山本リンダ 結婚相手・夫の職業、子供は?「狙いうち」「どうにもとまらない」ヒット秘話!

山本リンダ 結婚相手・夫の職業、子供は?「狙いうち」「どうにもとまらない」ヒット秘話!

山本リンダ 結婚相手・夫の職業、子供は?未だ変わらぬ身長、体重、性格は?

山本リンダ 60年代のアイドルは、50才で初婚

山本リンダの「ウララ、ウララ、ウラウラダ♪」は、なんとなく知っていても、「こまっちゃうナ♪」と舌足らずで歌っていた頃を知っている人は、もう還暦以上の人でしょう。山本リンダ。1951年生まれ、もう64歳。

彼女はそのビジュアルに似ず、不器用で生真面目な性格なようで、長く結婚もせず、ある教団の信仰を自分のよりどころとして生きてきましたが、2001年、50歳のときに結婚jをしました。山本リンダの結婚相手は7歳年上で、夫の職業は、社会福祉を専門とする大学教授だそうです。熟年結婚で、さすがに子供は年齢的に無理でしょうが、幸せに過ごしてほしいものです。

1966年、まだ芸能界でもハーフがめずらしかった頃、山本リンダは15歳でファッションモデルとなり、「こまっちゃうナ」で歌手デビュー。まるでバービー人形のような容姿と、舌っ足らずな歌声で、またたく間に人気者に。当時は「可愛い子ちゃん歌手」と呼ばれ、今で言うアイドルの元祖といえます。

その後、山本リンダは、急速に大人の女性へと変化していき、アイドル路線が低迷します。しかし1972年、へそ出しルックの「どうにもとまらない」で、衝撃的再デビューし、セクシー歌謡路線で、70年代後半までヒットを連発。その後2015年の今日まで、その強烈なキャラクターが、時々に再脚光を浴びただけでなく、1993年には42歳でヌードを披露して大きな話題になりました。

スポンサーリンク

山本リンダ 今も衰えぬスタイルで、現役継続中

もう64歳になる山本リンダですが、デビュー以来、身長168cm、体重は50kg台前半をキープし、そのスタイルはいまだ衰えることはありません。ハーフの少女が、浮き沈みの激しい芸能界に生きて半世紀。山本リンダは、今も現役でタレント活動を続けています。

山本リンダ 「狙いうち」「どうにもとまらない」ヒット秘話!北野誠名誉毀損事件とは?

山本リンダ 「狙いうち」「どうにもとまらない」ヒット秘話

1972年、衝撃的な再デビューを飾った「どうにもとまらない」以降、1973年に立て続けに出された「狂わせたいの」「じんじんさせて」「狙いうち」「燃えつきそう」「ぎらぎら燃えて」「きりきり舞い」は、昭和の大作詩家阿久悠と、ピンクレディー初期の楽曲の作曲で有名なヒットメーカー、都倉俊一のコンビによるものです。

その売り出し戦略は、今のアイドルのデビューのように、イメージコンセプトを周到に練り上げたものでした。中でも「狙いうち」は、「ウララ、ウララ」で歌詞が強烈で、今では山本リンダの曲と言えば、真っ先にこの曲が挙げられます。この曲は曲先行で作られ、都倉俊一が阿久悠にデモテープで送る際、イメージを伝えるために、「ウダダ、ウダダ」と歌って録音したものを送ったのに、阿久悠の歌詞は「ウララ、ウララ」となっており、都倉俊一が驚いたとか。

スポンサーリンク

もしかしたら阿久悠は、フランス語っぽく、セクシーなニュアンスにしたかったのかもしれません。「どうにもとまらない」はテレビ画面での見え方を徹底的に研究したビジュアル路線が、山本リンダのそれと見事に一致して、これまた大ヒット。当初、シャンソンを歌いたがっていたという山本リンダですが、作曲家・都倉俊一の厳しい指導に応えて、見事にその世界観を完成させたのです。

山本リンダ ヌード写真集が物議を醸した「北野誠の名誉棄損事件」

いまだ美しいプロポーションを保ち続ける山本リンダ。しかし、いくらスタイルが維持できても、加齢には勝てません。山本リンダが42歳で出したヌード写真集は思わぬ物議を呼びます。それが、北野誠の名誉棄損事件です。「探偵ナイトスクープ」などで知られる関西のタレント北野誠が、ラジオ番組の中で、山本リンダのヌードを、まるでサイボーグのようだと酷評したのです。

これに対して、山本リンダが猛然と抗議、番組に対して1億円の損害賠償を請求しました。やがて北野誠は、マスコミの前で公開謝罪をさせられた上、しばらくメディア出演の自粛をよぎなくされます。このあまりに厳しい処置に、山本リンダが所属する教団の圧力がかかったなどという噂も広まって、しばらくの間、マスコミの注目の的となりました。

山本リンダ 戦後70年のアイドル史の中で輝く、そのビジュアル的存在感

半世紀に渡って、数々の栄光やスキャンダルに見舞われた山本リンダですが、彼女は、昭和から平成に至るアイドル史に残る存在です。芸能雑誌のアサヒ芸能は、この秋、「戦後70年日本のアイドル近代絵巻」という特集記事を組み、山本リンダは、「スター全盛の60年代」の中で、取り上げられています。

山本リンダの再デビューは、長身のグラマラスな体に白い肌というハーフの身体特性を最大限に活かし、徹底的に、テレビ的ビジュアルを意識したものでした。素肌に羽織っただけのドレスシャツをウエストで結び、へそを出し、下半身は、ヒップのラインが強調されたパンタロンに、大きなスリットが入り、惜しげもなく美しい美脚を披露したそのファッションスタイルは、その後に続く、セクシータレントのお手本となりました。

また「狙いうち」は、最近の若い歌手にリメイクされ、今でもカラオケの定番曲となっています。山本リンダは今も現役です。こうなれば、昭和、平成を生き抜いた最高齢アイドルとして、とことんがんばってほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る