島田珠代の結婚歴や子供は?ダウンタウン松本人志の一言で引退を留まった

島田珠代の結婚歴や子供は?ダウンタウン松本人志の一言で引退を留まった出典:https://www.google.co.jp
スポンサーリンク

島田珠代の結婚歴や子供は?自宅訪問で片思い中の男性の存在が判明!

島田珠代には2回の結婚歴がある?離婚の原因と子供と別れて暮らす理由とは?

島田珠代(しまだたまよ)は、童顔で小柄、愛らしい顔立ちながら下ネタ満載の芸風で知られる実力派女芸人。1990年初頭、22歳の若さにして、誰もがご存じ「ホンワカパッパ~ホンワカパッパ~♪」の吉本新喜劇のオープニング曲に乗って登場するや、吉本喜劇の代表的女優に登り詰めました。

そんな島田珠代には、実は2度の離婚歴があります。吉本興業の東京進出に伴い、1997年に「超!よしもと新喜劇」レギュラーだった山田花子と共に全国区となった島田珠代。1998年に吉本興業の社員と結婚したため、生活の拠点を東京に移します。しかし、看板女優としての仕事が多忙を極めたのか2005年に離婚。その後、中部日本放送が手掛けたドラマ「湯けむりウォーズ」出演で知り合った美術スタッフと約2年の交際を経て再婚し、娘を出産しましたが、この結婚生活も長く続きませんでした。

愛娘が生まれた5年後の2013年に離婚を発表しますが、離婚の原因は、これまた島田雅代の多忙によるもの……。まともに自宅に戻れるのは、週に1~2度だったと言います。この極度の多忙さが不利に働き、愛娘の親権は父親に渡さねばなりませんでした。

島田珠代に片思いの男性が!浜ちゃん「ケンゴロー」の自宅訪問で判明!?

2017年3月28日まで放送されていたダウンタウン浜田雅功のバラエティ番組「ケンゴロー」に島田珠代が出演したのは、2016年11月8日の放送回でした。あまり名前の売れていない若手芸人と遠足に出かけるといった主旨の番組ですが、この時に放送された内容は「12月に一般の人を呼んでクリスマスパーティをするので、芸人宅を訪問してプレゼントをゲットする」。

スポンサーリンク

吉本新喜劇の看板女優である島田珠代の自宅を訪問した浜田雅功は、リビングで島田珠代と男性とのツーショット写真を発見!すかさず「彼氏なの?」と尋ねる浜田雅功に、島田珠代は顔を赤らめ「まだ片思いなんです」と答えます。「ほな、電話して気持ち聞いてみよか」と、おせっかいにもほどがある浜田雅功には、さすがの吉本看板女優の島田珠代も終始押されっぱなしでした。

島田珠代はダウンタウン松本人志の一言で引退を留まった!定番ギャグをおさらい!

島田珠代はダウンタウン松本人志の一言で引退を留まった!

吉本新喜劇では、いつも元気一杯パワー全開の島田珠代も、デビューしたての若い頃に引退を考えたことがあったそうです。島田珠代が吉本興業に入るきっかけとなったのは、ダウンタウンが素人と一緒に共演する「4時ですよーだ」(毎日放送)に出演したこと。当時はまだ高校生で17歳だった島田珠代は、その後、ラジオでもダウンタウンとレギュラー出演していました。

しかしある時、ひどいスランプに陥ってしまった島田珠代は、オンエア中にも関わらず「辞めます」と思わず叫んでしまいます。それを聞いた浜田雅功は、「辞めろや、お前!そしたら席が1個空くだけや」と言い放ち、収録が終わると「お疲れ~」と帰ってしまったそうです。

スポンサーリンク

ショックを隠せなかった島田珠代でしたが、収録後に一旦帰った松本人志は、戻って来ると「タマ、辞めんなや。この世界は色々あるから、今ケツを割ったらイカン」と諭してくれたとか。この言葉に感激した島田珠代は、引退を撤回しました。

島田珠代の下ネタ満載の定番ギャグをおさらい!

吉本新喜劇の入場時に、「はいはいはいはいはい!!」と大声を出しながら、腕を左右に足を互い違いに出すというユニークな歩き方で人気の島田珠代。相手の前に立つと「どもどもこんにちは~」と、足を互い違いに出した奇妙な姿勢のままお辞儀。すると即座に「身体柔らかいな!」と相手からツッコミが入ります。

お得意のネタ「意中の男性編」では、周囲に人がいるにも関わらず好きな男性に「好き!」と言って抱きつくのがお約束。「名前で呼んでいい?」とお願いして、「好きにしたらいいがな」と言われた途端に、「助六~」「ゴンザレス~」「権左衛門~」と全くトンチンカンな名前で呼び始めるのも定番ギャグです。

相手の男性から拒否されればされるほど燃える設定らしく、逃げる相手に「付き合ってくれたっていいじゃないのよ~」と叫びながら、すかさず男の股間を指で弾いて「チ~ン」!島田珠代の定番ギャグは、キュートな容姿とは裏腹に下ネタも満載です。

島田珠代主演の大阪よしもと新喜劇が東京へ凱旋!「東京のお客さんはホンマありがたい!」

吉本新喜劇の看板女優・島田珠代が、辻本茂雄座長と水玉れっぷう隊アキと3人で、1~2月に東京新宿「ルミネtheよしもと」で開催する興行の記者会見を行いました。会見では、辻本茂雄座長が「げんぞうじいさん」、アキが「地上げ屋」、島田珠代がお得意の「ストーカー女」に扮してお暴れ!旅館を舞台にした記者会見場は、大変な盛り上がりを見せました。

島田珠代は、「大阪のお客さんは『笑わせてみいや』ってな感じだけれど、東京のお客さんはこちらが頑張った分だけ笑ってくれるからホンマありがたいですね」と、東京での興行を楽しみにしている様子。東京でも、お得意の下ネタ満載ギャグで、みんなを笑いの渦に巻き込むことでしょう。

永遠の元気娘というイメージのある島田珠代ですが、その一方で、私生活では2度の離婚を経験。2回目の結婚で生まれた愛娘も、吉本新喜劇の看板女優という多忙な仕事がネックとなって、親権を手放さなければなりませんでした。さすがの島田珠代もこの時は相当に落ち込んだそうですが、いつでも娘と面会できることが心の支えになっていると明かしています。

よく「人を泣かせる演技よりも、人を笑わせる演技のほうが断然難しい」と言いますが、悲しみを乗り越えた島田珠代だからこそ演じられる吉本新喜劇の醍醐味を今後も大いに味わいたいものです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る