澤穂希がなでしこの監督に就任!?病気・良性発作性頭位めまい症とは?

澤穂希がなでしこの監督に就任!?病気・良性発作性頭位めまい症とは?

澤穂希の病気の病名は良性発作性頭位めまい症?原因や治療方法は?

澤穂希の病気の病名は良性発作性頭位めまい症?

澤穂希(さわほまれ)は、1978年9月6日生まれの37歳。元日本女子サッカーリーグINAC神戸レオネッサに所属し、ミッドフィルダーのポジションで大活躍していた女子サッカー選手です。1993年に15歳で日本女子代表に召集された後は、幾度も日本女子代表として召集され、トップメンバーとして活躍し続けました。

2012年8月のロンドンオリンピックでは、自身4度目のオリンピック出場にして、初の銀メダルにも輝いた澤穂希。FIFAワールドカップには、ギネス記録となる6度の出場を果たしてもいる、いわば女子サッカー界における生けるレジェンドです。しかし、伝説にもいつか終わりはやってきます。2015年12月27日、澤穂希は、日本中のサッカーファンたちに惜しまれつつも、選手生活から引退しました。

誰もが認める大活躍を果たしてきた澤穂希ですが、2012年、ポルトガルに遠征中に、めまいなどの体調不良を起こして緊急帰国したことがあります。この時の澤穂希の病名は「良性発作性頭位めまい症」。思いがけない出来事に、日本のみならず、世界中のサッカーファンが心配する中、その後、澤穂希は無事に復活。再びピッチでプレーする元気な姿を披露してくれました。

澤穂希の発症した病気の原因や治療方法は?

澤穂希が発症した「良性発作性頭位めまい症」とは、どのような症状の病気で、治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず「良性発作性頭位めまい症」の症状ですが、頭を動かすと、数秒から数十秒で治まる程度のめまいがします。それ以外に見られるのが、今までは大丈夫だったのに、乗り物に酔いやすくなったり、バランス感覚が悪くなったり、座った姿勢で寝るとめまいがするなどといった症状。澤穂希もはじめは、風邪だと思っていたそうです。

スポンサーリンク

澤穂希と同じように、めまいくらい……と放っておく人も多いですが、「良性発作性頭位めまい症」だった場合、ひどくなると、手足の痺れや、視界がはっきりしなくなるといった症状も出てきてしまいますから注意が必要です。「良性発作性頭位めまい症」の発症メカニズムには、耳石が関係しているといわれます。耳石とは、内耳の、重力を感知する部分についている結晶。これがはがれ落ち、三半規管に入ると、めまいが起こるメカニズムなのだそうです。

サッカーは、プレイヤー同士がぶつかったり、頭でヘディングしたりと、非常にハードなスポーツ。澤穂希の場合も、ヘディング等が原因だったのではないかといわれています。「良性発作性頭位めまい症」は、内耳の耳石が元の場所に戻れば治るあめ、時間がたてば、自然に治ると言われています。ただし、あまりにも症状がひどい場合は、ビタミン剤などで症状を緩和する治療法が一般的。日頃、体を酷使していた澤穂希ですから、遠征中の出来事とはいえ、体を休める良い機会になったのではないでしょうか。

澤穂希の旦那はバツイチ!? 別離した父親との関係は?

澤穂希の旦那はバツイチ!?

澤穂希は、2015年8月8日に結婚したことを報告しました。澤穂希のお相手は、元Jリーガーの辻上裕章です。澤穂希の2歳上である辻上裕章は、現役時代、J1のベガルタ仙台で左サイドバックでプレーし、現在は、同じくベガルタ仙台でフロントスタッフとして、選手育成・強化担当に勤しんでいます。澤穂希とは10年来の友達であったという旦那の辻上裕章。

スポンサーリンク

澤穂希に猛烈プッシュしたといわれていますが、何事も一生懸命で責任感が強く、真面目な性格の男性だそうですから、澤穂希もそんな内面にひかれたのでしょうか。サッカー生活に忙しい中でも、同じサッカー関連の同志と、桜を咲かせた澤穂希!競技だけではなく、女性としてもゴールを決めるところがまた素敵ですね。ネットでは、澤穂希の旦那は、バツイチではないかと噂にもなったようですが、あくまでも噂で初婚です。

ちなみに、辻上裕章は、サッカー以外の経歴もすごく、最終学歴は早稲田大学。高校時代は、アメリカで過ごしていたことから語学も堪能で、柏レイソルでは通訳をしていたこともあるのだとか。世界をまたにかけ活躍していた澤穂希にとって、旦那・辻上裕章の英語が堪能な部分も魅力だったのかもしれませんね。

結婚してからこれまで、仙台と神戸と遠距離で結婚生活を送っていた2人ですが、澤穂希の引退により、遠距離生活は解消されたているのでしょうか。サッカー選手2人のDNAを受け継いで生まれてくる子供は、きっとスポーツ万能ですよね。子供誕生の嬉しい報が聞ける日も少し近づいたのではないでしょうか。

澤穂希と別離した父親との関係は?

澤穂希の母親は、試合の応援に駆けつけていたり、仲良し親子のエピソードを披露していたりと、これまでたびたび話題になってきました。一方、澤穂希の父親は?というと、澤穂希が中学3年生の時に両親が離婚して以来、離れて暮らしてきたそうです。と言っても、澤穂希が母親と暮らしていた家から車で10分ほどの所に住んでいた父親。試合会場に駆け付けては、娘の活躍を陰から応援していたといいます。

澤穂希の父親は、2011年W杯優勝時の翌日に、『FIFA2007』と書かれた赤いショートパンツ姿で出てきた姿も目撃されています。娘の澤穂希と同じく、リベンジを果たした!との喜びを父親なりに表現したのでしょう。取材等に関しては、「自分たちの身勝手で離婚して、かわいそうな思いをさせてきた娘のことを話す権利は自分にはない」ということで一切NG。しかし、今でも陰ながら見守る父親にとって、澤穂希が誇らしい自慢の娘であることは間違いないでしょう。
今でも澤穂希と父親は、交流を持ち続けているそうですから、別離していても、良い親子関係を築いているのですね。

澤穂希がなでしこJAPANの監督に就任するのではないか?

澤穂希は、日本代表のなでしこJAPANメンバーから、厚い信頼を得て、非常に尊敬されています。澤穂希にかけられた言葉で救われたり、支えになったりしたと語っているメンバーが多いこともそれを物語っています。INAC神戸で相棒を務めていた伊藤美紀も、澤穂希の言葉で救われてきた一人。

また、なでしこJAPANでも一緒に活躍し続けた大野忍は、澤穂希がいなかったらここまでやってこられていない、とまで語っています。メンバーにとっての澤穂希という存在の大きさがひしひし伝わってきますよね。そして今。惜しまれて引退こそしたものの、今もなお、澤穂希に憧れを抱き続けている選手はたくさんいます。自身が一緒にプレーしてきた仲間の特徴や欠点を一番分かっているのは、やはり澤穂希のはず。

現在、佐々木則夫監督の後任人事では、高倉麻子監督の名前が取り沙汰されていますが、高倉麻子監督とタッグを組んで、なでしこJAPANをもう一度世界の頂点へ連れていってくれるためには、澤穂希以上の適任者はいないのではないでしょうか。そして、その先には、澤JAPANの誕生!そんな未来もそれほど遠くはないように思えてなりません。2020年には東京オリンピックもありますから、それに備える意味でもしばらくはコーチ業を学んでもらい、ゆくゆくは澤穂希監督就任のニュースが発表されることを期待して待ちたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る