真木よう子は父親を脅して芸能界入り?弟や娘との力関係が話題に!炎上の理由や代表作は?

真木よう子は父親を脅して芸能界入りした?若い頃から気が強かった?離婚には両親の姿も影響


真木よう子のプロフィール
◆生年月日:1982年10月15日
◆出身:千葉県
◆身長:160cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:そよかぜ(マネジメント:レプロエンタテインメント)

真木よう子は父親を脅して芸能界入りした?

真木よう子(まきようこ)は、クールな印象の強い実力派女優です。芸能界に興味を持ったのは小学校5年生の時で、同世代である安達祐実の活躍を目にしたことがきっかけでした。

その思いを持ったまま成長し、中学校3年生には俳優の仲代達也が主宰する「無名塾」へ入り、芸能界に進みたいと両親に相談。父親は猛反対したそうです。しかし真木よう子は一歩も引かず、「女優になるのを反対するなら援助交際してやる!」と父親を脅し、強引に無名塾入りを認めさせたそうです。

その結果、真木よう子は1998年に応募者約1000人の中から5人という高い壁を突破して無名塾に入塾。無名塾の同期には滝藤賢一と内浦純一がいます。強い思いを持って入塾したこともあってか、入塾2年目には無名塾公演「どん底」にて主要キャラクターであるナターシャに抜擢。仲代達矢は、同公演での真木よう子の演劇を大絶賛したそうです。

真木よう子が無名塾を退塾した事情!

無名塾で着実に女優への道を突き進んでいくかと思われた真木よう子ですが、ある日、事件が発生します。無名塾では、早朝の持久走が日課でした。ある日、真木よう子は少しでも多く稽古したいという向上心から早くこれを済ませ、一人で発声練習をしていたのだそう。

この姿を見た仲代達矢は、真木よう子が持久走をサボったと勘違いして大激怒。納得のいかなかった真木よう子は仲代達矢に怒鳴り返し、勢いのまま無名塾を退塾してしまいます。

無名塾を飛び出した後も女優活動を続け、2006年7月公開の映画「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞の新人賞を受賞したた真木よう子。以降も様々なドラマ、映画で活躍しています。若い頃から意志が固く、気が強かったからこそ、今の地位を築くことができたのでしょう。

真木よう子の父親と母親は離婚していた!元夫・片山怜雄との別れにも影響

真木よう子は、幼少期に両親が離婚していたことから、少女時代には心の葛藤があったようです。温かな家庭を望んでいた真木よう子は2008年11月に元俳優の片山怜雄と結婚し、2009年5月に長女を出産しましたが、2015年9月に離婚しています。

離婚理由について真木よう子は「娘に同じ思いをさせたくないというのがあって、だから早々に離婚した」と、2021年1月にバラエティ番組「突然ですが占ってもいいですか?」に出演した際に語っています。

子供にとってはどちらも大好きな父親と母親なのに、その両親が不仲な状態で過ごす辛さを案じ、「離れてしまって、娘が(父親・片山怜雄と真木よう子の間を)行き来したほうが良い」という思いから、娘が幼いうちに離婚という道を選んだそうです。

別のインタビューでは母親について、幼少期には「些細(ささい)なことで『何なの!?』と思うことはあった」とした上で、「今は感謝しかない」と、心境を明かしていました。

滝藤賢一は知らない人などいない名バイプレイヤー!ドラマ・CMで大活躍

真木よう子は映画監督にも喧嘩を売ったことがある?映画やドラマの代表作は?

真木よう子は映画監督にも喧嘩を売ったことがある?周りからの評判は?

無名塾入塾のために父親を脅したり、大先輩である仲代達矢に怒鳴り返したりと、半生を振り返ると真木よう子は非常に気が強いことが分かります。当の本人は、この理由を「男兄弟の中で育ったせい」と話しています。

真木よう子は4人兄弟で唯一の娘で、男ばかりの兄弟に囲まれたことが気の強い性格に影響していることは間違いなさそうです。

映画「ゆれる」のオーディションで控え室に入ってきた若い女性をライバルと認識し「きやがったな、この野郎!」と睨みつけたところ、その女性は同作の監督・西川美和だったことなど、真木よう子の気の強い性格を示すエピソードには事欠きません。

しかし、彼女のそんな気の強さは疎ましく思われてはいないようで、俳優の和田聰宏からは「サバサバした性格。昔の女優の香りがする」と評価を受けています。

真木よう子の代表作は?話題作に多数出演!

数々の話題作に出演し、日本を代表する女優の1人と評される真木よう子。演技力の高さには定評があり、演出家の大根仁は舞台で初めて真木よう子を見た時の印象を「すごい女優が現れたと感じた」と語っています。

また、俳優の池田鉄洋からも「リアリティという言葉がチープに感じるくらい自然な演技をする人」と絶賛されています。このように女優として確固たる地位を築いている真木よう子の代表作として挙げられるのは、映画「ゆれる」でしょう。

女優としての評価を上げるきっかけになった同作で、真木よう子はオダギリジョー演じる主人公の兄弟の一人、早川猛の昔の恋人・川端智恵子を熱演しています。猛の兄であるもう一人の主人公・稔を演じた香川照之ら共演者の演技も素晴らしく、タイトル通り様々な思いにゆれる主人公の姿が鋭く描かれています。

ドラマでの代表作は、2007年11月より放送された「SP 警視庁警備部警護課第四係」が一番に挙げられるのではないでしょうか。岡田准一が主演を務めた同作はフジテレビ系列で放送された連続ドラマの中でも屈指の人気を誇り、二本制作された劇場版も大ヒットしました。

同作で男勝りの女性警官・笹本絵里を熱演した真木よう子はかなり気合を入れて撮影に臨んだといい、「女のカッコイイ時代を作りましょう。ヨロシク」と集まったエキストラに向かって叫び、士気を高めたのだとか。

この他にも初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」、歌手デビューを飾るきっかけとなり、「第37回日本アカデミー賞」の最優秀主演女優賞をはじめ数々の映画賞を受賞した「さよなら渓谷」など、真木よう子の渾身の演技を堪能できる作品は多数あります。

松田ゆう姫は松田優作の娘で兄は龍平と翔太!闇の時代を告白?彼氏・村本大輔との結婚はある?

真木よう子のツイッターが炎上したコミケ騒動とは?ドラマ「炎上弁護人」で主演!

真木よう子はコミケ出展をめぐってツイッターが炎上していた

コミケとはコミックマーケットの略称で、毎年年末に開催されるイベント。真木よう子は2017年8月、同年冬に開催の「コミックマーケット93」に自身の写真集を出展することをツイッターで表明しました。これに対してコミケファンから批判が殺到し、ツイッターが大炎上してしまいました。

真木よう子は「すべてのことに対し、無知な私の責任です」と謝罪。コミケへの参加表明を取り消し、騒動の発端となったツイッターアカウントも削除しています。

真木よう子のツイッターが炎上した原因は、クラウドファンディングで制作費を募った写真集を出展しようとしたことにありました。コミケに出展される作品の大半は出展者が自費で作成する同人誌であるため、趣旨が違うという意見が多数に上り、騒動へと発展してしまったようです。

クラウドファンディングで写真集を作ることには何の問題もありませんが、販売しようとした場所が適切ではなかったということなのでしょう。

真木よう子は「炎上弁護人」で主演!

真木よう子は2018年12月に放送されたスペシャルドラマ「炎上弁護人」にて主役を演じていました。真木よう子が演じた役はネットの闇に挑むアウトローな弁護士・渡会美帆で、真木よう子初の弁護士役でした。

オファーを受けた時は「専門用語などのセリフの羅列ばかりなんじゃないかと」と不安に思ったものの、「本当に自分が助けたい依頼人の弁護だけをやっているという設定。しかも話題のSNSを取り上げる役ということで、そんなにお堅い役ではない」と感じて役を受けたとか。

過去に自身のツイッターが炎上したこともある真木よう子は、その経験も役に生かすことができたようです。

佐倉綾音のラジオ発言で大炎上!?人気声優との恋の噂の真相は!?

真木よう子の弟はマネージャー!娘とは姉妹のような仲?再婚する可能性は?

真木よう子の弟はマネージャー!娘とは姉妹のような仲!

真木よう子のマネージャーは実弟で、弟を通して真木よう子の裏話が登場することもしばしば。たとえばドラマの収録中許せない人がいて、弟の耳元で「あいつボコってこい」とささやいていたこともあるのだとか。

この暴露については、ある人物が本人より年下の女性ADに対してキツイ言い方で当たっていたことが気に入らず、ブチ切れたと理由を語っています。マネージャーを務める弟も、そんな姉御肌の真木に何度も「ボコられた」ことがあるのだそう。

そんな真木よう子は娘を溺愛しており、娘から男性を遠ざけたいと「恋愛すると死ぬよ」と嘘をついてみたそうです。しかし当時もう10代になっていた娘は「死にゃあしない」とだまされなかったとのこと。

娘とは姉妹のような仲だそうですが、「姉妹みたい。向こうがお姉さん」と話していました。弟や周囲に対して強気な真木よう子が、娘の前では妹キャラになってしまうというのも微笑ましい話ですが、良い親子関係を保っているようです。

真木よう子の再婚はある?ドラマ出演が続き女優業に邁進中!

真木よう子は現在シングルマザーとして子育てをしながら役者として活躍していますが、果たして再婚の可能性はあるのか気になる方もいるでしょう。

2021年1月にバラエティ番組「ダウンタウンなう」にゲスト出演した際、真木よう子は現在の恋愛事情について話題をふられると「なぁーーーーんにもない」とはっきりと答えています。

どういう人が真木よう子のバリアを超えられるのかについて聞かれた際は「すごい遊んでいる人とかだったりする」と告白。「困るじゃないですか。遊んでる人ほど図々しいのでズカズカ入ってくる」と笑いながら答えており、積極的にアプローチされた経験はあるものの放送時点で付き合っている人はいないようで、近々再婚という可能性は低そうです。

真木よう子は、2021年3月放送のスペシャルドラマ「ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイル」にて主役で「ハクタカ」の異名を持つ武蔵野東署の巡査部長・白鷹雨音を演じ、2021年4月11日より放送のドラマ「ネメシス」に出演するなど、役者として絶好調です。

今はプライベートの恋愛よりも、娘との生活や女優業に邁進している様子の真木よう子。これからも、その活躍に注目していきましょう。

真木よう子の大人の魅力がステキすぎる!性格も役作りも男前!
大西信満は映画「キャタピラー」で難役を熱演!真木よう子との出会いは財産
西川美和「夢売るふたり」「ゆれる」美人映画監督の作品がスゴイ!

関連記事

ページ上部へ戻る