北村匠海の子役時代が輝かしい!主演映画は共演者もイケメン揃い

北村匠海の最盛期は小学校!?父親や太賀が明かす素顔とは?昔はモテなかった?


北村匠海のプロフィール
◆生年月日:1997年11月3日
◆出身:東京都
◆身長:175cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:スターダストプロモーション(制作3部)

北村匠海は子役時代から大活躍だった!?

北村匠海(きたむらたくみ)といえば、俳優を中心に活躍している方ですよね。目鼻立ちがくっきりしていて、まるでハーフのような美しさがあると若い女性を中心に人気を集めています。

そんな北村匠海は、2008年6月公開の映画「DEVE!!」で子役デビュー。2008年には、NHK「みんなのうた」で歌手デビューとしてもデビューしています。

子役から様々なジャンル、作品で経験を積んできたからこそ、現在ファンを魅了する演技ができる俳優に成長できたのではないでしょうか。

父親や太賀が明かす北村匠海の素顔とは!昔はモテなかった?

小学生時代から子役として活躍している北村匠海。イケメンだけに、さぞかし女の子にモテていたのではないかと思いきや、本人が言うにはモテなかったそうです。

その理由について、「人見知りで女の子と話すことも不得意、好きな子であればなおさら自分から近づくことができず、待ち続けるタイプ」という北村匠海。しかし、中学の卒業式では制服だけでなく、袖口やワイシャツのボタンまでキレイになくなったというので、十分モテていたようです。

そんな北村匠海の素顔は「おしゃれイズム」に出演した際、父親や子役時代から交流がある太賀に暴露されていました。太賀曰く、北村匠海は驚くほど優しい性格で、公私に限らず周りにどれだけ振り回されても怒らないのだとか。

また、父親は子供時代の北村匠海について、裸になって仮面ライダーごっこをするような子だったと明かしています。

現在の北村匠海に子供時代のような無邪気さがあるかは分かりませんが、温厚そうな性格は、雰囲気からも漂っていますね。

こちらもおすすめ:仲野太賀の映画・ドラマにみる俳優魂は父・譲り?菅田将暉とは嫉妬しあう親友!?

北村匠海の芸能界入りのきっかけは?経歴やプロフィールを紹介

北村匠海の芸能界入りのきっかけは?

北村匠海は2006年、小学3年生の頃に現在所属している「スターダストプロモーション」にスカウトされたことがきっかけで、芸能界へ入りました。

そんな北村匠海は、憧れる俳優に小栗旬の名を挙げています。2009年9月に公開された小栗旬の主演映画「TAJOMARU」で、北村匠海は小栗旬扮する畠山直光(多襄丸)の子供時代を演じました。また、小栗旬の役どころの子供時代は演じていませんが、2010年7月に公開された小栗旬の初監督作品「シュアリー・サムデイ」、小栗旬主演でドラマ化され、劇場版で完結した「信長協奏曲」にも、北村匠海は出演しています。

小栗旬と北村匠海は同じ所属事務所ではありませんが、これだけ自分が憧れる俳優と距離の近い役どころで共演できたことは、北村匠海にとって大きなモチベーションになったのではないでしょうか。

こちらもおすすめ:山田優と小栗旬夫婦に第2子誕生!子供たちの芸能界入りは!?

北村匠海の経歴やプロフィールを紹介

小学3年生でスカウトされて芸能界入りを果たした北村匠海は、2010年の夏に俳優ユニットとして始動した「EBiDAN」に所属。翌2011年12月にはダンスロックバンド「DISH//」のメンバーに選ばれ、リーダーとメインボーカル、ギターを担当しています。

俳優だけでなく、ミュージシャンとしても活躍の幅を広げる北村匠海。過去のインタビューで、ほくろと香りフェチであることを明かしています。特に首や目尻のほくろが好きで、香りはふんわりとほのかに感じるくらいがいいのだそう。

大人の女性を思わせるイメージですが、別のエンタメサイトのインタビューで、年上女性の魅力について「僕よりも、知識とか経験が豊富な人はすごく素敵だと思う」「小物1つとっても選び方のセンスがある人が好き。自分を見せることに気を使っている人は、視野も広いと思う」と語っています。知性を感じる落ち着いた女性が好きということのようです。

こちらもおすすめ:北村匠海が「信長協奏曲」でブレイク!音楽ユニットDISH//とは?

北村匠海はCMにも引っ張りだこ!話題を呼んだ出演映画は?

ドラマや映画に引っ張りだこの北村匠海。CM出演も多く、これまでに「進研ゼミ中学講座」「ミニストップ」「大塚製薬 カロリーメイト」等、有名企業のCMにも出演しています。最近では、V6・岡田准一、乃木坂46・白石麻衣、土屋太鳳と、北村匠海の他にも豪華キャストが顔を揃えた「ソフトバンク ギガ国物語」のCMシリーズが話題を集めました。

そんな北村匠海はドラマでも活躍していますが、2019年3月に永野芽郁とのダブル主演で公開された「君は月夜に光り輝く」を皮切りに、2020年も主演映画が立て続けに控えています。

1月24日公開予定の「サヨナラまでの30分」は新田真剣佑とのダブル主演、夏に公開予定の「さくら」は、北村匠海と同じくブレイク中のイケメン俳優・吉沢亮、小松菜奈と兄妹役で共演します。

さらに、8月公開予定の「思い、思われ、ふり、ふられ」では、浜辺美波、福本莉子、赤楚衛二と4人で主演を務めることが発表されており、どれも豪華な出演陣が揃っています。気になる作品ばかりで、公開が楽しみですね。

<こちらもおすすめ!>

横浜流星は空手の世界王者!?トッキュウジャーから胸キュンドラマまで出演情報をチェック
吉沢亮の「銀魂」沖田総悟が再現度高すぎ!出演ドラマにツイッターが沸く
竜星涼のフォーキー渾身のセリフは?アンナチュラルからひよっこまで多面性が魅力のドラマ職人

関連記事

ページ上部へ戻る