チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン映画「ステップアップ」あらすじネタバレ!

チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン映画「ステップアップ」あらすじネタバレ!出典:http://ciatr.jp

チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン映画「ステップアップ」あらすじネタバレ!

チャニング・テイタムがブレイクするきっかけとなったのは「ステップアップ」!

チャニング・テイタムは、1980年生まれのアメリカの俳優です。
大学を中退後、建設関係の仕事や、男性ストリッパーとして働き、その後スカウトされて芸能界の道に進んだという異色の経歴の持ち主。その人生を基にした映画「マジック・マイク」で、自身が主演を務めたことも話題になりました。

そんなチャニング・テイタムがブレイクするきっかけとなったのは、2006年の映画「ステップアップ」です。「ステップアップ」は、ダンスをテーマにした青春映画で、チャニング・テイタムは、持ち前の運動神経とストリッパー時代に培ったダンスを活かし、ダンスの才能に恵まれた高校生を見事に演じ切りました。

また、「ステップアップ」でヒロインを務めたジェナ・ディーワンとは私生活でも恋人関係へと発展し、チャニング・テイタムは2008年に婚約。2012年には娘エヴァリーちゃんが誕生しました。

スポンサーリンク

チャニング・テイタムが妻ジェナ・ディーワンと共演した「ステップアップ」のあらすじネタバレ

チャニング・テイタムが映画「ステップアップ」で演じたのは、素行不良の高校生タイラーです。里親の元で育ったものの、養父との関係は良くなく、学校では問題を起こしてばかりの毎日。

一方、ジェナ・ディーワン演じるノーラは、卒業試験を兼ねたダンスの発表会を間近にして、怪我によってパートナーを失ってしまいます。そこで、ノーラが目をつけたのは、タイラーでした。素行不良でもダンスの才能に溢れていたことから、ノーラはタイラーを説得して、自身のパートナーになってもらいます。タイラーは乗り気ではなかったものの、次第に、ダンスとノーラの魅力に惹かれていく……といった青春ダンス映画です。

チャニング・テイタムの筋トレメニュー!身長は?激太りしたって本当?

チャニング・テイタムの筋トレメニューは上半身中心!

チャニング・テイタムは、映画でたびたび披露しているように、その鍛えあげられた肉体美も魅力の1つですよね。特に、上半身裸でダンスを披露した「マジック・マイク」では、間違いなく女性ファンが急増したことでしょう。一体、チャニング・テイタムは、その肉体をどうやって鍛えているのでしょうか?

スポンサーリンク

チャニング・テイタムは、2015年に「マジック・マイク」の続編となる「マジック・マイクXXL」に出演していて、このときに、筋トレメニューが明らかになっています。主に、ベンチプレスなどの器具を使って上半身を鍛えているチャニング・テイタム。下半身は、意識的には鍛えていないそうですが、有酸素運動なども取り入れていることが、バランスの良い肉体美につながっているようです。

チャニング・テイタムの身長は?家族を優先して激太り!!

チャニング・テイタムの身長は185cmです。その肉体美とあいまって、バランスの良いシルエットですが、チャニング・テイタムが激太りしたことで話題になったこともありました。
チャニング・テイタムの激太りが注目されたのは、主に、妻ジェナ・ディーワンが出産を控えた時期と出産後となる2012年前後のこと。妻のジェナ・ディーワンを支えるために、チャニング・テイタムも仕事をセーブしていたため、お腹がぽっこりと膨らんでしまいました。それを見たファンたちからは、「あの引き締まった身体はどこへ?」との悲鳴が続出。

チャニング・テイタムは、当時のことをつっこまれると、「もともと、太りやすいタイプなんだ。仕事をしないときは10キロ~15キロ太ると思うよ」と語っています。その後は、かつての筋肉美をスクリーン上で見せているので、チャニング・テイタムの激太りは、一時的なものだったようです。

チャニング・テイタムが出世作「ステップアップ」ドラマ化の製作総指揮を務めることが決定!妻ジェナ・ディーワンとの夫婦仲も語る

チャニング・テイタムの出世作「ステップアップ」のTVシリーズ化が決定しました。「ステップアップ」でチャニング・テイタムが主演を務めたのは2006年版だけですが、それ以降、続編が3作品も制作された人気シリーズとなっています。今回のドラマ版「ステップアップ」では、チャニング・テイタムは、出演しないものの製作総指揮を務めるそうです。

ドラマ版「ステップアップ」は、2017年からYouTubeの有料ストリーミング・サービス「YouTube RED」にて配信が予定されています。「ステップアップ」という出世作で、妻ジェナ・ディーワンと運命の出会いを果たしたチャニング・テイタムですが、仕事だけでなく、夫婦の時間も大切にしているそうです。フランスのカンヌで行われたインタビューで、妻ジェナ・ディーワンとのセックスについて聞かれると、「情熱的で、別次元の絆を感じる」と答えています。

チャニング・テイタムは、一時期、「監督業に専念するため、俳優を休業する」と語ったこともありましたが、その後も、俳優としての活躍は止まらず、2016年もアカデミー賞監督コーエン兄弟のコメディ映画「ヘイル、シーザー!」に出演しています。

2014年の「フォックスキャッチャー」では演技力が高く評価されたチャニング・テイタム。今後は、その肉体美を活かしたアクション映画だけでなく、さまざまなジャンルの映画への出演が増えそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る