間宮夕貴が改名した理由とは?映画「甘い鞭」で難役に挑戦

間宮夕貴が改名した理由とは?映画「甘い鞭」で難役に挑戦出典:http://www.moviecollection.jp
スポンサーリンク

間宮夕貴が芸名を最上ゆきから改名した理由!映画「甘い鞭」で難役に挑戦

間宮夕貴が最上ゆきから改名した理由はオトナの事情だった

女優の間宮夕貴(まみやゆき)は、グラビアアイドルの最上ゆき(もがみゆき)として18歳の時にデビューしました。大学で心理学を専攻しながらの芸能活動でしたが、3年間でリリースしたソロDVDは10枚という人気ぶり。童顔ながら豊満なバストと、過激なシーンにも果敢に挑戦する度胸で、イベントや雑誌に引っ張りだこのグラドルとして活躍していました。

最上ゆきという芸名には“最上級の人になる”という目標がこめられていたそうですが、事務所移籍などの事情があり、2012年10月に、現在の間宮夕貴へと芸名を改名。改名後に演技の勉強を開始した間宮夕貴は、当時のブログで、グラビアアイドルとしてだけではなく、女優としても活動の幅を広げていきたいとの思いを表明していました。

間宮夕貴が映画「甘い鞭」で難役に挑戦!注目女優の仲間入り

女優・間宮夕貴の初演技は、2013年6月に公開された石井隆監督の成人向け映画「フィギュアなあなた」でした。柄本佑演じる若手社員の同僚兼恋人という役柄を演じた間宮夕貴は、「こんなに素晴らしい作品が自分の処女作で嬉しい」とコメント。そのわずか3カ月後に公開された同監督の成人向け映画「甘い鞭」では、壇蜜演じる主人公・奈緒子の高校時代役に抜擢され、熱演で注目を集めました。

間宮夕貴が演じた17歳の奈緒子は、近所の男に拉致され、1カ月にも及ぶ監禁生活に耐えた末に男を殺害。傷だらけの血まみれな姿で生還を果たした女子高生という難役でした。暴行を受けながら正体不明の快感に目覚めていく女子高校生役を初フルヌードで表現した間宮夕貴は、グラビアアイドルから濡れ場もこなす演技派女優へと大きなステップアップを遂げたと言えるでしょう。

スポンサーリンク

間宮夕貴の「風に濡れた女」が海外でも大好評!「キュウレンジャー」にも出演!

間宮夕貴が日活ロマンポルノ「風に濡れた女」で初受賞!

間宮夕貴は、2016年12月に公開された日活ロマンポルノの記念作品「風に濡れた女」でヒロインの汐里を演じました。「風に濡れた女」は、国際映画祭のメインコンペに正式に招待された初めてのロマンポルノ作品です。スイスのロカルノ国際映画祭では、若手審査員賞を受賞。その他にも、フランスのエトランジュ映画祭や、韓国の釜山国際映画祭など海外の映画祭でも多数上映され、高い評価を得ました。

間宮夕貴が演じた汐里は、欲望に忠実な野性味あふれる女性ですが、自転車のまま海に突っ込むシーンや投げ飛ばされるシーンなども、全てスタントマンなしで傷だらけになりながら演じ切っています。「風に濡れた女」の熱演で、間宮夕貴は、第26回日本映画プロフェッショナル大賞の新進女優賞を受賞。授賞式に来た母親は涙を流して喜んでいたそうです。

間宮夕貴が「キュウレンジャー」で新たなファンを獲得!

間宮夕貴は、特撮ドラマ「宇宙戦隊キュウレンジャー」のスピンオフ作品「Episode of スティンガー」というVシネマにゲストヒロインとして参加しています。坂本浩一監督が出演を熱望したために実現したもので、間宮夕貴は、ミカ・レーツという、悪の組織に利用される切ないヒロインを演じました。

スポンサーリンク

戦隊モノが大好きな“大きなお友達”からは、「ミカ・レーツが好きすぎてツラい」「ミカ・レーツ役の間宮夕貴さんの演技に引き込まれて大号泣」と絶賛され、今まで彼女を知らなかった層でもファンができた様子です。2017年10月のBlu-ray・DVD発売に先駆けて行われた披露上映会では、地元・名古屋での舞台挨拶に親戚一同が来場。成人向けの映画で評価されてきた間宮夕貴にとって、Vシネマ版「キュウレンジャー」は“親族に見せられる初めての映画”となりました。

間宮夕貴のお酒にまつわる秘話とは!演技力の高さの秘密は“なりきり飲み”!?

お酒が大好きだと公言している間宮夕貴は、仕事の現場でも、コミュニケーションツールとしてお酒が役に立っていると明かしています。2017年12月に公開された映画「ビジランテ」の撮影時には、監督の入江悠をはじめ、役者陣やスタッフとの飲み会が頻繁にあり、笑い上戸の間宮夕貴にとってとても楽しい時間だったそうです。

夏でも冬でも「とりあえずビール派」という間宮夕貴の飲酒量は、ワインもボトル1本くらいならば余裕。仲良しの女友達との飲み会だと深酒してしまうこともあるようですが、記憶はなくしても酔い潰れたことはなく、きちんと入浴してベッドの中で翌朝を迎えていることは自慢だと述べています。

居酒屋や小料理屋に1人でフラッと入って飲むこともあり、カウンター席の隅に座って、ビールの後は日本酒をゆっくりと堪能するのがお決まりのコース。居合わせた人に話しかけられた際には正体は明かさずに、架空の役柄を自分に課して対応するそうです。

間宮夕貴はこれを“なりきり飲み”と名付けており、「彼氏にフラれた女」や「ペットサロンのトリマー」「女優のマネジャー」になりきって、演技をしながらお酒を楽しみます。「役者としての勉強にもなるのでは」と冗談めかして語る間宮夕貴ですが、大好きなお酒を通じて演技力が磨かれたら、とても素敵なことですね。女優業も板についてきましたが、グラビアアイドルとしての活動も今でも大好きと明るく表明している間宮夕貴。これからも抜群のプロポーションを活かした活躍に期待大です。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る