岩田剛典の熱愛彼女や元カノ女性は?実家が大豪邸で大学同級生の顔ぶれも華やか!

岩田剛典の熱愛彼女、元カノ女性が気になる!身長・体重や性格は?甘いマスクに筋肉美!


岩田剛典のプロフィール
◆生年月日:1989年3月6日
◆出身:愛知県
◆身長:174cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:LDH JAPAN

岩田剛典の彼女や元カノは?初恋や好きなタイプを語ったことも!

岩田剛典(いわたたかのり)は、EXILE&三代目J Soul Brothersのメンバーで、パフォーマーとして活躍しています。また、俳優としても活動しており、民放連続ドラマ初レギュラー出演を果たした2014年10月期ドラマ「ディア・シスター」を始めとして、数々の作品に出演しています。

ファンからは、「がんちゃん」という愛称で親しまれ、甘いマスクとキレのあるダンスが人気の岩田剛典。彼女や元カノの存在が気になりますが、2014年11月には週刊誌「女性セブン」によって、ドラマ「ディア・シスター」で共演した石原さとみとの密会が報じられたことがあります。しかしこれは、複数名での食事会を報じた記事であって、2人の熱愛報道ではありませんでした。

さらに2021年1月には、週刊誌「女性自身」によって六本木ヒルズで一般女性とお忍びデートをしていたことが報じられましたが、岩田剛典の所属事務所は「友人」と回答しています。

2018年3月放送の「今夜くらべてみました」で、初恋は「中学3年生の時に初めて付き合った彼女」と明かしていた岩田剛典。2018年4月に出演した「ZIP」では理想の女性像として、「ポジティブな人」と語っていました。過去には「ロングヘアで鎖骨と首のラインがキレイな人」を挙げていたこともありますが、実際にはどのような女性と交際しているのでしょうか。

岩田剛典の身長・体重は?性格はストイック?

岩田剛典の身長は174㎝。平均は上回るものの高身長祖揃いのEXILEや三代目J Soul Brothersの中では、それほど高い方ではありません。しかし、岩田剛典のダンスを見ると、他のメンバーと並んでも、全く差を感じさせない存在感。それは、岩田剛典のダンスのキレによるものでしょう。

体重は調整によって変動があり、ベスト体重が62㎏で、57㎏まで落としてみたこともあるのだそう。パフォーマーとして、毎日の筋肉トレーニングも欠かさず、シビアな練習も日々積み重ねていることから、その筋肉美も魅力の1つ。

きれいに割れている腹筋や胸筋などが見られる写真集は、ファンでなくても一見の価値ある内容となっています。岩田剛典のパフォーマンス時には、その筋肉美にも注目です。

ストイックな性格なのは間違いないようで、「意思が強くて負けず嫌いな性格」であると自覚しているのだとか。しかしその一方で、マイペースな一面もあるとのこと。このギャップもまた、岩田剛典の魅力の1つかもしれません。

登坂広臣の姉や家族を調査!美容師から三代目JSB加入まで

岩田剛典の実家や大学がハイグレードすぎる!ダンスへの第1歩は兄の聴いていた音楽?

岩田剛典の実家は豪邸で代々慶応家系!古川雄輝や徳重杏奈との関係は?

岩田剛典の父親は、創業90年以上の有名老舗靴メーカー「マドラス」の代表取締役社長。2014年6月22日放送の「情熱大陸」で、まさに大豪邸と呼べるような実家が公開されると、視聴者からは驚きの声が上がっていました。

実は岩田剛典は、将来が約束された御曹司だったのです。そんな岩田剛典の出身校は、中学時代から大学まで慶応義塾。父と祖父も同じく、慶応出身です。

慶応大学時代の岩田剛典は、ダンスサークルの代表を務めていました。この時、ライバル関係にあったダンスサークルの代表を務めていたのが、俳優の古川雄輝。同学年の2人は、3年生でともに「ミスター慶応」コンテストに出場しており、古川雄輝がミスター慶応に選ばれています。

さらに、岩田剛典が代表を務めていたダンスサークルには、メ~テレのアナウンサー・徳重杏奈も所属していました。徳重杏奈もまた、慶応在学中に「ミス慶応」コンテストの最終候補に選出されています。

ちなみに、岩田剛典が在籍した慶応法学部は、現役で卒業できる生徒の数が全体の3分の1と言われるほどの難関学部。サークルと勉強を両立させるために、相当な努力を積んだのではないでしょうか。

岩田剛典がダンスを始めた時期は?兄や映画の影響も?

岩田剛典は、アメリカに留学していた兄の影響で中学生の頃からHIPHOPを聴いていたことを、自身がダンスに興味を持ったきっかけの1つとして挙げています。

高校時代はラクロス部に所属し、部活に打ち込んでいた岩田剛典。実際にダンスを始めたきっかけは、ラクロス部の友人と観に行った「RIZE」という1本の映画でした。

劇中のダンスに衝撃を受けた岩田剛典は、部活を引退してから、ダンスの猛練習を始めます。高校を卒業する頃には、大学では本格的にダンスをしようと決めていたのだとか。

とはいえ、ダンスを職業にするつもりはなかったため、一般的な就職活動を進めて、大学4年生の4月には企業から内定をもらっていたといいます。

内定先だったのかは明言していないものの、日本テレビのアナウンサー試験を受けたことを2018年3月放送のバラエティ番組「ウチのガヤがすみません」で公表しており、メディア関係志望だったようです。

それから数ヶ月後、夏休みに転機が訪れます。所属していたダンスチームの先輩だったEXILEのメンバー・小林直己から、新ユニット「三代目J Soul Brothers」に入らないかと誘われたのです。岩田剛典は親に猛反対されながらも内定を断り、今の道を選びました。

小林直己は真面目で繊細すぎる三代目J Soul Brothersリーダー!

岩田剛典は初主演映画で快挙!新田真剣佑と映画で共演後にドラマで弟・眞栄田郷敦と兄弟役に!

岩田剛典は映画初主演作でアカデミー賞受賞!新田真剣佑との共演作ではダークな顔を披露?

岩田剛典は、2016年6月公開の映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で映画初主演を務めました。本作が映画初主演ながら、ダブル主演を務めた高畑充希とともに「第40回日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞しています。

この時、共に新人俳優賞を授賞した新田真剣佑とは、2021年1月公開の映画「名も無き世界のエンドロール」で共演しています。

岩田剛典の主演映画である「名も無き世界のエンドロール」で2人は、幼馴染のキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)としてメインキャストを務めました。爽やかな笑顔が印象的な岩田剛典ですが、劇中では“闇の交渉屋”に扮して、ダークな一面も見せています。

岩田剛典と眞栄田郷敦が「プロミス・シンデレラ」で兄弟役に!

「名も無き世界のエンドロール」で新田真剣佑と共演した岩田剛典。2021年7月13日より放送されるドラマ「プロミス・シンデレラ」では、新田真剣佑の弟である眞栄田郷敦と、年の離れた兄弟の役を演じます。

眞栄田郷敦が演じるのは、崖っぷちアラサー女子・桂木早梅(二階堂ふみ)に“リアル人生ゲーム”を仕掛ける高校生・片岡壱成役。岩田剛典は、壱成の兄で、早梅の初恋の相手でもある片岡成吾を演じます。

高級老舗旅館の御曹司という設定の成吾は、実際に父親が靴に関する業務の他に温泉地の旅館も経営している岩田剛典本人のイメージとも重なって見えるかもしれません。

俳優業とパフォーマーとしての活動で多忙な中でも、世界での活躍を見据えて、英語を学んでいるという岩田剛典。コロナ禍の自粛期間をきっかけに絵を描くことにも夢中になり、個展も検討しているのだそう。

2019年4月にファッションカルチャー誌「i-D」のサイトに掲載されたインタビューで、「僕がやりたいことを突き詰めていく姿勢が、誰かにとっての光になればいいな」と語っていました。これからも、幅広いフィールドで活躍する姿を見せてほしいものです。

眞栄田郷敦が俳優としてデビュー 父は俳優の千葉真一 兄は新田真剣佑!
高橋茂雄の実家は歯医者で裕福!将棋の大ファン!プロも驚くほどの情報量?
瀬戸利樹の熱愛彼女や好きなタイプは?瀬戸康史は兄弟?ヒルナンデスで新境地開拓!

関連記事

ページ上部へ戻る