三四郎小宮浩信の前歯が無いその理由は?生意気ヘタレが愛され始めている?!

三四郎小宮浩信の前歯が無いその理由は?生意気ヘタレが愛され始めている?!

三四郎小宮浩信の前歯が無いその理由は?滑舌も悪いワケ!

三四郎小宮浩信の前歯が無い理由がアホすぎる!芸人魂もここまでくれば…

三四郎小宮浩信とは、欠けた前歯と生意気すぎるタメ口のイラつかせキャラで、最近ブレイ中の芸人です。おそらく多くの人が「何で前歯がないの?」と疑問に感じていることでしょう。キャラづくりのために折ったのならば、ヘタレどころが気骨すら感じてしまいそうなものの、雨の日に飲みに行った帰りに転倒して前歯を失ってしまったというから、もう救い様がありません。

ただし、その後には折れた前歯にドン引きする後輩芸人を笑わせようとオーバーリアクションを決行し、ガードレールに激突して足まで骨折するという気迫の一芸を披露。ともすれば、もう三四郎小宮浩信の鬼気迫る芸人魂を認めざるを得ないでしょう。その直後にはテレビ東京「ゴットタン」の「番組史上もっともレギュラー陣をムカつかせた芸人」に車いすで登場しました。そして今まで前歯を修復することなく、テレビに出続けている三四郎小宮浩信。まさに戸惑わんばかりの最強キレ芸人なのです。

三四郎小宮浩信の前歯は滑舌の悪さと無関係!そのワケは…

三四郎小宮浩信は、滑舌も悪く芸人として美味しくもあり、残念感も漂います。しかし、前歯が無いのでは、それもいた仕方ありません。滑舌の悪さから繰り出される生意気なタメ口は人々をイラつかせ、滑舌の悪さ故にスマートフォンの音声認識がうまくいかないなど、漫才のネタにもしている三四郎小宮浩信。こうなったら、意地でも前歯を直すわけにはいきませんよね。

ところが、三四郎小宮浩信の滑舌の悪さは、転倒し、前歯を欠けた事故よりもずっと前からネタにしていました。実は三四郎小宮浩信、生まれつき舌の筋力が普通の人を10とするなら、半分以下の4しかないことが、養成所時代に医師の診断によって判明しています。滑舌の悪さの原因は「舌の筋力不足」だったのです。しかし、これも三四郎小宮浩信の肝となる芸風ですから、今更筋力アップに努めて改善させようとすることはないでしょう。三四郎小宮浩信とは、そういう芸人なのです。

スポンサーリンク

三四郎小宮浩信の生意気ヘタレが愛され始めている?!エピソード集

三四郎小宮浩信の生意気ヘタレは単なるポンコツ!関根勤に噛みついても干されないワケ!

先輩芸人に対しても生意気にタメ口をきき、イジられるとキレ口調で噛みつく三四郎小宮浩信。お笑い芸人はおろか、視聴者やスタッフにまで徹底的にイジられても、カミカミ口調の反撃をとどめない姿は、最近まれに見るイラつかせキワモノ芸人です。しかしながら、その虚勢がガツンとやられた途端に小さくなってしまうヘタレ具合が、何故かここにきて愛され始めています。

例えば、関根勤に「好きなタイプは」と尋ねられ「能年玲奈ちゃん」と無難な返しでスタジオを沈黙させてしまった三四郎小宮浩信に、「あんまり広がらなかったね、ゴメン」と謝る大先輩に向かって、「フリが下手くそ。テレビを浴びるほど見た方がいい」と言い放ったのです。本来なら干されても可笑しくない生意気暴言のはずが、誰もが「三四郎小宮浩信は焦るとキャパオーバーして、うまい事言おうと集中する程にタメ口になってしまう」というヘタレ具合に気付き始めました。相手をナメているからタメ口になるわけではない、そのポンコツ具合が愛され始めている様です。

三四郎小宮浩信の生意気ヘタレを愛する宮迫博之!「アメトーーク」でマセキの最終兵器推し

三四郎小宮浩信のタメ口生意気ヘタレ具合を、雨上がり決死隊の宮迫博之は、怒るどころか寵愛すら示しています。宮迫博之の冠番組である「アメトーーク」では、三四郎小宮浩信を、同じマセキ芸能所属の出川哲郎や狩野英孝に続く”ポンコツ芸人”として推し、「マセキの最終兵器」と紹介しているのです。

スポンサーリンク

同番組の「声ヘンテコ芸人」という若手芸人プレゼン大会で、フィリップを使った「声ヘンテコあるある」をプレゼンした三四郎小宮浩信は、宮迫博之から「字が汚い」と指摘されようが、平然とマイペースに進行し続けていました。

例を挙げている最中に、自分で書いた文字が分からなくなるというポンコツ具合を爆笑されようが、ツッコミが入ろうが、無視をしてやりたい放題。強烈すぎて有り得ない笑いが起き、視聴者からは「腹がよじれる」と意外な高評価を得ました。三四郎小宮浩信には何とも摩訶不思議な魅力が備わっている様です。

三四郎小宮浩信「2016年奇跡の一枚カレンダー」の8月を飾る!今年大ブレイクの予感!

三四郎小宮浩信、前歯無し、滑舌悪し、目つきが悪いために伊達メガネをかけ、磁石・永沢たかし似の容貌から「汚い永沢」と呼ばれるブサ芸人扱…なんとも気の毒ですが、205年12月22日放送の「ロンドンハーツ3時間スペシャル」で「奇跡の一枚」に挑みました。よりによってKis-My-Ft2イメージという事で、何とも悪意を感じる企画。

ところが三四郎小宮浩信、「歯とか魅せなかったら大丈夫と言われる」と自信満々で、水色カーディガン&茶髪に真一文字に結ばれた口元とアイプチの二重瞼で爽やかな印象を讃えた「奇跡の一枚」には、スタジオから「スゴイかっこいい!」とどよめきと絶賛の嵐が巻き起こったのです。

残念ながら、この写真は「2016年奇跡の一枚カレンダー」には選ばれませんでしたが、和装で挑んだ1枚が見事8月を飾ることになりました。しかし、この奇跡が起きる前に撮られた、片目だけアイプチが落ち、半笑いの口から欠けた前歯が覗く「モンスター写真」が公開され、お約束通りのポンコツ具合を晒した三四郎小宮浩信。カレンダーもさることながら、キレ具合が2016年のお笑いシーンを席巻するに違いありません。

そんな人外生物の様なキレっぷりと容貌でジワジワ上がって来た三四郎小宮浩信ですが、中学時代には同級生から「葬式ごっこ」の対象にされるというイジメを体験し、ストレスでパンクしそうになりながら中学受験を乗り越えて入学した成城学園を、高校2年次に留年・中退するという壮絶な経験をしています。その反骨精神が彼をキレさせ、お笑いに導いた事は天のお導きだったのでしょう。コンビとしては「THE MANZAI」の認定漫才師にも選出される実力の持ち主であることも忘れてはいけません!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る