弘中綾香アナウンサーは入社半年でMステ担当!毒舌、ドSキャラをオードリー若林が絶賛

弘中綾香アナウンサーは入社半年でMステ担当!探偵オレンジの毒舌キャラが面白い

弘中綾香アナウンサーは入社半年でMステ担当!ロンハーで私服がダサいと暴露される

テレビ朝日の人気女子アナウンサーとして知られる弘中綾香は、2013年10月に、なんと入社半年にしてMステことミュージックステーションのサブ司会者に抜擢されました。「ミュージックステーション」と言えば、1986年から放映されている伝統のある人気音楽番組。生放送のため、失敗しても決して撮り直しはできません。

そんな番組に新人だった弘中綾香アナウンサーが起用されたのは、何が起こっても顔に出すことなく落ちついて対応することができるからでした。たしかに、メイン司会のタモリの横に座って落ち着いて番組進行する姿は、控えめながらも堂に入ったもの。ベテランアナウンサーも顔負けといったところです。

弘中綾香アナウンサーは私服がダサくても問題なし!ロンハーで暴露される

色白な弘中綾香アナウンサーは、どちらかと言えば童顔で愛くるしい顔立ちをしています。その可愛さを天使級と褒め称える声が集まる一方で、気になるのは「私服がダサい」という評判です。その実績(?)が買われたのか、テレビ朝日のバラエティ番組「ロンドンハーツ」の番組企画「私服センスなし女 決定戦」に出演したこともある弘中綾香アナウンサー。どこか古さを感じさせる私服姿の数々を披露し、「90年代のトレンディドラマに出てくる振られるほうの女」など、審査員からもかなり厳しい評価を受けました。

とはいえ、「可愛いから何を着ても許される」などと擁護する声がネットで続出したのも事実です。弘中綾香アナウンサーの場合は、センスがないと言うよりも、童顔なこともあってか、何を着ても少々子供っぽく見えてしまう部分があるのかもしれません。

弘中綾香アナウンサーは慶応義塾大学卒のお嬢さま!探偵オレンジの毒舌キャラが面白い

弘中綾香アナウンサーは慶応義塾大学卒のお嬢さま!中学時代から慶応ガール

「育ちの良さを感じる」という声もよく聞かれる弘中綾香アナウンサーの学歴を見てみると、慶応義塾中等部から慶応義塾女子高等学校に進学し、さらに慶応義塾大学法学部を卒業しているという生粋の慶応ガール。中高時代はオーケストラ部でバイオリンを担当していたと聞くと、お嬢様育ちというイメージはさらに強まります。

大学時代に海外旅行で訪れた国が10カ国というのですから、やはり裕福な家庭で育ったのではないでしょうか。とはいえ弘中綾香アナウンサーは、おっとりとしたお嬢さまタイプではないようです。大学在学中からアナウンサーになることを目指してテレビ朝日のアナウンススクールに通うなど、自分の目標を達成するための努力を怠らない強い信念の持ち主だと思われます。

弘中綾香アナウンサーの毒舌キャラが面白い!イメージとのギャップ萌え

弘中綾香アナウンサーは、テレビ朝日の深夜番組「おねがいエージェント」で、アニメキャラクターである探偵オレンジの声を担当しています。「おねがいエージェント」に登場するキャラクターは全部で5人。探偵オレンジの他には、怪盗レッド、くのいちパープル、セクシーブルー、ハッカーグリーンがいます。

弘中綾香アナウンサーが担当する探偵オレンジは、怪盗レッドと一緒に「恋愛お悩み相談室」というコーナーに登場。視聴者と生電話をして悩みを解決していきます。相談者に対して「ただ弱気なだけじゃないの」「そんなゲス男に付き合っている暇はない」などと毒舌発言を連発する探偵オレンジ。

声の主が弘中綾香アナウンサーだと知った視聴者は、「ミュージックステーションなどの番組で見る清楚で可愛いイメージとのギャップが面白すぎる」と評価しています。

弘中綾香アナウンサーのドSキャラを若林絶賛!番組に合わせてキャラを演じている?

今やテレビ朝日を代表する人気女子アナとして、さまざまな番組で活躍している弘中綾香アナウンサー。オードリー若林正恭がMCを務めている、少し変わった一般人が登場する「激レアさんを連れてきた。」でもアシスタントを務めていますが、最近「本性が見せ始めた」と話題になっています。

2017年12月4日に放送された「激レアさんを連れてきた。」では、ゲストの俳優・竜星涼を「顔が小っちゃい」と紹介。さらに、スタイルの良さや顔の大きさをオードリー若林正恭と比較し、顔をのけぞらせながら大笑いするという場面がありました。Mステで見せているおとなしい感じとは打って変わり、ドSなキャラを炸裂させている弘中綾香アナウンサーの見た目とはかけ離れたギャップもまた男性ファンの心をつかんで離さないようです。

そんな弘中綾香アナウンサーは、AbemaTIMES編集部のインタビューで、「テレビで見せる顔は8割ウソですから」と語っています。オードリー若林正恭からMステで見せているキャラと違うと指摘されたときにも、清楚キャラを演じていることを否定しませんでした。

とはいえ、一連のコメントから伝わってくるのは、弘中綾香アナウンサーの性格に裏表があることではなく、番組の雰囲気に合わせてキャラを切り替えられる賢さでしょう。誰かに言われるわけでもなく、番組に一番ふさわしい立ち位置を自分で考えて作り上げている、そのような強いプロ意識を感じます。ある意味エンターテイナーとも言える弘中綾香アナウンサーは、入社5年目を迎えて人気がますます上昇中。今後はどのような顔を見せてくれるのかも楽しみです。

関連記事

ページ上部へ戻る