武田梨奈 身長、体重、性格は?カラテガールの腹筋に注目!高校時代、超ヤンキーで非公開?!

武田梨奈 身長、体重、性格は?カラテガールの腹筋に注目!高校時代、超ヤンキーで非公開?!

武田梨奈 身長、体重、性格は?カラテガールの腹筋に注目!流派はどこ?

武田梨奈 かわいすぎるカラテガールの身長、体重、性格は?

若きアクション女優、そしてアメリカでは「カラテガール」として注目される武田梨奈、24歳。

身長157㎝、体重は42.5㎏と、小柄で可憐な風貌の女性です。ふんわりとした色白美人の武田梨奈の性格は本人いわく「負けず嫌い、おしゃべり好き、男勝り」だそうですが、だいぶ外見とのギャップがありますね。周囲の評価も「まじめで努力家、向上心がある性格」だとか。その一方でクイズ番組での武田梨奈に「こんなポンコツ見たことない」「具志堅用高を完全に食っている」との声が上がっています。尊敬する人は武田鉄矢、ひとりカラオケが好き、物を捨てられない性格という、天然の愛されキャラ的な顔もある模様。そんな武田梨奈は、年明け早々には主演映画「原宿デニール」、「進撃の巨人」の他、7本の映画に次々と出演し、ブレイクの波乗り真っ最中です!今回は、かわいすぎるカラテガール、武田梨奈の秘密に迫ります。

武田梨奈 カラテガールの美しい腹筋に注目!肉体美と空手の実力を作り上げた流派はどこ?

2014年から放映中の、頭突きで瓦割りを披露したCMで知名度が一気に上がり、西武VSロッテ戦始球式前の「10枚頭突き割り」の動画がアメリカで急速に拡散したことでも話題になった、カラテガールこと武田梨奈。武田梨奈のカラテガールとしてのルーツは、10歳の時に「父の仇をとる」と誓って空手を始めたこと。以来歴14年、うっすらと見えるこぶしダコだけではなく、顔に似合わずバキバキに割れたカラテガールの腹筋に注目が集まっています。それもそのはず、空手修行のみならず「趣味・腹筋、痛みを伴うその感覚が好き」というから、精神も肉体も並大抵の男にはかないそうにありませんね。そしてそのカラテガール・武田梨奈の肉体美と黒帯二段の実力を鍛え上げたのは「琉球松林流空手道月心会」という流派。それが功を奏して、2008年に映画「ハイキックガール」でアクション女優として初主演することができたのです。そして

武田梨奈 高校時代、超ヤンキーで非公開?!ワカコ酒のほんわり感とギャップすぎ

武田梨奈の出身高校は?高校時代、超ヤンキーで非公開?!

まさかあのかわいらしい武田梨奈の高校時代が超ヤンキーで非公開?!武田梨奈は神奈川県横浜市出身で、横浜市立今宿中学校を卒業したことまでは知られていますが、進学した高校については一切公表されていません。何か知られると不都合でも?そんな中、ネット上で「武田梨奈は神奈川県立白山高校出身」という情報が。どんな学校か調べてみると、改造制服の生徒がうろうろ、暴走族のお友達が学校周辺をぐるぐるが当たり前の超ヤンキー高校という話が出てきました。いつの時代のことかは分かりませんけれども……。では武田梨奈がそこで高校時代を送ったとして、本当に超ヤンキーだったのでしょうか?その確証を得ることはできませんが、高校時代から数々の空手タイトルを獲得し、バットもへし折る特技を持つことからは、ヤンキーというよりスケ番のイメージが浮かんでしまいます(笑)。そのような風評被害を避けるための非公開なのかもしれません。

スポンサーリンク

武田梨奈はヤンキー?癒し系?高校時代がワカコ酒のほんわり感とギャップすぎ!

そんな超ヤンキーだったために高校時代が非公開という憶測が飛び交う中、武田梨奈は8日からBSジャパンで放送された連ドラ「ワカコ酒」で、得意のアクションを一切封印し、演技一本でほんわり緩いキャラ・主人公の26歳OLワカコを演じています。物語は酒呑みの舌を持って生まれたワカコがさすらい、ひとり酒とひとり飯を堪能するグルメ漫画が原作。例の高校時代の噂と、ワカコ酒のほんわり感とでは、ギャップが大きすぎて、非常に戸惑いを感じてしまいます。しかし「家族、友達、彼氏、同僚,すべてが充実しているのに、ひとりの時間をほんわり堪能するワカコ」に、武田梨奈は原作を読んだ時点で共感を覚えたそう。自分とどこか似たところがあると感じたといいます。酒と料理が絶妙にマッチしたときに全身を満たす高揚感から「ぷしゅーー」と感嘆の吐息を漏らす武田梨奈は、高校時代のことなんかどうでもよくなるほどに色っぽくて可愛らしいですよ。

武田梨奈 カラテガールの目標は‘唯一無二の存在’ アクション女優の頂点へ

遠藤憲一らとともに、10月3日より順次全国で公開される映画『木屋町DARUMA』の緊急会見に登場した武田梨奈。「公開されるのが奇跡」という問題作で、アクションを一切封印した武田梨奈が演じるのは闇社会へ落ちていく汚れ役です。これ以外にも、この夏公開予定の映画「かぐらめ」では、こちらもカラテガールの称号を返上して、伝統芸能の継承問題に翻弄される主人公を演じています。2009年には歌手としてCDデビューしているし、アクション以外の演技にも果敢に挑戦する積極性。カラテガールとはギャップがありすぎる柔らかな容姿を兼ね備え、しかも前進することを厭わない性格は、どの分野でも生きる原動力として通用しそうです。ただ恋愛に関してはからっきし経験がないという武田梨奈。中学時代、男の子にバレンタインのチョコレートを投げつけたところ「女に見ることができない」と言われてから何となく遠ざかっているそうですが、今はそんなことよりも本業の方に注目したいところですね。武田梨奈の目標は、やはりアクション女優として成功すること。ジャッキーチェンのようにアクションの道を極めて「唯一無二の存在になりたい」と高い目標を掲げています。バットや瓦をあっさり割ってしまうカラテガールの気骨は、超頑丈にできあがってるようで、日本一、いや世界一のカラテガール・武田梨奈がアクション女優として唯一無二の存在になる日が楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る