佐藤栞里の涙もろさ、人柄に偽りなし!でも、少々泣きすぎ?!

佐藤栞里の涙もろさ、人柄に偽りなし!でも、少々泣きすぎ?!

佐藤栞里の涙もろさ、人柄に偽りなし!でも、少々泣きすぎ?!

佐藤栞里の人柄は?涙もろさに偽りなし!

佐藤栞里は、テレビ番組「笑ってコラえて」のコーナー「朝までハシゴの旅」で人気の出たファッションモデルです。「朝までハシゴの旅」の中で見られる佐藤栞里は、明るく、初対面の人とでも仲良く話し、涙もろく温かい人柄。ちょっとしたことでも感動してしまう姿が純朴だと、話題になっています。

スタッフからも、お酒が弱いくせに勧められると楽しく飲む姿や、モデルなのにモリモリ美味しそうに食べる姿に、好感度が高いそうです。佐藤栞里という名前を知らない人に「ハシゴの人だ!」と声を掛けられても、嫌がらずに笑顔で神対応の佐藤栞里。その人柄には偽りはないと、人気&好感度ともに急上昇中なのです。

佐藤栞里は感情豊かで涙もろい!でも少々泣きすぎ?!

佐藤栞里の感動基準が他の人よりも低い?などと言われています。佐藤栞里は、ロケ先のおばさんに「かわいいね」と言われるだけで感動し、泣いてしまうのです。さらに「お嫁さんにほしいね」と言われると、「可愛いなんてそんなに言われることがないので嬉しくて」と、また号泣。可愛さあってのモデルですし、日頃から可愛くあるよう努力もしているはず。なのに、そんなことで泣いちゃうの?という声も多く聞こえますが、佐藤栞里の涙に嘘はなさそうです。何にも染まらない佐藤栞里の人柄こそが、みんなに愛される理由なのではないかと思います。

佐藤栞里の体重、身長は?出身高校は?

佐藤栞里のプロフィールは?気になる体重、身長は?

佐藤栞里は、1990年7月生まれで、身長は168㎝となかなかの高身長。体重は公開されていないのですが45kgくらいでしょうか。首と手足が長いので、とてもスレンダーに見えますよね。「胸がないので……」と本人も話している通り、どちらかというと、ボーイッシュで元気なイメージの佐藤栞里。2001年に「ピチレモン」のオーディションでグランプリを受賞し、専属モデルとしてデビューをしました。

スポンサーリンク

「ボーイッシュ」と書きましたが、デビュー当初はロングヘアだった佐藤栞里。「ピチレモン」時代には、とても女の子らしい写真も多く残っています。ピチレモンを卒業後、佐藤栞里は「PINKY」の専属モデルとなります。その後もキャリアは順調で、2009年にテレビ番組のレギュラーが決まり、2010年頃からは、non-noやMORE、mini、sweet、ar、Soup.などモデルとしての活躍の場も幅広くなってきています。

佐藤栞里の出身高校は?

佐藤栞里は新潟県生まれの、埼玉県出身。偏差値59の浦和実業学園高校を卒業しています。浦和実業学園高校は、スポーツ選手が多く卒業していることでも有名です。それも関係しているのか、佐藤栞里は、高校野球を応援することが大好きなようです。毎年一人で、甲子園には向かい応援していると話す佐藤栞里。一生懸命野球をしている姿を応援したくなるそうです。

高校球児には、それぞれいろいろなドラマがあるので、応援したくなる気持ちも分かりますね。負けてしまった高校球児たちが悔し泣きをする姿がテレビでも流れますが、佐藤栞里も一緒に泣いている光景が目に見えるようですね。

スポンサーリンク

佐藤栞里は大化けする!

佐藤栞里は、モデルとして長く活動してきましたが、2015年からは、バラエティ番組のMCで活躍する場面も増えました。CMにも起用され、テレビで観る機会も一気に増えたのではないでしょうか?ゲストとしてではなく、MCとして出演が増えたキッカケは、やはり、その純朴でちょっと天然っぽい性格。「笑ってコラえて」では、1コーナーの担当から番組のMCに抜擢され、発表の場でうれし泣きをしていた佐藤栞里。

「笑ってコラえて」で有名になったので、所ジョージが発掘した逸材なのかと思っていたら、「将来、間違いなく大化けする」と佐藤栞里の才能を見出したのは、内村光良なのだそうです。たしかに、バラエティ番組に出演した際に、ちょっと変わった自分なりの方法で撮影に挑んでいるなど、自分の話をする佐藤栞里のトークも面白いものがあります。MCからフリートークまで、器用にこなす佐藤栞里。

もちろんモデルとしても大活躍中ですから、佐藤栞里のファッションや髪型、メイクなどをチェックする女子も増えています。まさに、老若男女から注目の的だといっても過言ではないでしょう。人気モデルという手に届かないような憧れの職業なのに、ちょっと身近に感じられる佐藤栞里。その親近感が、佐藤栞里が老若男女全ての人にうけ、今後もますます活躍の場を増やしていきそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る