吉田拓郎 近況、現在は?浅田美代子との離婚理由は?中島みゆきとの関係!心に響く歌詞・名曲TPO5!

吉田拓郎 近況、現在は?浅田美代子との離婚理由は?中島みゆきとの関係!心に響く歌詞・名曲TPO5!

吉田拓郎 近況、現在は?浅田美代子との離婚理由は?

吉田拓郎 気になる近況は?現在の妻・森下愛子の支えで復活

吉田拓郎といえば、伝説のフォークシンガーであり、日本のシンガーソングライターの草分け的存在です。しかし、若い世代には馴染みが薄いかもしれません。

現在は、テレビやラジオ等へのメディア出演もほとんどありません。2003年に肺がんの手術を受け、その後も次々と病魔に襲われたのがその理由のようです。2009年には、最後の全国ツアーと銘打ったツアーも慢性気管支炎で中止。

その後、テレビ出演を絶ち、2013年には4年間続けてきたラジオも降板。一時激痩せし、癌の再発を心配する声もありましたが、これはコンサートツアーの体力作りのためでした。昨年にはアルバムも発売され、2年ぶりとなるコンサートツアーも開催。

吉田拓郎は、元気な姿を往年のファンの前に見せ始めています。妻で女優の森下愛子の献身的な支えもあり、復活できたようです。吉田拓郎のブログでは夫婦でハワイ旅行へ言った近況が綴られ、元気な様子もうかがえます。

スポンサーリンク

吉田拓郎 天然女優・浅田美代子と結婚していた!離婚理由は?

往年のファンならご存じでしょうが、吉田拓郎の前の妻は女優の浅田美代子です。アイドル歌手としても活躍していた浅田美代子に吉田拓郎が楽曲提供をしたのが交際のきっかけだったそう。吉田拓郎はもともと浅田美代子のファンでもあり、自然と交際に発展したのでしょう。

しかし、当時の吉田拓郎は、歌手の四角佳子と結婚していました。その後、四角佳子とは1975年に離婚。離婚理由には、浅田美代子との不倫があったのではと言われています。晴れて浅田美代子と1977年に結婚しますが、1985年にこちらも離婚となってしまいます。

離婚理由は現在の妻、森下愛子との不倫だったようです。また、浅田美代子の天然すぎる行動も離婚理由の一つだったのではということが密かに噂されてもいます。

スポンサーリンク

吉田拓郎 中島みゆきとの関係!心に響く歌詞・名曲TPO5!

吉田拓郎 実はおっかけも!?中島みゆきとの意外な関係!

中島みゆきといえば、最近ではNHK「マッサン」の主題歌がヒット。古くからのファンだけでなく、若い世代からも支持されている歌手です。そんな中島みゆきが、吉田拓郎の大ファンだったことをご存じでしょうか。デビュー前の中島みゆきは、吉田拓郎のコンサートのバイトまでしたほど。

また、吉田拓郎も中島みゆきの曲「ファイト!」が気に入っており、自分にはもうこんな曲は書けないからと、中島みゆきに曲を依頼したこともあります。その依頼を受けて中島みゆきが書いたのが「永遠の嘘をついてくれ」です。吉田拓郎への中島みゆきの思いがこめられたラブレターだと解釈するファンも多いこの曲。

そうしたこともあってか、吉田拓郎と中島みゆきの二人が昔付き合っていたという噂も、今なおまことしやかにささやかれています。

吉田拓郎 心に響く歌詞・名曲TPO5!

吉田拓郎をよく知らなくても、知らずのうちに吉田拓郎の曲を聞いたことのある人は多いはずです。吉田拓郎の楽曲は、名曲であるのはもちろんですが、印象に残る歌詞も多いです。それでは、そんな吉田拓郎の名曲5曲を紹介します。
「結婚しようよ」
「僕の髪が肩まで伸びて、君と同じになったら(中略)結婚しようよ」のオープニングの歌詞が印象的です。40万枚を超えるヒットを飛ばし、吉田拓郎を一躍有名にした曲。

「旅の宿」
こちらもオープニングのメロディが印象的。作詞は岡本おさみ。「浴衣の君は尾花の簪(中略)もう一杯いかがなんて、妙にいろっぽいね」というしっとりとした歌詞も雰囲気があります。

「落陽」
ライブでも盛り上がる名曲として、ファンからの人気も高い名曲。作詞は岡本おさみ。「苫小牧発・仙台行きフェリー」という歌詞が出てくるため、詩を再現してフェリーに乗る若者も多かったとか。最近では井上陽水がカバーしています。

「夏休み」
「麦わらぼうしはもう消えた(中略)それでも待ってる夏休み」のさびしげな歌詩ではじまる曲。ノスタルジックな雰囲気を、アコースティックギターがもりあげます。

「流星」
普遍的な歌詞が心に響く名曲。最後に繰り返される「君の欲しいものは何ですか」という歌詞は時代を超えて人々の心をとらえます。最近は手嶌葵がカバーしており、CM曲に採用されています。

吉田拓郎 妻の支えで生涯現役をつらぬけるか?

数々のヒット曲、名曲を持つ吉田拓郎。しかし、活動する場の減少もあって、残念なことに若い世代には馴染みの薄い存在となりつつあります。しかし、彼が今までに歌ってきた膨大な曲や、他の歌手に提供してきた曲は、あらゆる場で再び聞かれたり、また新たにカバーされたりして、新しいファンをつかんでいくのでしょう。

とはいえ、往年のファンは、まだまだ吉田拓郎に現役で活躍してほしいと願っているのも事実。同年代で、永遠のライバルとも言われた井上陽水や、吉田拓郎の大ファンでもあった中島みゆきが、精力的に活躍しているだけに、残念でありません。

これまで、自身の病気のため、二度ツアーをキャンセルしている吉田拓郎。体力的にも年齢的にも精力的に活動するのは厳しいのでしょう。歌手にとって大事な肺は、癌のために手術もしています。大がかりな全国ツアーはもう厳しいとういのは、吉田拓郎自身でも宣言している通り。

しかし、テレビやラジオ出演をセーブして体力作りを行ってまで昨年はコンサートを行ったわけですから、現役続行の意欲はあるのは間違いありません。妻の森下愛子は、自身の仕事量をおさえてまでサポートにまわっているそうですから、支える家族の体勢も万全といえます。

健康面を気遣いつつにはなるでしょうが、無理のないペースで活動を続けていってほしいです。また、テレビやラジオへの露出も若い世代が直接吉田拓郎を知る機会を作るためにも、マスメディアへの露出も再開していってほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る