綾部祐二(ピース) 身長、体重、性格は?熱愛彼女は?又吉「火花」の芥川賞だのみ”天狗”の現在

綾部祐二(ピース) 身長、体重、性格は?熱愛彼女は?又吉「火花」の芥川賞だのみ”天狗”の現在

綾部祐二(ピース) 身長、体重、性格は?熱愛彼女は?

綾部祐二(ピース)がコンビ格差で体調不良?!身長、体重は?

コンビ格差で取材が殺到している綾部祐二(ピース)。

身長では相方・又吉に若干勝っていますが、他のタレントと比べるとかなり背が低い印象があります。そんな綾部祐二(ピース)の気になる身長・体重は167㎝・55㎏ということです。体重にはさておき、身長は少しサバを読んでいるのでは?とネット上ではさまざまな検証が行われているようですね。しかし背は低いけれどもイケメンだと言われてきた綾部祐二。現在、「ストレスがたまる一方です」とかなり憂鬱になっているというのです。というのも、相方・又吉の著作「火花」が芥川賞にノミネートされたことで広がるコンビ格差についての取材が殺到。21日放送の「アッコにおまかせ」の番組内でもその内容に触れられるシーンがあり「私はアシスタントだと思っています」と諦めの表情を浮かべていました。ストレスによる体調不良も心配されるところです。

綾部祐二(ピース)の熱愛彼女は?熟女好きはネタ?ホントの性格?

綾部祐二(ピース)といえば「イケメンなのに熟女好き」という売りで笑いをとってきた芸人です。一番インパクトがあったのは30歳年上の若貴兄弟の母でタレント・藤田憲子との熱愛報道。その件については「食事する程度の仲のいい友達」と双方が熱愛を否定したのですが、実はその3年前から10歳上の元Jリーガー妻が熱愛彼女だという話もあり、何にせよ熟女キラーであることは単なるネタではなく、本質的な性格のようです。しかし一方では「綾部祐二(ピース)は間違いなく熟女好きだが、普通に若くてエロい女の子も大好きで散々遊びまくっている」という証言もあります。とにかく超女好きで若い女の子と遊びまくり、熟女に癒しを求める性格の綾部祐二(ピース)。特定の熱愛彼女の存在は驚くほど見えてきていません。

綾部祐二(ピース) 又吉「火花」の芥川賞だのみ”天狗”の現在とは?!嫌われキャラも難しい?

綾部祐二(ピース)仕事が激減?!又吉「火花」だのみの”天狗”の現在とは?!

ピースといえば、かつては「イケメン・熟女好き」で笑いをとってきた綾部祐二(ピース)がコンビを引っ張っている印象。相方・又吉は背後霊に似た存在でした。私生活が話題になるのはいつも綾部祐二(ピース)。当時の天狗ぶりはかなり有名でしたが、それさえもネタ化したコントすらウケていた「ノッている時期」でした。しかし「アメトーーク」で「好感度低い芸人」に選ばれたことを皮切りに、綾部祐二(ピース)は東京での仕事が激減しているというのです。ペニオク問題、相方・又吉との実力差が綾部祐二(ピース)の好感度を下げて行ったのは間違いなく、反対に相方・又吉は小説家として大注目されるようになりました。芥川賞候補にもあがり、右肩上がりの、相方又吉。こうして現在、かつての天狗・綾部祐二(ピース)は「コンビ格差」を売りに、もはや完全に相方・又吉だのみの話題ばかりになってしまっています。

スポンサーリンク

綾部祐二(ピース)は嫌われキャラも難しい?芸人やめるってホント?!

綾部祐二(ピース)は「吉本男前ランキング」で3年連続1位の殿堂入りを果たし、ベストジーニストにも選ばれたことがあるほど大衆に好かれていました。天狗であろうが、熟女好きであろうが、胸毛が濃かろうが、自分の「好感度」に疑いを持ったことがなかったであろう綾部祐二(ピース)。しかし事実、仕事は減少中。「アメトーーク」の企画がそんなに影響するものなのかという声もありますが……。鈴木拓(ドランクドラゴン)は、綾部祐二(ピース)が「このまま仕事が少なくなるくらいなら、スパッとやめます」と疲れた表情で言ったことを本気で心配しているようです。「好感度低い芸人」に選ばれたとはいえ、それをネタに生きていく逞しさがあれば新たな切り口になることもありそうですが、この調子では嫌われキャラで押しまくるのも難しいのかもしれません。

綾部祐二(ピース) 自伝小説家デビューでコンビ格差解消なるか?!

相方・又吉の横で、「コンビ格差」をネタに喋る綾部祐二(ピース)の表情にかつての精彩は見られません。ピースの仕事に関して吉本興業に依頼するとき、番組プロデューサーもまず相方・又吉のスケジュールから確認するらしく、すっかり「天狗」の鼻はポキッと折られてしまった状態。「辞めます」発言からも、そのストレスはかなりピークに達しているように感じられますよね。だからといって嫌われキャラも演じられそうにない綾部祐二(ピース)ですが、かつての「大天狗」としては、どうしても相方・又吉だけが「ベストセラー作家」と騒がれることが悔しくてならないそう。驚いたことに、「自分も小説を書く」と宣言しているようです。内容は「熟女が主役の官能小説」という得意分野。これまでに交際してきた熟女との出会いから口説きのテクニックまでを自伝的に綴るそうです。そこではマスコミに知られていない熟女女優との熱愛関係もあけすけに織り込まれるというから興味津々になってしまいます。すでに出版社が決まり、熟女の編集者が担当するという話で、内容はどうあれ、企画としては久々に綾部祐二(ピース)らしいものになりそうです。小説のジャンルは全く違いますが、これが実現すれば「又吉をしのぐベストセラーになるかも?!」という声があがっているようで……そうなれば再び綾部祐二(ピース)自身が注目され、めでたくコンビ格差も解消!となるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る