駒木根隆介はラップ映画で主演デビューの演技派俳優!CMで二宮和也と共演も!

駒木根隆介はラップ映画で主演デビューの演技派俳優!CMで二宮和也と共演も!出典:https://kotobank.jp
スポンサーリンク

駒木根隆介が主演のラップ映画が国内外映画祭でノミネート!CMで二宮和也と共演も

駒木根隆介が主演のラップ映画が国内外映画祭でノミネート!朝ドラや大河ドラマに引っ張りだこ

俳優の駒木根隆介(こまねきりゅうすけ)は、1981年5月2日生まれで東京都出身。身長168cmで体重は95kgと、貫禄のある体格をしています。日本大学芸術学部映画学科在学中に、自主映画作品に俳優として参加した駒木根隆介は、2003年から舞台を中心に活動を開始。

2007年に劇団「赤提ビンケ」の旗揚げに参加して以降は、小劇場を中心に活動しながら、自主映画出演を続けてきました。そんな駒木根隆介が大注目を集めたのが、2009年に公開された映画「SRサイタマノラッパー」です。本作で初主演を務めることになった駒木根隆介は、ダメニートラッパーのIKKU(イック)を演じました。

最先端の音楽シーンとは無縁な埼玉の田舎町で、ラッパーを目指して奮闘する若者を描いた「SRサイタマノラッパー」は、若手の気鋭監督として注目されていた入江悠監督の作品。わずか3人でクランクインしたほど低予算の自主映画でしたが、高い完成度で評判を集め、音楽映画の傑作として評判を呼びます。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門のグランプリを皮切りに、映画監督協会新人賞を受賞した他、国内外の名だたる映画祭で監督賞や音楽賞にノミネートされました。2017年には、「SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜」としてテレビドラマ化され、舞台は東北地方に変わりましたが、もちろんIKKU役の駒木根隆介も出演しています。

スポンサーリンク

駒木根隆介は朝ドラや大河、話題作「ナラタージュ」にも出演!体型を生かした演技!

駒木根隆二は、映画「SRサイタマノラッパー」で初主演を飾って以降も、さまざまな作品に出演しています。2012年に放送されたNHK連続テレビ小説「純と愛」では、主人公を演じた風間俊介の先輩ベルボーイ役を熱演。肥満体が「やる気が見られない体型」とののしられるという、貫禄ある体型を活かした演技で、豪華な俳優陣にも負けない存在感を発揮しました。

同年に、のりつけ雅春の人気漫画「アフロ田中」シリーズが、松田翔太主演で実写映画化された際には、主人公・田中広の仲間である井上真也役を演じています。調子に乗りやすいデブキャラの井上真也を演じた駒木根隆二は、「しゃべり方も動き方もイメージにぴったり」「激似」と話題に。原作漫画から飛び出してきたようなビジュアルそのままで、強い印象を残しました。

2016年には、森田剛のシリアルキラー役も話題になった「ヒメアノ~ル」や、行定勲監督の映画「ナタラージュ」にも出演。「ナタラージュ」では、老け顔が特徴的な演劇部所属の高校生役を演じています。2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に謎の荒物屋として登場した時には、「あのニコニコした怪しい荒物屋は誰?」と話題に。脇役でありながら、それぞれの作品でたしかな爪痕を残してきたことが、駒木根隆二が数々の話題作に引っ張りだこな理由かもしれません。

スポンサーリンク

駒木根隆介がCMで二宮和也と共演!子供の頃の意外で壮大な夢とは?!

駒木根隆介がCMで二宮和也と共演!短時間の出演でもインパクト大

駒木根隆介は、嵐の二宮和也が出演しているJCBのCMにも出演していました。憂鬱な感じで会社に出勤しようと、家の外に出た二宮和也が目にした風景はハワイ。喜びいさんで家に戻り、アロハシャツに着替えて浮き輪を持ち、リゾート感たっぷりに「アロハ~」と再びドアを開けると、隣の住人と思われる太ったサラリーマン役の駒木根隆二が。二宮和也のテンションに戸惑いながらも「……アロハ」と返してくるというコミカルなCMです。

30秒という短いCMでも抜群のインパクトを残した駒木根隆二は、その他にも多くのCMに出演しています。女漁師に扮した吹石一恵と、崖っぷち社員を演じる岡山天音が出演するかっぱ寿司のCMでは、羽振りの良い嫌みたっぷりな社長役で出演。わずか数秒という出演時間でしたが、迫力たっぷりで強い印象を残しました。

駒木根隆介の結婚は?子供の頃の意外で壮大な夢とは?!

駒木根隆二のFacebookには、産まれて間もない赤ちゃんを抱いている男性の写真が掲載されています。駒木根隆二に子供が産まれたのかと思いきや、実はこの男性は、実の兄とその子供でした。駒木根隆二本人はと言えば、Facebookにはっきり書かれている通り独身で、結婚はしていません。彼女の存在を匂わすこともしておらず、役者の仕事に集中している様子がうかがえます。

そんな駒木根隆二の趣味は、将棋・麻雀・落語・読書・映画鑑賞など。非常に多趣味ですが、中でも将棋は、幼い頃から家族で打つなど熱中していたと語っており、かなりのキャリアのようで、小学生の頃は、プロ棋士になることが夢だったとか。高校時代には麻雀にハマり、プロ資格を目指したことも。「ゲームを取り巻く人間模様が好き」と語る駒木根隆二は、テレビゲームよりボードゲームやカードゲームが好きだと明かしています。

駒木根隆二が映画「泣き虫しょったんの奇跡」で奨励会員役に!出演作の続く人気ぶり

2018年秋に公開予定の映画「泣き虫しょったんの奇跡」に、駒木根隆二が出演することが発表されました。脱サラして棋士になった瀬川晶司五段の小説を原作に、映画「火花」を手掛けた豊田利晃監督がメガホンを取る本作。主演は松田龍平で、その他のキャストも、妻夫木聡や松たか子、永山絢斗、染谷将太、國村隼など、人気と実力を兼ね備えた豪華な顔ぶれとなっています。

駒木根隆二は、永山絢斗や染谷将太と同じ奨励会員役です。幼い頃にプロ棋士を目指したこともあったという、なじみ深い将棋を題材にした映画への出演は、駒木根隆二にとっても喜ばしいものだったのではないでしょうか?もとより演技力には定評のある駒木根隆二ですが、趣味の将棋が題材となっている「泣き虫しょったんの奇跡」では、より魅力的な演技を見せてくれるに違いありません。

2018年は、「泣き虫しょったんの奇跡」以外にも、真壁幸紀監督の「ラスト・ホールド!」や中田秀夫監督の「終わった人」、飯塚健監督の「榎田貿易堂」など、出演映画が次々に公開される駒木根隆二。貫禄がありやや強面な風貌である一方で、麻雀やボードゲームなどの趣味を持つ駒木根隆二の繊細で知的な面は、演技にも大いに生かされているのでしょう。次はどのような演技を魅せてくれるのか、ますます期待が高まります!

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る