冨手麻妙のAKB48研究生卒業と女優転向の理由は?松坂桃李と濡れ場を熱演!運命を動かした映画は?

冨手麻妙のAKB48研究生卒業と女優転向の理由は?松坂桃李と濡れ場を熱演!運命を動かした映画は?出典:https://www.cinemacafe.net/article/2018/03/12/55850.html

冨手麻妙のAKB48研究生卒業と女優転向の理由は?園子温監督作品で丸坊主に!


冨手麻妙のプロフィール
◆生年月日:1994年3月17日
◆出身:神奈川県
◆身長:162cm
◆血液型:型
◆所属事務所:Tanpopo合同会社(業務提携:レジェンド・タレント・エージェンシー)

冨手麻妙のAKB48研究生卒業や女優転向の理由は?

冨手麻妙(とみてあみ)はAKB48の第8期研究生として2009年4月にグループに加入しました。しかし正規メンバー入りはせずに同年12月に卒業。一時は芸能界から退いたものの復帰して、その後はグラビアアイドルも経験しながら小劇場を中心に演技力を磨いてきました。

冨手麻妙を含むAKB48 8期研究生は2009年4月のオーディションで15人合格するも、現在誰もグループに在籍していないといういわく付きのメンバーでした。その理由について2011年3月に発売された「FLASH増刊 まるっとAKB48スペシャル」では戸賀崎智信劇場支配人が「8期は違ったんですよ。ファッションでやってるというか。夢に向かってまっすぐな気持ちがなかった。もちろん、なかには頑張ってるコもいたんですけど」と語っており、総合的に運営がアイドルとして求めているレベルには足りなかったようです。

後に冨手麻妙は「あの経験は屈辱だったし、悔しかった。必ず違う形で勝負してやろうと心に誓いました。あの時の挫折は、私にとっての財産です」と語っています。アイドルは向いていなかったと感じた冨手麻妙は「考えに考え抜いて、出た答えが役者だった」といい、本気で女優を目指す良いきっかけになったようです。

冨手麻妙は園子温監督映画「新宿スワン」に出演!「東京ヴァンパイアホテル」で丸坊主に!?

冨手麻妙は2002年3月公開の衝撃作「自殺サークル」を観て以来、園子温監督の映画を好んでいました。20歳の時、園子温監督作品が好き過ぎるあまり、園子温監督が出演しているトークショーで出待ちを決行。起用してもらえるよう直談判したことで、映画女優として飛躍するチャンスをつかみました。願いが叶って初出演した園子温監督作品が2015年5月公開の映画「新宿スワン」です。この作品で存在感を示した冨手麻妙は、その後も同年7月公開「リアル鬼ごっこ」や同年9月公開「みんな!エスパーだよ!」同年アメリカの映画祭でオムニバス映画の1作として上映された「Love Of Love」など、園子温監督作品に次々と出演。なかでも女優魂を見せつけたのが、2017年6月からAmazonプライム・ビデオで配信された「東京ヴァンパイアホテル」です。

冨手麻妙が演じたのは、準主演のマナミ役。ドラキュラ一族を救うと予言されたマナミは、「東京ヴァンパイアホテル」で監視されながら生きていくことに。そんな生活を続けるうちに、ストレスが高じて髪の毛が抜け始めてしまったため、バリカンを使って狂ったかのように髪の毛を刈ってしまいます。劇中、丸坊主姿になったマナミを見て、特殊メイクだと思った視聴者もいたようですが、冨手麻妙は、実際に丸刈りにして女優魂を見せつけました。

川栄李奈はAKBイチの勝ち組!ドラマや映画で魅せる実力派女優の旦那と子供が気になる

冨手麻妙と松坂桃李の濡れ場がスゴイ!?「娼年」はどんな話?「クソ野郎と美しき世界」で演じた役は?

冨手麻妙は映画「娼年」で松坂桃李とのスゴイ濡れ場を披露!?

冨手麻妙は、2018年4月に全国で上映されたR18+指定映画「娼年」で、主演を務めた松坂桃李とセクシーな濡れ場を演じて話題を集めました。松坂桃李が演じた主人公のリョウは、女性向け会員制ボーイズクラブのオーナー御堂静香に娼夫にならないかと誘われます。

娼夫の仕事を始めるにあたって、「情熱の試験」の相手としてリョウが最初に体を重ねるのが、冨手麻妙が演じた静香の娘。耳が聞こえないという設定の咲良です。咲良には、この「情熱の試験」と、何人もの女性と行為を重ねた後の2回、リョウとの濡れ場シーンがありました。

それは、最初は未熟だったリョウが、2度目の濡れ場では人間的な成長を見せるという映画にとっても重要なシーン。自身も「濡れ場はリアル」と語ったように、官能的なベッドシーンを披露した冨手麻妙は、同時に女性の気持ちを理解する優しさを持つようになったリョウの変化を浮かび上がらせることに貢献しました。

冨手麻妙は園子温監督に直接アプローチしたことで多くの映画作品に出演することになりましたが、2017年1月に公開された園監督の映画「アンチポルノ」では主演を務め、ヘアヌードを披露する女優魂を見せていました。そしてこの「娼年」の咲良役も、2016年の三浦監督演出&松坂主演の舞台版から、冨手麻妙がやりたいと言い続けていた役です。希望や掲げた目標を冨手麻妙はしっかりと現実化しています。

冨手麻妙は「クソ野郎と美しき世界」エピソード1でマコ役を演じた!

冨手麻妙は、2018年4月6日に公開された園子温監督の映画「クソ野郎と美しき世界」にも出演しています。映画「クソ野郎と美しき世界」は、元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が出演し、それぞれ異なる監督が撮影した4本の短編からなるオムニバス映画。冨手麻妙が出演したのは、園子温監督によるエピソード1「ピアニストを撃つな」です。

不気味なマスクをつけたヤクザ者のマッドドッグこと大門(浅野忠信)と子分のジョー(満島真之介)に追われ、逃げ続けるフジコ(馬場ふみか)。向かう先にいるのは、彼女が愛する天才ピアニストのゴロー(稲垣吾郎)です。しかし、マッドドッグが2人を探しあて、ゴローの指をめがけてハンマーを振り下ろすようジョーに命じて…という不思議なストーリーとなっています。冨手麻妙は、ピンクのマスカラで丸眼鏡、真っ赤な口紅でベレー帽姿が可愛いマコという役で出演。園子温監督の過激でカラフルな世界観を体現しました。

馬場ふみかの写真集「色っぽょ」がかわいいと話題!仮面ライダーでドラマにも進出!

冨手麻妙がドラマ「全裸監督」に出演!インスタがセクシーでかっこいい!映画やMVで大活躍

冨手麻妙が「全裸監督」に出演!「脱ぐ」を語った!

冨手麻妙はNetflixにて2019年8月8日より世界190カ国で配信開始となったドラマ「全裸監督」に出演しました。「全裸監督」への出演にあたり、冨手麻妙は「脱ぐこと」について「たとえば、グラビアアイドルの役の台本を与えられて、そこに必然性があれば水着にはなります」と語るものの、「役ではなく、冨手麻妙自身が水着になることと、それは別のことなんです」と言葉を続けています。「映画でも写真集でも、作品として成立させるときはあくまで私は被写体で、撮る側の人とも同じ意志を共有しなきゃいけないから大変なことではあるんですけどね」と、脱ぐことへの見解を語っています。

「全裸監督」の監督である武正晴は「女性へのリスペクトなくして、これからの作品は作れないと思います。今作でも出演してくれた女性陣は本当に体を張って演じていただいていますし、スタッフたちもどうしたら女性の生き生きとした姿が描けるかを考えて取り組みました」とコメントしていましたが、実際に出演女優たちとしっかりと協力し合いながらこのドラマの撮影に挑んだようです。

冨手麻妙は「『全裸監督』は、とことんディスカッションできたんです。私が今日ここで語ってきたような裸に対する意思を、監督もプロデューサーもきちんと汲み取ってくれたのでやりやすかったです」とコメントしていました。冨手麻妙は「全裸監督」に出るべくして出た女優といえるでしょう。日本のみならず、世界でも評価されている「全裸監督」のシーズン2は、2021年に配信予定となっています。

冨手麻妙のインスタがセクシーでかっこいい!映画出演が連続!描く未来は?

冨手麻妙はインスタのアカウントを持っており、ありのままの冨手麻妙の魅力が詰まった写真がたくさん投稿されています。まるで写真集のようなアカウントになっており、男女関係なく冨手麻妙のセクシーなカッコよさが楽しめます。惜しまずに堂々とした笑顔で脱いだ姿を見せる冨手麻妙は女性からの賛同も増えているようで、女性ファンからの「かわいい」といったコメントもついています。健康的なセクシーさが女性からも受け入れやすいのかもしれません。

出演映画公開日のお知らせやオフショット投稿など、インスタで告知もしていますが、冨手麻妙のスクリーンでの活躍は目覚ましく、2020年には「全裸監督」の武正晴監督の映画で1月31日に公開された「嘘八百 京町ロワイヤル」や、同監督の映画で11月13日に公開の「ホテルローヤル」、11月27日公開の「アンダードッグ」などに出演しています。ほかにも9月11日公開の足立紳監督映画「喜劇 愛妻物語」、11月13日公開の兼重淳監督の映画「水上のフライト」と映画出演が連続。日本の映画界に欠かせない女優の1人として着実に成長してきています。

また、2020年8月28日から配信されている人気ロックバンド、クリープハイプの楽曲「キケンナアソビ」のMVにも冨手麻妙は出演しており、無表情の外国人男性を相手にしたセクシーな内容になっています。「傷つきたくないばかりに、積極的になる女性の孤独を表現できるよう心がけました」と語っており、挑発的なようでいて繊細な哀しみがにじむ楽曲の世界観を表現しました。

冨手麻妙はインスタに自筆の鮮やかなイラストも投稿しています。「全裸監督」に関するインタビューのなかで「今後は私のイラストとヌード写真をコラボした展示会を開き、それを基に独自のグッズ展開もしたい」と語っていましたが、夢を掲げては叶えてきた彼女ならば、近いうちに実現させるはずです。冨手麻妙はこれからも表現者の1人として、大きな活躍を見せていくことでしょう。

有村架純の性格やブレイク前の意外な過去!「ひよっこ」の脚本家・岡田恵和との再タッグドラマは?
福地桃子は哀川翔の次女だった!素性を隠していたワケとは?
尾崎世界観は小説も書くミュージシャン!本名・出身・彼女が気になる!

関連記事

ページ上部へ戻る