KUJUNは浅野忠信の実兄!浅野久順の名で俳優活動をしていた時期も

KUJUNは浅野忠信の実兄!浅野久順の名で俳優活動をしていた時期も出典:https://www.earthcelebration.jp
スポンサーリンク

KUJUNは浅野忠信の実兄!祖父ウィラード・オバリングとはどんな人物?

KUJUNは浅野忠信の実兄!音楽家で若手育成のためのワークショックも展開

KUJUNは、音楽制作を中心に国内外のアートシーンで活躍しているアーティストです。本名は浅野久順(あさのひさとし)と言い、1971年11月14日神奈川県出身。俳優の浅野忠信はKUJUNの実弟です。

自身の「wiowio sounds」という音楽レーベルを持っているKUJUNは、プロデューサーも務め、映画やドラマ、CM、イベント等の音楽作品を多数制作。さらに、ドラマーやDJとしても活躍しています。ニューヨーク近代美術館収蔵品の携帯電話「MEDIA SKIN」のサウンドデザインを手掛けたことで話題を呼び、各界より注目されるようになりました。現在は、ワークショップを開くなど、音楽界の未来のための若手育成にも尽力しています。

KUJUNの祖父のウィラード・オバリングはどんな人物だった?「ファミリーヒストリー」で明かされた事実とは?

母方の祖父がアメリカ人であるKUJUNはクォーターですが、祖父のウィラード・オバリングがどのような人物だったのか、よく知らされないまま育ったそうです。その真実が明らかになったのは、KUJUNの弟・浅野忠信と母親・浅野順子が出演した2010年放送のNHKドキュメンタリー番組「ファミリーヒストリー」でした。

祖父はアメリカインディアンだと思い続けていたKUJUNたちでしたが、番組で北欧系アメリカ人だったことが判明します。終戦直後に日本にやって来たアメリカ兵だった祖父のウィラード・オバリングは、朝鮮戦争の後、アメリカに戻ることになりました。

スポンサーリンク

しかし、異国の地で娘を育てる自信がない妻のイチ子が渡米を拒んだため、一人アメリカに帰国します。「ファミリーヒストリー」では、祖父のウィラード・オバリングはとても几帳面で勤勉な性格で、給仕長としての功績が認められて食堂賞に輝いたという逸話も紹介しました。

62歳で他界しましたが、遺品となった使い古した財布から出てきたのは、唯一の実娘だった浅野順子の幼い頃の写真でした。アメリカに帰国して4年後、連れ子のある女性と再婚して新たな家庭を築いてはいましたが、心の中では日本に残してきた家族のことをずっと思っていたことがうかがわれます。

KUJUNは浅野久順の名で俳優活動をしていた時期も!日本初の快挙とは?

KUJUNは浅野久順の名で俳優活動をしていた時期も!出演作は?

現在は主に音楽界でているKUJUNですが、弟の浅野忠信と同じ俳優として活動していた時期もありました。KUJUNは、映画「眠らない街・新宿鮫」で、1993年に俳優としてデビュー。1995年12月に公開された映画「残雪」では主演を務めています。

スポンサーリンク

東京と長野で遠距離恋愛をする恋人たちを主軸に置いた恋愛映画で、主人公の秋山貴広役を好演したKUJUN。その後も、本名の「浅野久順」名義で、NHKのドラマ「照柿」や「日輪の翼」などに出演していましたが、1997年以降はKUJUN名義に変えて音楽活動にシフトし、国内外で活躍を続けています。

KUJUNが成し遂げた日本初の快挙とは?ヨーロッパのアート祭典に招かれていた

KUJUNは、2011年に、「ヨーロッパ博物館の夜」というイベントで日本人初の快挙を遂げたと話題になりました。「博物館の夜」とは、フランス文化通信省が2005年に創設し、ヨーロッパ42カ国が各々におこなう文化的なフェスティバル。美術館や博物館が深夜まで開館され、さまざまな催しが行われるアートの祭典として知られています。

KUJUNは、ブタペストにあるエルンスト博物館で初監督作品「Fantastic Sydrome(ファンタスティックになりがち)」を上映。さらに、ルドヴィグ・ミュージアムで、ライブ公演「paradigm shift(パラダイムシフト)」を行いました。このように、2つの美術館からメイン公演アーティストとして同時に招かれたKUJUN。これは、もちろん日本人としては初めてのことでした。

KUJUNと弟・浅野忠信の絆は強い!2人が中心となって芸能事務所「アレノ」を再建!?

KUJUNと浅野忠信兄弟が所属しているのは、父親の佐藤幸久が社長を務めていた芸能事務所「アノレ」です。しかし2017年12月に、佐藤幸久が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたため、今後の動きが注目されています。加瀬亮や新井浩文、三浦貴大など個性派で実力のある若手俳優が多数所属している「アノレ」。業績も安定していたようですが、佐藤幸久が容疑を認めたと伝えられていることから、今まで通りというわけにはいかないでしょう。

そのため、今後は、KUJUNと浅野忠信の兄弟2人が中心となって「アノレ」を運営していくのではと言われています。大分前に放送されたテレビ番組で行われたインタビューでは、浅野忠信について聞かれ「優しい人物だ」と語っていたKUJUN。兄弟仲は良いと言い、2人を知る関係者によると、彼らの絆は「親子鷹と言えるほど強い」とか。

事務所の運営を引き継ぐにあたっては、所属タレントたちと話し合いをしながら進めていくようですが、兄弟という血の絆で結ばれているKUJUNと浅野忠信ならば、力を合わせて事務所を再建していけるに違いありません。2017年には主催イベント「Mellow Out」を新たにスタートさせたKUJUN。今後も、世界中のアートシーンで音楽を基盤とする活動を続けながら、各界に影響を与えていくことでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る