朴璐美は反日声優なの?テレビアニメ作品の代表作を一挙公開!

朴璐美は反日声優なの?テレビアニメ作品の代表作を一挙公開!出典:http://www.animatetimes.com

朴璐美は反日声優なの?テレビアニメ作品の代表作を一挙公開!

朴璐美は反日声優なの?韓国へ語学留学した理由とは?

朴璐美(ぱくろみ)は数多くの作品に出演し、人気も高い実力派声優です。在日韓国人であったことから、ネットの一部では「反日声優なのでは?」と囁かれてもいるようです。朴璐美の両親は、父親が在日韓国人二世、母親が韓国人ですが、朴璐美は生まれも育ちも東京です。

短大を卒業した後に、一度は自分のルーツである韓国に住んでみたいという想いに駆られ、韓国へ留学しました。しかし、実際に韓国に住んでみると、思い描いていたものとは違うと感じた朴璐美は定住せずに、大学卒業と共に日本へ戻ってきます。在日韓国人というだけで差別を受けたこともあったという朴璐美は、心の奥底では、日本と韓国の狭間で複雑な思いを抱いていたのかも知れません。

2015年12月25日付で帰化し、日本国籍を取得しました。日本で仲間を築き、舞台女優・声優としてキャリアを積み重ね、日本人となった朴璐美が反日声優であるとは考えら難いですね。

朴璐美のテレビアニメ作品の代表作を一挙公開!「∀ガンダム」で初主演!

朴璐美は、数々の作品で主要キャストを務めてきましたが、出世作といえば、なんといっても「∀ガンダム」主役のロラン・セアック役。ガンダムシリーズで、初の女性声優主演作となりました。朴璐美自身、少年役を演じるのは初めてのこと。戸惑うことも多かったようですが、この役で高い評価を得られたからこそ、その後に男性役をオファーされることも多くなったのでしょう。

スポンサーリンク

朴璐美の代表作の中でも特に有名なのは、「鋼の錬金術師」の主役であるエドワード・エルリック役ではないでしょうか。ハスキーな低めの声で、感情の起伏が激しい役を見事に演じています。他にも、「NANA」大崎ナナ役、「進撃の巨人」ハンジ・ゾエ役、「黒執事」マダム・レッド役など、幅広い役柄を表現力豊かに演じ分け、アニメファンからも高い評価を受けている朴璐美。少し変わったところでは、「ヒゲぴよ」で、見た目も性格もおやじそのものの、ヒヨコのヒゲぴよ役も演じています。

朴璐美が病気で舞台降板!学歴やプロフィールは?

朴璐美が病気で舞台降板!3つの病名と症状について

朴璐美は、2016年4月6日~10日に行われた舞台「箱の中身2016」に出演する予定でしたが、体調不良を理由に降板することをブログで発表しました。舞台の公式サイトでは、朴璐美の病状について、「頭部目眩症」「頚椎症性脊髄症」「起立性低血圧」と具体的に3つの病名をあげて、「無理をしての舞台出演は危険」として、降板するに至った理由を説明しています。

頭を上げたり下げたりし頭部の位置を変えると眩暈が起きてしまう「頭部眩暈症」。足がもつれるなど歩行に困難が生じる「頸椎症性脊髄症」。さらに、立ちくらみや全身倦怠感がある「起立性低血圧」と、朴璐美が抱えているのは、どれも日常生活にさえ支障が出てくる病気です。しかし、休養の甲斐あって、体調は徐々に回復し、6月に行われた舞台「透明な血」では主演で復帰しています。

スポンサーリンク

朴璐美の学歴やプロフィールは?声優デビュー作は?

朴璐美は、1972年1月22日生まれの44歳。高校は、和洋国府台女子高等学校出身で、友人から誘われて入部した演劇部で、演じることの楽しさを覚えたという朴璐美。高校卒業後は、桐朋学園芸術短期大学演劇科へと進みますが、卒業後に、韓国の延世大学韓国語学堂へ留学します。

卒業した朴璐美は、日本に帰国後、演劇集団円に入団。舞台女優として活動していましたが、神聖だったはずの芝居に納得できない部分が生じ、芝居の仕事を辞めたいとマネージャーに話すと、最後に受けてみてはと薦められたのが声優の仕事でした。

最後のつもりでと伸び伸びと演じ、朴璐美は見事に合格。1988年に、「ブレンパワード」カナン・ギモス役で声優デビューしました。声優の仕事に魅力を感じた朴璐美は、舞台女優の仕事も続けつつ、声優としても活躍し、2006年度の声優アワードでは主演女優賞を受賞しています。

朴璐美がテレビアニメ「鬼平犯科帳」に出演決定!放送は2017年1月から!

朴璐美は、2017年1月から放送が予定されているテレビアニメ「鬼平犯科帳」に出演が決まっています。「鬼平犯科帳」といえば、言わずと知れた有名な時代劇。江戸を舞台に、現代では特別警察にあたる、罪人を取り締まる役職”火付盗賊改方”についた長谷川平蔵が、悪人たちを裁いていく作品です。原作は小説ですが、漫画やドラマ、映画、舞台と、さまざまな形に変えて展開されてきました。

そして、誕生50周年を迎える2017年に放たれるのが、テレビアニメ「鬼平犯科帳」です。主人公の鬼平こと長谷川平蔵役は堀内賢雄、平蔵を慕う女密偵・おまさ役に朴璐美、平蔵の息子・辰蔵役に浪川大輔が起用され、実力派声優達が集結し、注目が集まっています。平蔵役を演じる堀内賢雄は、「たくさんの人に『鬼平犯科帳』の魅力を感じていただけるように、心を込めて魂を吹き込みます」と意気込みを述べています。

また、朴璐美は、おまさ役を演じることについて、「興奮しております。女という生き物として、あの時代の閉塞感の内にうごめく人間の業や闇を現代に甦らせたい」と語っています。さらに、辰蔵役を演じる浪川大輔は、「最高の作品になるよう努力します!なにとぞよろしくお願いいたします!!」と力強くコメント。

歴史ある作品だけに、演じる側も並々ならぬ熱意を持っていることが伝わってきますね。2017年1月から放送開始されるテレビアニメ「鬼平犯科帳」では、ドラマでも舞台でもない、アニメだからこそ表現できる新しい「鬼平犯科帳」の魅力を再発見できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る