本多力は「真田丸」「ウシジマくん」で注目の舞台俳優!独身それとも既婚?

本多力は「真田丸」「ウシジマくん」で注目の舞台俳優!独身それとも既婚?出典:http://up-too-you.com
スポンサーリンク

本多力は「真田丸」で注目を集めた舞台俳優!「デザインあ」などで声優としても活躍中

本多力は大河ドラマ「真田丸」の印象的な演技で注目!舞台俳優の経歴は?

本多力(ほんだちから)は、1979年6月12日生まれで京都府出身の俳優です。関西の名門・立命館大学に在学中、同志社大学にあった劇団に参加したことをきっかけに演劇の道に入りました。劇作家の上田誠が主宰する劇団ヨーロッパ企画に加わって以降は、現在に至るまで、ほぼ全ての劇団ヨーロッパ企画の本公演に出演しています。

舞台を主戦場にしながらも多くのテレビドラマや映画にも挑戦してきた本田力は、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」にも出演。豊臣秀吉の側室・茶々が身ごもったことを揶揄する落書きを見つけた門番の1人で、最初はコミカルな雰囲気だったものの、秀吉の壮絶な怒りに巻き込まれて死に至るという役どころでした。時の権力者の非情さを際立たせる場面に登場した本田力は、短い登場時間ながら印象的な演技で視聴者に強い印象を残しています。

本多力はEテレ「デザインあ」にも出演中!声の演技が光る

本多力が所属しているヨーロッパ企画は、映画「サマータイム・ブルース」や「曲がれスプーン!」(舞台公演時の題は「冬のユリゲラー」)の原作となった作品なども上演してきた人気と実力を兼ね備えた劇団です。企画力が買われてコンテンツ制作に携わることも多く、NHK Eテレの番組制作に関わることも多いと言います。

そのため、Eテレの番組への参加が続いている本多力。身近なデザインに関してさまざまな見方を提示する現在放送中の人気番組「デザインあ」のいくつかのコーナーではナレーションを担当しています。どこかとぼけたテイストでありながらも、内容をしっかりと伝えて視聴者を引き込むナレーションはさすがの一言。舞台で培った表現力が大いに生かされています。

スポンサーリンク

本多力がドラマ「ウシジマくん」でクズ男を好演!独身それとも既婚?

本多力がドラマ「ウシジマくん」に出演してどうしようもないクズ男を好演!

本多力は、2016年に放送された人気ドラマシリーズ「闇金ウシジマくんSEASON3」に出演していました。役どころは、主演の山田孝之演じるウシジマが営む闇金融で借金をして追われることになる男・小瀬です。働く気がまったくないニートの小瀬は、借金が日に日に膨らんでいくばかり。そんなクズ中のクズ男を「いかにもいそう」と感じさせたのは、本田力の演技力があってこそでした。

同年に放送されたドラマ「家売るオンナ」にも出演した本田力は、クールな主人公・三軒家万智(北川景子)の同僚で冴えない営業マンを演じています。タイプは違えどダメ男という共通点を持つ2つの役を見事に演じ分けたことで、本多力は、たしかな演技力があることを証明してみせました。

本多力の気になる恋愛事情にせまる!独身それとも既婚?

本多力は、結婚しているのでしょうか?ネットでは、本田力の結婚相手として、沖縄県出身の女優・上地春奈の名前が出てきます。しかしこれはドラマの中で夫婦役を演じたことがあるためで、実際に2人が結婚しているということではなさそうです。舞台中心に活動しているためか、インタビュー記事などが取り上げられる機会も少なく、プライベートについてはまだまだ謎が多い本田力。若いうちに結婚する舞台俳優も少なくないので、公表していないだけですでに結婚している可能性もゼロではないかもしれません。

スポンサーリンク

本多力がロバート秋山主演の新ドラマ「やれたかも委員会」出演決定!

本多力は、2018年1月27日からAbema TVで放送が開始される新ドラマ「やれたかも委員会」に出演しています。ドラマ「やれたかも委員会」は、吉田貴司の同名人気漫画を原作としている作品です。登場するのは、「もしもあと少し勇気があったら女性と一線をこえられたもしれない」、もっと直接的に言えば「やれたかもしれない」思い出を持った男性たち。

彼らのエピソードを聞いた「やれたかも委員会」の面々が、実際にやれたのかどうかを判定するというストーリーになっています。その「やれたかも委員会」のメンバーを演じるのは、主演のロバート秋山、朝比奈彩と本田力の3人です。ミュージシャンのパラディソ役を演じる本多力は、タイトルにかけて「もっと『やれたかも』と思い残さないようにやり切りたい」とコメントしています。

今のところはドラマや映画で主役を演じることは少ない本田力ですが、個性的な脇役キャラをきっちり表現し、物語に深みや広がりを与えることがとても上手な俳優です。名前が売れ始めても、キャリアのはじまりである舞台俳優としての活動をメインに据えながら活動の場を広げていく姿勢にもとても好感が持てます。

主人公ではないとはいえ、メインキャストに抜擢されたドラマ「やれたかも委員会」は、コメディを得意とする劇団ヨーロッパ企画で活躍する本田力にぴったりです。彼の名前をさらに広く知らしめるまたとない機会になることでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る