問いには、「ないです」と笑顔で答えました。
芸能事務所はアミューズに決定!サザンや福山も所属している大手事務所ですね。早速、世界進出目指してレッスンのためニューヨークへ!

柚希礼音 年齢と本名は?家族は何人?

柚希礼音さんは、1979年6月11日生まれですから、今、35歳です。
柚希礼音さんの本名は金山千恵(かなやまちえ)さんなので、愛称がCHIE(ちえ)なんですね。

身長は172㎝もあります。男役にぴったりの高身長です。体重は、あのスリムさからみると、おそらく50キロ前半でしょうか。
靴のサイズも男並みで26㎝。血液型は思い込んだら命がけのB型です。
家族は4歳年上の兄と両親の4人家族。それにロングコートチワワのちょこちゃんもいますから、5人家族と言ってもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

柚希礼音 ワクイバレエ団では挫折も、宝塚退団後はバレエ講師へ転身

柚希礼音さんは元宝塚歌劇団・星組所属の男役トップスター。9歳からバレエを始めた柚希礼音さんは、海外留学を考えるもバレエの講師や両親に宝塚歌劇をすすめられ、1999年85期生として宝塚歌劇団に入団。翌年最下級生でドイツ・ベルリン公演に選抜メンバーとして参加、更に2001年には『ベルサイユのばら2001』のアンドレ役に抜擢されるなど、そのスター性により早くから注目を集めていました。2009年4月、近年では早期就任となる入団11年目で、星組トップスターへ就任。その後も数々の舞台で主演をつとめ、およそ6年間、宝塚歌劇団星組トップとして君臨しました。海外留学も視野に入れていたバレエへの情熱は今も熱いそうです。
バレエのプロになろうとして、挫折した感じもあるそうなのですね。この柚希礼音さんが所属していたのはワクイバレエ団です。
柚希礼音さんは宝塚退団後は女優転身が有力ですが、バレエの講師もありありえるかもしれませんね!

柚希礼音 お茶会、ディナーショーも争奪戦!

柚希礼音さんと言えば宝塚歌劇団を退団する直前に、東京と大阪のホテルでディナーショー「THE REON!!」を行った事でも話題となりました。宝塚の舞台とは比べ物にならないほど柚希礼音さんが近くに来る事に加え、席数も限られており、開催期間も短いためチケットはファンの間で“超”プラチナに・・!因みに宝塚には公式ファンクラブ「宝塚友の会」とは別に、各タカラジェンヌごとに私設のファンクラブがあり、「手紙の差し入れはOKだが花入れは厳禁」、「出待ちの場所が決められている」、「公演中に行われるファンの集い「お茶会」に参加する際にはお上品なワンピースで」など、複雑な決まりがいくつもあるそうです。柚希礼音さんのお茶会は規模も大きいため、遠くからでも見えるようにスクリーンが用意されているとか。トークタイムや握手会、ゲームタイムに抽選会といった流れでいつも進んでいくようです。

柚希礼音の出身地 大阪市福島区とはどんなところ?

柚希礼音の出身地 大阪市福島区のほたるまち

柚希礼音さんの出身地、大阪市福島区は中央よりやや北西にある大阪24区の内の一つ。西日本のビジネスの中心地、梅田に近いことから福島駅を中心にオフィスビルが建ち並ぶ一方、製本や自動車部品など卸売業者の工場も多い街です。福島区福島1丁目にある「ほたるまち」は、2008年5月に再開発計画により開業した複合施設。放送局や多目的ホール、マンション、スーパー、レストラン、カフェ、スポーツジム、キャンパスなど多様な施設があり、隣接する大阪中之島合同庁舎と共に超高層ビル群を成している注目スポットです。

スポンサーリンク

柚希礼音の出身地 大阪市福島区はグルメ天国!

大阪市福島区にある大阪市中央卸売市場本場は、青果や水産物などを扱う国内2位の中央卸売市場。こちらに店を構える創業100年の名店、「ゑんどう寿司」は、炊きたてのごはんを冷まさずそのまま寿司にする”つかみ寿司”が特徴。多くの人が注文する「上まぜ」は、ウニ、大トロ、鰻など、市場ならではの舌がとろけるネタが5貫で税込み1050円! 更に大阪市中央卸売市場本場では月曜から土曜まで、市場見学を実施しています。年間1万人を超える方が参加する人気のコースです!(*要予約)続いては甘〜いグルメ情報!福島区の裏路地にあるパン屋さん、「パネ・ポルチーニ」は知る人ぞ知る人気店。こだわりの塩を使ったフォカッチャなどパンの種類も豊富なこのお店で、人気急上昇しているのが「クリームパン」!小ぶりで少し塩気のある生地の中には、“ふわっとろっ”のクリームがぎっしり!「飲むクリームパン」と呼ばれる濃厚な新食感なのだそう・・!行列は必須ですがテイクアウト専門なので、待ち時間は10分程だそうです。これは一度食べてみたいですね!

劇団の廊下で芝居や歌の自主稽古を重ね、トップまで上り詰めたという柚希礼音さん。努力と才能で輝きを放つ彼女の、これからの活躍が期待されます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る