「咲-Saki-」異色の麻雀スポ根漫画!?アニメ4期の放送は?

「咲-Saki-」異色の麻雀スポ根漫画!?アニメ4期の放送は?出典:https://matome.naver.jp

「咲-Saki-」異色の麻雀スポ根漫画!?アニメ4期の放送は?

「咲-Saki-」は女子高校生が麻雀に青春をかけるスポコン漫画!

「咲-Saki-」は、スクウェア・エニックス「ヤングガンガン」にて、2006年より連載されている漫画です。作者は小林立(こばやしりつ)です。2016年3月現在、コミックス既刊は15巻になり、派生シリーズも多数存在します。「咲-Saki-」のモチーフになっているのは、麻雀です。

今や、全世界で競技人口が1億人を突破し、日本でも大規模な全国大会が開催されるほど、競技として浸透している麻雀。「咲-Saki-」の主人公・宮永咲は、小さなころの家庭環境からか、麻雀に対して良い感情を持っていませんでした。しかし、超人的な運と感の持ち主で、「牌に愛されている」咲は、全国高校生麻雀大会(インターハイ)優勝を目指す清澄高校で原村和に出会い、勝つ楽しさを知ります。こうして、麻雀部に入部した咲。麻雀に青春をかける全国の麻雀部員たちとの、熱い闘いが繰り広げられます。

「咲-Saki-」いつまでたっても放送されないアニメ4期はある?

「咲-Saki-」は、2009年4月に初アニメ化されました。1作目となる「咲-Saki-」は、原作に沿って物語が全25話で展開され、人気に。2作目は、「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」。かつて原村和が在籍していた奈良県の阿知賀女子学院を舞台に、和の旧友である高鴨穏乃たちがインターハイを目指す姿を描いた外伝作品となっています。「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」が原作になっており、2012年4月から、全12話が放送されました。

3作目「咲-Saki- 全国編」は、1作目の続編です。2014年1月から全13話が放送され、全国大会の様子を中心に描かれました。その後、コミックス14巻の初回限定特典としてOADが作成されたほかは、新規のアニメ映像化はない「咲-Saki-」。シリーズ4期目となると、全国編の続きになりそうですが、制作している「Studio五組」のスケジュールが空き次第なのでは、という見方が強まっています。

スポンサーリンク

「咲-Saki-」最強能力ランキング!アニメの声優キャストは?

「咲-Saki-」麻雀少女たちの最強能力ランキング!

「咲-Saki-」の見どころの一つが、麻雀をしている美少女たちの超人的な能力です。原村和は、運に頼らず、完全理論派の打ち手。そんな和の「のどっち」は、初手で長考した後、最善手を打ち続けるという能力で、ネット麻雀の伝説的な連勝記録や、全国中学生麻雀大会個人戦の優勝経験もあります。

麻雀には、特殊な手や役がありますが、「咲-Saki-」では、キャラクターが得意とする和了(あがり)の役や手が、そのまま技名のように代名詞化されています。宮永咲の「嶺上開花」や、天江衣の「海底撈月」等はその典型です。咲の代名詞である「嶺上開花」を可能にしているのは、「嶺上牌」が見えるという能力。

また、点数調整も得意としています。それぞれが個性的な能力を有しているため、強さをランキングにするのは難しいですが、現時点でのランキングトップは、間違いなく、現高校生チャンピオンである咲の姉、宮永照でしょう。宮永照の「連続和了」は、徐々に点数の高い役で和了していく能力。和了速度が異常で、妨害することすら困難という強力な能力となっています。

スポンサーリンク

「咲-Saki-」アニメ声優キャストは新人・ベテラン入り乱れ!

「咲-Saki-」の麻雀競技会では、個人戦のほかに、団体戦があります。各麻雀部から5人の選手が出場するため、登場キャラクター数も多めです。アニメ「咲-Saki-」では、「全国編」を放送していたこともあり、出演声優も多くなっています。主人公、宮永咲役は植田佳奈が演じました。

実は、植田佳奈は、自身も自宅に全自動麻雀卓をもつという、声優界屈指の雀士です。原村和役の小清水亜美も麻雀愛好家で、植田佳奈宅の常連だとか。咲、和と同学年の清澄高校1年生、片岡優希は釘宮理恵が演じています。先輩の染谷まこは白石涼子が、竹井久は伊藤静が。

「阿知賀編」の主人公、高鴨穏乃を演じているのは悠木碧で、「魔法少女まどか☆マギカ」鹿目まどか役で知られる若手の実力派です。他にも、新子憧に東山奈央、松実玄に花澤香菜、天江衣に福原香織、宮永照に中原麻衣、大星淡に斎藤千和など、「咲-Saki-」には、若手からベテランまで幅広い層の声優がキャスティングされています。

「咲-Saki-」実写化!アイドルたちが雀士女子高生に!?

「咲-Saki-」の実写プロジェクトが、連続TVドラマと特別編、さらには映画版として進行しています。ドラマ「咲-Saki-」の放送は、MBSで12月4日深夜0時50分から、TBSで12月6日より深夜1時28分からと、いずれも深夜帯の放送です。映画に先駆けた「咲-Saki-特別編」は、2017年MBSにて1月8日深夜1時5分から、TBSにて1月10日深夜1時43分から放送されます。

映画「咲-Saki-」の公開は、2017年2月です。映画、ドラマ版ともにキャスト、制作陣は変わらず、監督は小沼雄一、脚本は森ハヤシが担当しています。すでにキャストも発表されており、女優からアイドル、グラビアアイドルと、多くの美少女が集結しました。ショートカットと幼い容姿がキュートな宮永咲を演じるのは、浜名美波です。2000年8月29日生まれの現役女子高生で、2011年より女優として活動を開始しています。

2017年には、ベストセラー小説が原作の映画「君の膵臓を食べたい」でも主演を務めます。原村和役の浅川梨奈は、アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバーです。他にも、片岡優希役の廣田あいかは「私立恵比須中学」、龍門渕透華役の永尾まりやは元「AKB48」のメンバーと、注目のアイドルグループメンバーたちが多数出演。さらに池田華菜役の武田玲奈や、深堀純代役の星名美津紀、久保貴子役の佐野ひなこなど、主にグラビアで活躍するアイドルたちも登場します。

天江衣役の菊池麻衣は、2005年11月1日生まれで、現在11歳の子役です。映画「貞子VS伽椰子」では盲目の少女珠緒を演じて話題となりました。「咲-Saki-」では、実年齢よりだいぶ上となる高校生の役ですが、演技派として知られているだけあって、ファンの期待は増している様子。

キャスト写真では唯一後姿のみとなっているので、正面からみた姿を早く見たいところです。アニメ4期の制作も待たれるところですが、2017年の年明けは、「咲-Saki-」の実写プロジェクトで、女子高生たちの熱い麻雀対決を応援していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る