ジェームズ・キャメロンの結婚・離婚、資産がスゴいことになっていた!

ジェームズ・キャメロンの結婚・離婚、資産がスゴいことになっていた!

ジェームズ・キャメロンの結婚・離婚、資産がスゴいことになっていた!

ジェームズ・キャメロンは結婚・離婚の数もスゴい!

ジェームズ・キャメロンといえば、世界屈指の名映画監督。世界の名監督は、結婚・離婚の数も人並み外れています。

ジェームズ・キャメロンの最初の結婚は、一般人のシャロン・ウィリアムズ。高校の同級生のシャロンと1978年に結婚したジェームズ・キャメロンでしたが、6年後の1984年離婚。

2回目のジェームズ・キャメロンの結婚のお相手は、ターミネーターの脚本を一緒に作ったゲイル・アン・ハード。1985年結婚して、4年後の1989年に離婚しています

スポンサーリンク

3回目は、映画監督のキャスリン・ビグロー。二人で「ハートブルー」という映画も作っていますが、1989年に結婚したジェームズ・キャメロンは1991年に離婚。

少し間をあけた、ジェームズ・キャメロンの4回目の結婚は、ターミネーターシリーズの主演女優であるリンダ・ハミルトンとでした。こちらは1997年に結婚して、1999年離婚する結果になりました。そして現在も続いている5回目!ジェームズ・キャメロンのお相手は、映画「タイタニック」の端役で出演していたスージー・エイミスで、2000年に結婚。現在、ジェームズ・キャメロンは2児のお父さんです。

ジェームズ・キャメロンの資産がスゴいことになっていた!

ジェームズ・キャメロンは、世界的に有名な映画を立て続けに世に送り出しているヒットメーカーです。当然、ジェームズ・キャメロンの資産もスゴいことになっています。2015年に、ビリオネアリスト(10億ドル長者)入りをするのではといわれたジェームズ・キャメロンの総資産は、アメリカの雑誌「フォーブス」の調べによると、日本円にしてなんと580億円! これはなんと新国立競技場の東京都負担と同じ額です。

スポンサーリンク

そして、ジェームズ・キャメロンの最高年収は、2010年時点でなんと210億円!金額だけ聞くと政治予算?と思ってしまうようなクラスの収入をジェームズ・キャメロンは一人で稼いでいるのです。額が大きすぎて、もう想像もつきません……。

ジェームズ・キャメロン映画「アバター」「タイタニック」あらすじ感想!最新作は?

ジェームズ・キャメロン映画「アバター」「タイタニック」あらすじ感想!

ジェームズ・キャメロンの代表作といえば、もちろん映画「アバター」と「タイタニック」。実力のほどは数字でも実証されており、「アバター」と「タイタニック」は映画興行収入の世界1位と2位を占めています。

ジェームズ・キャメロンの映画「タイタニック」は1997年に公開されました。あらすじは、1912年、実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘とのピュアなラブ・ストーリー。身分の違う男女が一目ぼれで激しい恋におちつつも、乗っていた船の沈没という惨劇に巻き込まれてしまう、という結末に涙した方も多いのではないのでしょうか。

「アバター」は、下半身不随になってしまった元海兵隊員が、先住民族ナヴィの住む星で少女と恋に落ちるお話。ナヴィの姿をした「アバター」を操るうちに、自然と共に生きるナヴィの世界と人間界との中で揺れ動く、というお話。3D版で迫力ある映像が話題になった映画です。

ジェームズ・キャメロン映画の最新作は?

ジェームズ・キャメロンには、まだまだ次回作が期待されます。今、一番話題として上がっているのは、映画「アバター」の続編です。「アバター」続編は、もう脚本の仕上げの段階に入っているのだとか。

そしてもう一つ、2010年ころから温め続けているとジェームズ・キャメロン本人が語っているのが、1945年に広島と長崎に投下された「原爆」をモデルに描いたもの。ジェームズ・キャメロンは、広島と長崎で2重被爆にあった山口彊(やまぐち つとむ)を2009年に取材し、「後はあなたに託す」とまで言われる関係になりました。その後、脚本を書き上げた原案には、「jigoku」という仮題まで発表されていますが、一部に盗用疑惑などがあるために、まだ完成までには至っていないようです。

ジェームズ・キャメロンの意外なエピソードと「アバター」の続編速報!

ジェームズ・キャメロンは、世間の期待が集まる映画「アバター」続編について、脚本の仕上げまで進んでいるということを発表しました。2017年公開予定の「アバター」続編は、キャラクターや舞台設定、登場する生物などの全てがほぼでき上がっているとのこと。

あとはすでにでき上がっている3冊の脚本に、新しい角度を加えるべく、デザインの検討と並行して取り込んでいるところだそうです。前作出演のシガニー・ウィーバーは「正式なオファーはまだだけれど、知っている範囲で役作りに励んでいる」とコメントしています。1作目をはるかに超えた素敵な作品ができるそうで、期待も高まりますね!

また、ジェームズ・キャメロンは、日本の押井守監督の大ファンなのだそうです。自身のおすすめ作品として、友人のレルモ・デル・トロ監督に勧めていたのは、人気アニメ『機動警察パトレイバー』。2013年公開のジェームズ・キャメロン作品『パシフィック・リム』は、「パトレイバー」に多大な影響を受けたとも語っています。

そんな日本のアニメ好きなど意外な一面のあるジェームズ・キャメロン。これからも世界をけん引する世界的名監督として、数々の素晴らしい映画を作り続けてくれることを期待しています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る