りゅうちぇるの本名は「ひがりゅうじ」!彼女ぺこのヒモ?!

りゅうちぇるの本名は「ひがりゅうじ」!彼女ぺこのヒモ?!

りゅうちぇるの本名は「ひがりゅうじ」!彼女ぺこのヒモ?!

りゅうちぇるの本名「ひがりゅうじ」がキャラギャップ!彼女ぺことの出会いは?

りゅうちぇるの本名は、比嘉龍二(ひがりゅうじ)。本人曰く決してオネエではないそうですが、本名とキャラのギャップに戸惑わずにはいられません。2015年9月放送の「行列のできる法律相談所」から、彼女ぺこと共に「ぺこ&りゅうちぇる」として出演するようになり、外国の少年風メイクや、1980年代アイドル風のバンダナ、オーバーな動きと共に奇声を発するハイテンションなキャラクターで、今やバラエティの飛び道具的存在になっているりゅうちぇる。

ぺことの出会いは、勤務先の「super WEGO原宿店」に彼女が入店してきた2014年5月のことでした。彼女ぺこにとって、りゅうちぇるは”キラキラした憧れの先輩”で、今では「理想をはるかに超える王子さまと付き合っている!信じられない!」という感覚なのだとか。りゅうちぇるも、最初から「ほんとプリンセスだね!」などと猛攻をかけていたという相思相愛の関係です。

りゅうちぇるは彼女ぺこの家に居候!実家の仕送り狙い?

りゅうちぇるが、彼女のぺこに近づいたのは、”逆玉狙い”だったのではないかという疑惑があります。ぺこは、実家が大金持ちの超セレブ読者モデルだからです。ぺこの実家は、220坪の10LDKで、祖父の銅像が飾られ、黒毛和牛の肉しか食べたことがないなど豪華絢爛。ぺこには、月々30万円の仕送りに加え、お金がなくなったら、電話1本で、際限なく振り込んでくれるそうなのです。

現在、りゅうちぇるも、ぺこと同じ事務所に所属して、モデルや俳優活動をしていますが、ぺこの家で同棲している時点で、ヒモ臭がプンプン。テレビでは、りゅうちぇるが、ことさらにぺこを立てる様子が見られますが、それも打算なのでしょうか。しかし、世の中には「オネエキャラなのに、俺がこの人を大事にする!という覚悟が見える」と、好意的に映ることのほうが多いようです。実際は、逆玉狙いなのではなく、偶然にもベストマッチだったぺこが、自分より格段にセレブだっただけなのでしょうね。

スポンサーリンク

りゅうちぇるは沖縄出身!高校は?ブログやインスタが強烈だった!

りゅうちぇるはちぇるちぇるランド出身ではなかった!?沖縄で通った高校は?

りゅうちぇるは、自らの出身について、「僕はちぇるちぇるランド出身の王子で、ちぇるりんぱ人です」としています。「ちぇるちぇるランドは日本の南に存在し、都道府県とかではない」と説明していましたが、本名の「比嘉」からも分かるように、沖縄出身です。

りゅうちぇるは、沖縄とアメリカ人のハーフの父と、日本人の母の間に生まれたクォーター。ハーフっぽい顔立ちは、メイクだけで作られていたわけではありませんでした。もちろん出身高校も”ちぇるちぇる”とは全く関係なく、沖縄県立北中城(きたなかぐすく)高等学校普通科と至って現実的。高校卒業後、りゅうちぇるは、アパレルショップ店員になるために上京しています。

りゅうちぇるのブログやインスタは原宿系不思議ワールド一色!

りゅうちぇるのブログやインスタでは、青文字系モデルと呼ばれるりゅうちぇる&ぺこが、奇抜な原宿系ファッションでいちゃつく様子など、かなり濃い内容が発信されています。ちゅうちぇるのブログやインスタは、原宿系ファッションファンの熱い支持を集めており、彼らの憧れといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

普通の人は「ぴぴぴぴ~~~っっ!!ちぇるちぇるらんどのおうじさまっりゅうちぇるでぇすっっ☆☆」や、多用される「ぷぷぷぷっ!」など、ハイテンション過ぎるノリに唖然としてしまうかもしれません。しかし、原宿系に必須なのは、ファッションだけではなく、身も心も不思議ワールド色に統一すること。ちぇるちぇるランドは、まさにりゅうちぇるのブログやインスタにありという感じがします。

りゅうちぇるとオネエタレントの比較!人気の秘密は?

りゅうちぇるは、オネエなのに、彼女ぺこと同棲までしているという新しい中性キャラで人気を集めました。りゅうちぇるは自らを「女の子が好きなオカマ」と語り、”お兄い”という新たな属性を自称しています。こうした特殊過ぎるキャラを持つタレントには、「本当は作ってるんでしょ?」という疑惑が生じるのが世の常。3月22日放送の「さんま御殿2時間SP」でも、俳優・野村周平が、りゅうちぇるに「今、芝居してるでしょ?」とふっかける場面がありました。

「ちょっと~、営業妨害!」と抗議するりゅうちぇるでしたが、その前には自ら「朝起きると男の低いガラガラ声が出てしまう」「興奮すると尿漏れしてしまう」と”男らしさ”を、わざわざチラつかせています。もはや、「作っているの?作ってないの?」と物議を醸すこと自体が、りゅうちぇるのようなグレーゾーンタレントの旨みになっているのかもしれません。

「ぺこ&りゅうちぇる」カップル人気も、原宿系でない人々にとったら、「逆玉狙いなの?」といううさん臭さが伴ったほうが、楽しみが倍増するような気がします。もし、りゅうちぇるが、彼女ぺこと別れることになったらかなり気まずいはず。それを顧みず、公私ともに彼女とのラブラブを見せつけるりゅうちぇるには、「オネエなのに男らしい!」という賞賛も加わるのです。そこが、一般的な男好きのオネエとは全く違うりゅうちぇるのタレント性なのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る