田中正義(創価大学)ドラフト全球団指名もある!?超目玉投手の実力とは?

田中正義(創価大学)ドラフト全球団指名もある!?超目玉投手の実力とは?出典:http://www.tokyo-sports.co.jp

田中正義(創価大学)ドラフト全球団指名もある!?超目玉投手の実力とは?

田中正義(創価大学)ドラフトで全球団指名もありえる!?

田中正義(たなかせいぎ)は、来たるプロ野球のドラフト会議で、全球団指名もありえる今注目の投手です。2016年は、高校野球をはじめ、ドラフトで注目される選手が数多くいますが、全球団が狙うレベルとなると、田中正義のほかにはなかなかないでしょう。

田中正義は、現在、創価大学の4年生。150kmオーバーの剛速球を投げる右腕が大いに注目されています。今年のドラフトは、田中正義を中心に動くとも噂されており、実際、今年早い段階から、多くの球団のスカウトが、水面下で活発に活動してきたようです。

しかし、好調に見えた田中正義にも、スカウトマンたちを混乱させる、大ストップが1度だけありました。それは、2016年春に行われたリーグ戦4週目の共栄大学との試合中のこと。田中正義は、試合途中で突然降板してしまいました。精密検査の結果判明したのは、田中正義の右肩関節炎です。

そのため、その後の春のリーグ戦では、田中正義の登板機会はなくなりました。この時は、ドラフト本命に不安材料ありとなったものの、夏以降は順調に回復を見せた田中正義の評価は、秋のシーズンを経て、元通り高いものとなっています。

スポンサーリンク

田中正義(創価大学)ドラフトの超目玉投手の実力とは?

田中正義(創価大学)は、ドラフト超目玉。右腕から繰り出される剛速球は、最高速156kmをマーク。さらに、球種も豊富で、スライダー・フォーク・カーブ・カットボールと、さまざまなボールを投げ分けることができる打者泣かせの投手です。田中正義は、プロ野球と大学野球の交流試合にも先発していますが、日本ハムの2軍相手に、7つの三振を奪い、5回5安打1失点という文句のない成績を残しています。

そのピッチング内容は、この時の日本ハムの栗山英樹監督をして、「明日の試合(プロ)で先発していてもおかしくない」といわしめるほど。プロ野球のレベルでも、すでにエース級の実力を持っているといわれる逸材なのです。

田中正義(創価大学)高校時代のポジション!プロフィールは?

田中正義(創価大学)高校時代のポジションは投手ではなかった?

田中正義は創価大学野球部の不動のエースですが、高校時代も、創価高校の投手として活躍していました。創価高校といえば、甲子園の常連校として知られる野球の名門です。そんな中、田中正義は、1年生でエースナンバーを背負う実力を持っていました。

スポンサーリンク

しかし、残念ながら、肩を傷めてしまったことで、高校時代は、途中から外野手に転向したという経歴を持ちます。しかも、田中正義の在学中には、創価高校が甲子園に出場できるチャンスがなかったことから、高校球児時代は、あまり注目されていませんでした。そんな田中正義は、創価大学に入学したときに、監督に「投手になりたい」と直訴。その後、投手になるための体づくりとトレーニングを積み重ねて、2年生になると、ようやくその実力を発揮していきました。

田中正義(創価大学)出身校などプロフィールは?

田中正義(創価大学)は、神奈川県横浜市出身で、1994年生まれ。身長186cm、体重89kgと、ガッチリした体格を持つ右腕の投手です。野球を始めたのは小学生の頃で、駒岡ジュニアーズに所属していました。中学は、地元の横浜市立末吉中学校に進みますが、野球部に所属せず、全国優勝を飾ったこともある強豪・川崎中央リトルシニアに所属しています。

その後、創価高校に進学した田中正義は、高校卒業後、そのまま創価大学に進学。ここで、名実ともに野球の実力が花開くことになりました。その後は、2015年の侍ジャパン大学代表に選ばれ活躍するなど、その才能をいかんなく発揮しています。

田中正義に絞った金本監督?!ジャイアンツも「競合辞さず」!

田中正義(創価大学)は、2016年のプロ野球ドラフト会議で、全球団指名もありえる今注目の投手。12球団揃い踏みとなれば、史上初のことになります。春に発生した肩の故障も順調に回復を見せ、秋の神宮野球大会では安定したピッチングを披露し、今後の活躍にますます期待が高まる田中正義。

すでに阪神タイガースでは、金本監督・四藤球団社長・高野球団本部長によって、来季のドラフト戦略が確認され、ドラフト1位指名を、創価大学の田中正義と、桜美林大学の佐々木千隼の2人に絞ることを決定。近年は、単独指名を続けてきた読売ジャイアンツも、「即戦力を取りに行く」「競合辞さず」と、田中正義取りの可能性を示唆しています。また、ヤクルトもドラフト1位候補としてあげています。

そんな田中正義は、スカウトからもトップクラスの高評価を得ている中、目下、東京新大学野球における2季ぶりの優勝を目指して奮闘中です。9月17日行われたゲームでは、田中正義有する創価大学が、4-1で共栄大学に先勝。日米7球団のスカウト陣が見守る中で、気迫を込めた投球を披露した田中正義は、「シャー、コラ!!」と雄叫びを響かせながら、6回3安打1失点と相手打線をピシャリと抑え、チームを勝利に導きました。

日頃はクールな田中正義が見せた、打者に向けた気迫の強さも、スカウト陣には高評価だった様子。「どこのチームに指名されても、自分のやることに変わりはありません」と冷静な田中正義は、1年目から10~15勝は狙えるともっぱらの評判です。ドラフト会議では、田中正義がどのチームに所属することになるかはもちろんのこと、何球団が名乗りをあげることになるかもますます楽しみになってきました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る