山口真理恵が可愛い!女子ラグビーがサクラセブンズ話題沸騰!

山口真理恵が可愛い!女子ラグビーがサクラセブンズ話題沸騰!出典:http://www.rugirl7.com

山口真理恵が可愛い!女子ラグビーサクラセブンズが話題沸騰!

山口真理恵の激しいスポーツラグビーと可愛いルックスのギャップがイイ!

山口真理恵は、ラガール7に所属するプロの女子ラグビー選手。五郎丸歩が有名になった日本男子ラグビー代表の世界大会での奮闘により、ラグビーというスポーツに興味を持ち始めた日本人が多くなりました。そして2016年、リオオリンピックからは、7人制ラグビーが男女共に正式種目になったことで、女子ラグビーにも注目が集まるように。

中でも注目度No.1なのが、山口真理恵。自らを厳しい環境に追い込むため、あえてプロの道を選び、退路を断ってラグビーと向かい合う山口真理恵は、実力はもちろんのこと、ルックスもキュートで可愛い!と大評判。ラグビーファン獲得にもおおいに貢献しています。日本女子代表チーム「サクラセブンズ」は、厳しい予選を勝ち抜き、見事にリオオリンピックへの出場切符を手に入れました。

体と体がぶつかり合う、激しいスポーツの代表格であるラグビーのイメージとは真逆で、美女揃いで世間を驚かせているサクラセブンズ。山口真理恵を筆頭に、その注目度はますます高まりそうです。

山口真理恵所属女子ラグビーサクラセブンズ!!美女揃いで話題沸騰中

山口真理恵が所属する「サクラセブンズ」とは、7人制ラグビー女子日本代表メンバーの総称。8月に開催されるリオオリンピックや、ラグビー日本W杯での活躍に期待が集まっています。従来のラグビーファンはもとより、これまでラグビーにはさほど興味のなかった人たちまでもが、サクラセブンズには大注目。

スポンサーリンク

なぜなら、サクラセブンズのメンバーは、美女揃いだからです。さっそく14人いるメンバーの中で、代表7人の選手を紹介します。実力・ルックスともに注目度No1の山口真理恵。山口真理恵とは幼馴染で、立正大学ラグビー部女子コーチをしている鈴木彩香、ANAに勤務している横尾千里、フジテレビに勤務し姉がミスユニバース最終候補にまでなった富田真紀子、新体操経験があり体の柔軟性を生かした武器を持つ鈴木美沙紀、アルカス熊谷に所属し元円盤投げの国体出場選手だった桑井亜乃、有名広告代理店電通に勤務し、バスケットの競技経験はあるものの社会人になってラグビーを始めたというキャプテン中村知春です。

カザフスタン戦では逆転優勝し、見事にリオオリンピックの切符を手にしたサクラセブンズ。美女揃いの女子ラグビー代表は、リオオリンピックが近づくにつれて、テレビ出演する機会も増えてくることでしょう。

山口真理恵の筋肉と50m走タイムが脅威!身長体重、プロフィール!

山口真理恵のスゴイ筋肉!50m走タイムが脅威!

山口真理恵は可愛いだけではありません。7人制ラグビーは、15人制よりも人数が少ないにもかかわらず、コートの広さとルールは基本的に変わらないため、運動量がハンパない競技です。ポジションがウイングという山口真理恵は、太ももの筋肉が凄く、脅威のスピードで走ります。50m走のタイムは、なんと6秒7と、陸上選手並みの速さを誇る山口真理恵。決定力のあるスピードプレイヤーとしての秘密は、この足の速さにもありました。

スポンサーリンク

そんな山口真理恵の目標は、世界No1ウイングになること。中学生の頃から本格的にラグビーにのめり込み、高校の時は、「フェニックス」という社会人チームでもプレーしながら、ラグビーの名門桐蔭学園高校にも出かけて行き、男子生徒に交じって練習してきた山口真理恵。高校卒業後は、ラグビーの本場オーストラリアに留学し、世界水準を肌で知り、さらに実力を高めて帰国したという経験も持ちます。努力家な山口真理恵ですから、世界No1ウイングも夢ではないに違いありません。

山口真理恵の身長体重、プロフィール!

山口真理恵は、身長159cmで体重58kg。1989年10月22日生まれの26歳。アイドルのような可愛らしい顔とは裏腹に、脅威のスピードでフィールドを駆け回る太い太ももと、6つに割れた腹筋の持ち主です。神奈川県出身で、出身高校は横浜立野高校。高校時代はラグビーが上手になりたいがゆえ、「ラグビーができればどんな環境でもいい!」と、男子に交じって練習していた強者です。

2009年には、7人制ラグビーのワールドカップである、東アジアカップへ出場。2010には、15人制ワールドカップアジア予選代表に選出され、2014年には、7人制アジア大会で日本代表として銀メダルを獲得。そして2016年、サクラセブンズの一員として、リオオリンピック出場権利を獲得しています。女子ラグビーの普及を願い、活動している山口真理恵。将来は、指導者としても活躍してくれそうです。

山口真理恵の憧れは澤穂希!8月はサクラセブンズ旋風に期待が高まる

山口真理恵がラグビーにはまったきっかけは、小学生の時に、知らないおじさんが「一緒に遊ぼう」と声を掛け、持っていた楕円形のボールだったそうです。その日から、タグラグビーをするのが日課になっていった山口真理恵ですが、そのおじさんこそ、女子ラグビー日本代表選手の1人である鈴木陽子の父親。偶然の出会いが、現在の山口真理恵につながっているかと思うと不思議な気持ちになりますね。

山口真理恵は、美人ラガールとして脚光を集めている今、「タレントの○○に似てる」と紹介されることで、本人やファンの人に対して申し訳ないと思い、「何人を敵に回すんだろう?と不安で仕方がない」と語っています。自身が美人ラガールとして見られる現状に対しては、戸惑いとともに「スポーツ選手として見てほしい」という切なる願いも持っているようです。ラグビーに対する情熱、ラグビーの見どころ、ラグビーの面白さを語らせると話が尽きない山口真理恵。男子ラグビーの五郎丸効果で、日本国内でも、ラグビー人気が少しずつ高まってきたことは、彼女にとっても嬉しいことでしょう。

体を動かすことが大好きで、頑張っている人の姿を見ているだけでモチベーションが上がるという山口真理恵。優しくて真面目な性格であることから、チームメイトからも頼りにされ、今や、サクラセブンズを率いるリーダーの1人です。尊敬するスポーツ選手は、澤穂希だそうですが、山口真理恵の考え方や身体能力、技術、これまでの努力の道のりを見れば、澤穂希と並ぶ優れたアスリートであることは疑いようがありません。2016年8月、山口真理恵のリオオリンピックでの活躍で、日本中が感動にあふれることを期待しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る