アンジェリック・ケルバーが再び世界女王へ!強さの秘密とは?

アンジェリック・ケルバーが再び世界女王へ!強さの秘密とは?出典:https://www.thetennisdaily.jp

アンジェリック・ケルバーは史上最年長で世界女王に!プロフィールは?

アンジェリック・ケルバーは遅咲きのテニス選手!史上最年長で世界女王に!

「アンジー」ことアンジェリック・ケルバーは、1988年生まれでドイツ出身の女子テニス選手です。2003年にプロに転向するも、なかなか結果を出せない日々が続き、世界ランキングでトップ30入りを果たしたのは2011年、23歳のときでした。近年は、常にトップ10入りし続けるなど安定した成績を残していましたが、躍進の年となったのは2015年で、ツアーで4回の優勝を飾っています。

続く2016年には、女子テニスの最高格となる大会であるグランドスラムの全豪オープンで、世界女王のセリーナ・ウィリアムズを倒してグランドスラムを初制覇。同年のグランドスラム全米オープンでも優勝を飾りました。全米オープンではセリーナ・ウィリアムズが準決勝で敗退したため世界ランキングが変動し、初の世界女王の座も獲得しています。28歳で初の世界女王を獲得したのは、史上最年長記録です。

アンジェリック・ケルバーのプロフィール!身長体重、彼氏は?

アンジェリック・ケルバーは、身長173cm、体重68kgと、女子のテニス選手としては平均的な身長で、筋肉質な体型をしています。テニスを初めたのは3歳の頃でした。2003年のプロ転向後、なかなか日の目を見ませんでしたが、2007年に、4大大会の1つである全仏オープンにようやく出場しています。

2016年、史上最年長で世界女王となったアンジェリック・ケルバーですが、ドイツ出身の世界女王誕生は、史上最強と評価されているシュテフィ・グラフ以来のことで、史上2人目の快挙です。まるでモデルかと見まがうような美貌に恵まれているアンジェリック・ケルバーは独身ですが、自身のコーチであるドイツ人のトルベン・ベルツとの交際が噂されています。

スポンサーリンク

アンジェリック・ケルバーのテニスのプレースタイル!強さの秘密を検証!

アンジェリック・ケルバーのプレースタイルを分析!粘り強さが持ち味!

アンジェリック・ケルバーは左利きで、安定感のある両手のバックハンドを中心に、攻撃を急がない粘り強いテニスをすることが特徴です。どんな球も返球することで知られていますが、守備だけではなく、相手が角度をつけた球を打ってくると、さらに角度をつけた球を返し、カウンターでポイントを取ることも多いです。

地元ドイツの土(クレーコート)で行われた大会でも優勝経験はありますが、アンジェリック・ケルバーが最も得意としているのはハードコートでのゲーム。事実、ツアーでは、ハードコートで7回も優勝を飾っています。

アンジェリック・ケルバーの強さの秘密はプレースタイルだけではなかった!

アンジェリック・ケルバーは、なんといっても粘り強さが持ち味。相手がしびれを切らしてエラーをしてしまうことも少なくないほか、ピンチからのカウンターで形成逆転をする場面も多く見られます。さんざん追い詰めたところで、とどめのようにショットを打ち込むのですから、対戦相手はたまらないでしょう。精神的にも強い選手で、逆境でも試合を投げたりすることはありません。

スポンサーリンク

2016年の全豪オープンでは、土居美咲にマッチポイントを握られながらも逆転勝利し、その後の優勝へとつなぎました。世界女王となった2016年に2勝したグランドスラムは、全豪・全仏どちらも、フルセットの末の勝利です。そのため、タフさもアンジェリック・ケルバー強さの要因の1つに挙げられることが多いです。

アンジェリック・ケルバーがふたたびセリーナ・ウィリアムズを抜いて世界女王に!

アンジェリック・ケルバーは、2016年に、28歳と遅咲きながら、見事に世界ナンバーワンとなりました。しかし、ツアー日程が変更された影響によって、2017年4月に、一度は、セリーナ・ウィリアムズに世界女王の座を明け渡しています。5月に入ると、セリーナ・ウィリアムズが2017年1月以降試合に出ていないこともあって、アンジェリック・ケルバーが再びナンバーワンの座を奪回することに。

そんな中、セリーナ・ウィリアムズが、アメリカのウェブサイトRedditの共同設立者アレクシス・オハニアンと結婚し、妊娠していることが発覚しました。そのため、セリーナ・ウィリアムズがしばらく試合から遠ざかることになることは確実です。そうなると、2017年の世界女王は、やはりアンジェリック・ケルバーになるのではと注目が集まっています。しかし、2017年最初のグランドスラム全豪オープンでは4回戦で敗退しているアンジェリック・ケルバー。

ここまでツアー優勝もないばかりか、早期敗退も続くなど、不調に陥っているようです。現在開催中のグランドスラム全仏オープンでは、まさかの1回戦敗退。順調に世界ランキングを上げてきたシモナ・ハレプが決勝戦まで進出したため、世界女王の座を奪われてしまう可能性も出ました。

現在は、シモナ・ハレプがエレナ・オスタペンコに敗れたため、アンジェリック・ケルバーが世界女王の座を当面維持することが確定しています。今後は、昨年優勝して縁起のよい全米オープンも控えいますから、世界女王としてのプレッシャーに打ち勝つ姿を期待しています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る