ダークダックス佐々木行も死去!残るメンバー・ゾウさんの現在は?

ダークダックス佐々木行も死去!残るメンバー・ゾウさんの現在は?出典:http://www.jiji.com

ダークダックス佐々木行も死去!残るメンバー・ゾウさんの現在は

ダークダックスは戦後の音楽史に残る偉大なコーラスグループだった

ダークダックスの始まりは、慶応大学の男声合唱団ワグネルソサエティ。1951年に行なわれたクリスマスパーティーで、「ホワイトクリスマス」のコーラスを披露したことから結成されました。この、まだフォークギターもエレキギターもなく、やっとエルヴィス・プレスリーがアメリカに現れた1950年代中頃、日本の若者たちの音楽シーンは、どうなっていたのでしょう。

若者たちは、喫茶店に集まって、ロシア民謡や唱歌、童謡などを、みんなで声を揃えて合唱して歌っていました。これが、歌声喫茶です。参加していたのは、その頃、地方から急速に東京に集まってきた、多くの若い労働者や学生たち。彼らの歌声活動は、やがて60年安保反対の政治運動へとつながっていきます。

当時、各大学では、コーラスグループが人気となっていました。中でも、慶応大学の学生が結成したダークダックスは、その後結成された、デュークエイセスや、ボニージャックスとともに、その後半世紀以上、日本における男性コーラスを代表するグループとなります。

ダークダックスの歌はたった一人のメンバーとなった今も昭和を生きた人々の心に

ダークダックスのメンバーは、セカンドテナーのマンガさんこと、佐々木行。バリトンのゲタさんこと、喜早哲。バスのゾウさんこと、遠山一。そして、追って慶応に入学して参加した、トップテナーのパクさんこと、高見澤宏の4人です。ダークダックスの活動は、長きにわたりましたが、まず高見沢宏が、1997年一過性脳虚血発作で倒れてからは、うつ病を発症。長い闘病生活を経た後に心不全で、77歳で亡くなりました。

スポンサーリンク

また今年に入って、喜早哲が、85歳のときに急性肺炎で、1998年から病気療養中だった佐々木行が、84歳で心不全のため相次いで亡くなってしまい、ダークダックス存命のメンバーは、現在84歳のゾウさんこと遠山一だけとなりました。

ダークダックス活動歴!「山男の歌」「銀色の道」ロシア民謡など名曲多数!

ダークダックスはロシア民謡だけで1年に6枚もレコードアルバムを出していた!

ダークダックスが歌ってヒットした曲は、ロシア民謡から歌謡曲に至るまで、幅広くあります。中でもダークダックスの初期には、「ともしび」をはじめ、「カチューシャ」、「トロイカ」、「カリンカ」など、数多くのロシア民謡があります。1957年には、これらロシア民謡を集めたアルバムが、年に6枚も発売されたといいますから、その人気がいかに凄まじかったかがわかります。これらに収録された曲が、当時の歌声喫茶で歌われていたのです。

ダークダックスのロシア民謡だけでない歌謡曲や童謡の数々のヒット曲

ダークダックスの歌は、最初のフレーズを聞けば、今の若い人たちでもなぜか知っているという曲が多いのではないでしょうか。また大学の山岳部などで歌い継がれていた「雪山讃歌」や「山男の歌」、「エーデルワイス」などの曲が一般に広まったのも、ダークダックスによるところが大きいでしょう。ダークダックスの童謡では、NHK「みんなの歌」から人気となった、「クラリネットをこわしちゃった」や「森のくまさん」などがあります。

スポンサーリンク

競作曲では、「北上夜曲」や「青葉城恋歌」がありますが、ダークダックスの代表曲となった「銀色の道」は、ザ・ピーナッツとの競作で大ヒット。ゾウさんが右、中右がゲタさん、左中がマンガさん、そして左がパクさんと、メンバーの立ち位置が不動だったダークダックスは、それぞれが体をより寄り添って歌うために、体を斜めにして立つのが特徴でした。その姿から、狭い立ち飲み屋で、お互いの席を譲るため、体を斜めにして立つことを、ダークダックスというようになりましたが、こんな言葉が伝わるのは、今ではオジサンたちの飲み屋だけでしょう。

ダークダックスはギネスにも認められた62年間メンバー不動のコーラスグループ

ダークダックスというグループは、読んで字のごとく、「黒いアヒルたち」という意味です。これは、ダークダックスのメンバーが、コーラスグループには似合わず、大変なスポーツマンだったことに由来します。夏は、ゾウさんの家の近くの神奈川県鵠沼の海岸で泳ぎ、冬は、慶応大学の赤倉山山荘がある高原でスキーをしていて、いつも顔が真っ黒であったこと。それに加えて、アヒルの鳴き声は決して美しくないという、自己謙遜から名付けられたそうです。

ダークダックスは、1958年にNHK紅白合戦に初出場して以来、1971年まで、連続出場を果たしました。1971年といえば、まさに歌謡曲ブームが大爆発し、同時並行的に、フォークやロックなど新しい音楽が台頭する時期。歌声喫茶もまた、70年を前に、ほとんどなくなってしまいました。

世界は、まだ東西冷戦の時代、ダークダックスは、民間の文化交流使節として、何度もかつてのソ連に招かれ、人々の熱烈な歓迎を受けます。そして1987年には、62年間不動のメンバーで、活動を続けているコーラスグループとして、ギネスブックに認定され、1993年には、長年の芸能活動が讃えられ、紫綬褒章が授与されています。亡くなった3人のメンバーのご冥福を祈るとともに、ゾウさんには、みんなの思い出を大切に、これからも、長生きしてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る