Zeebraが歌詞でkj(降谷建志)を公開処刑!和解はしたの?

Zeebraが歌詞でkj(降谷建志)を公開処刑!和解はしたの?出典:http://laughy.jp/

Zeebraが歌詞でkj(降谷建志)を公開処刑!和解はしたの?

Zeebraがラップ歌詞でkj(降谷建志)を激しくディスる!公開処刑した理由とは?

Zeebraは、日本を代表するヒップホップMCとして有名で、ラッパーたちの憧れです。Dragon Ashのボーカルとして知られるkj(降谷建志)も、Zeebraをリスペクトするミュージシャンの1人。Zeebraもまた、kjの音楽性に好感を持ち、1999年のDragon Ash最大のヒット曲「Grateful Days」には、ゲストボーカルとして参加しています。

ところが、Zeebra率いるヒップホップグループ・キングギドラが、2002年にリリースしたアルバム収録曲「公開処刑」の歌詞は、kjをコテンパンにディス(批判)るものでした。「kj」「Grateful Days」と名指しした上で、”金魚の糞””フェイク野郎”とは、全く穏やかではありません。

Zeebraが、kjを公開処刑するに至ったのは、2000年リリースのDragon Ashの楽曲「Summer Tribe」が原因でした。「Summer Tribe」のkjのラップの声、ライミング(押韻)、PVでのステージングの全てが、モノマネレベルでZeebraに酷似していたため、「パクってんじゃねえ!」というメッセージを突き付けたのです。

Zeebraのディスに対してkj(降谷建志)が胸中を表明!和解した事実はないが……

Zeebraが、kj(降谷建志)をディスったキングギドラの「公開処刑」は、かなり過激な内容でした。わざわざ楽曲として発表しなくても……という気がしないこともありませんが、このラップによるディス(批判)行為は、本場・米国のヒップホップ界では、流儀として発展してきた経緯があります。

スポンサーリンク

それに則れば、kj(降谷建志)が、「公開処刑」に対する、何らかのアンサーソングを発表して、謝罪なり反論なりを行うものですが、どうやらその意思はない模様。その代わりに、”Zeebraの「公開処刑」を受け止めて生きていく”と表明しています。また、楽曲が酷似していたことについても認めていますが、「Zeebraを敬意を表すあまり」とのことで、意図的なパクリは否定しています。

その後、Dragon Ashの楽曲は、ラップから歌唱表現の楽曲へと変化し、Zeebraも、自伝書で”オリジナリティ”を褒めています。公式に和解したとの発表はありませんが、Zeebraのほうには、すでにわだかまりはないそうです。

Zeebraの嫁や子供は?天皇家の意外なエピソードを証言!

Zeebraはシングルファーザーだった!嫁・中村美和の結婚馴れ初めと4人の子供たち

Zeebraの嫁・中村美和は、「CanCam」専属モデル出身で、出産後はカリスマママモデルとして活躍していた女性です。Zeebraと中村美和は、互いに一目惚れした末に、出逢いの数日後には、Zeebraの自宅兼事務所で同棲生活をスタートさせました。さらにZeebraは、「Perfect Queen」というプロポーズソングを発表し、MVで中村美和と共演するというアツアツぶりを発揮しています。

スポンサーリンク

実はZeebraには、1991年に結婚した元嫁との離婚歴があり、当時は7歳と6歳の息子を、シングルファーザーとして育てていました。中村美和は、その大変さを目の当たりにした瞬間に、「家族になろう」と決意したそうです。未婚の19歳にして、この決断はなかなかできるものではありません。

さらに2002年には長女、2004年には次女が誕生し、Zeebraと中村美和は、4人の子供を持つ子だくさん夫婦となっています。幸せいっぱいと言いたいところですが、中村美和が2014年のTwitterで「1人の女と自分の子供さえ幸せにできない男が、他の誰を幸せにできるのか」と呟いており、全く平穏というわけではないのかもしれません。

Zeebraが天皇皇后両陛下から拝聴!美智子皇后がラップをたしなまれていた!?

Zeebraが、2016年7月6日のTwitterで、”美智子皇后さまが、ラップをたしなまれていた”と呟きました。天皇家とラップとは、なんとも意外過ぎる組み合わせだけに、にわかに信じがたい話です。しかし、これはZeebraの妄言でも何でもなく、実際に、両陛下から拝聴したエピソードなのだとか。

同日、Zeebraは、小児がん征圧キャンペーンの一環として行われたチャリティコンサート「生きる2016~小児がんなど病衣と闘う子どもたちとともに~森山良子with FRIENDS」に出席し、両陛下の御前でラップを披露しました。コンサート後に両陛下と拝謁した際、その昔、美智子皇后が、国名を覚える時に、「ポリネシア」や「インドネシア」など、韻を踏んでラップにしていたという驚きのエピソードを明かされたそうです。

日本でのラップの地位向上を図ってきたZeebraにとって、これ以上はない光栄の至り。後日、宮内庁は、「承知しておりません」と回答していますが、Zeebraは、「誇りに思う」と感激し尽くしでした。

Zeebraがクラブ文化に与えた影響は絶大!ラップが社会問題に無関心な若者を変える可能性も

Zeebraは、もともとヒップホップDJを目指していたそうですが、17歳でニューヨークに渡った時に、本場ブラックラップのメッセージ性に取りつかれ、MCを目指すようになったそうです。日本にラップブームが起きて以降、翌年にはラップは消えるだろうと言われ続けて30年弱。自らのアーティスト活動のかたわら、「クラブとクラブカルチャーを守る会(CCCC)」の会長として風営法改正に努めるなど、Zeebraの影響力は絶大でした。クラブ文化には、どこかアウトローなイメージがつきもので、実際にZeebraも、某アウトロー集団の出身者であることに、抵抗を覚える人もいるかもしれません。

一方で、慶應義塾幼稚舎に通っていたボンボンであったり、誰それにボコボコにされたと噂されたりと、ヘタレ説も飛び交っています。しかし、そのヒップホップ愛は屈強で、2015年9月から提供しているRPGゲーム風MCバトル番組「フリースタイルダンジョン」は、従来のヒップホップファン以外の支持層を大きく拡大することに成功しました。

近年は、政治的主張をラップで行う若者たちが話題となっています。賛否は別として、ヒップホップのリズムと、ラップのメッセージ性は、音楽の枠を超え、社会問題に関心のない若者を傾聴させる、新たな文化として日本に浸透しつつあるのかもしれません。

2016年10月20日に発売されたカルチャー雑誌「SWITCH」では、日本ラップ文化をけん引してきたレジェンドから、新進気鋭のラッパー100名以上を網羅した「みんなのラップ」特集が組まれています。彼らのイカツイ風貌に捉われることなく、”文化”として一読する価値はありそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る