真木よう子は父親を脅して芸能界入りした!?代表作は?コミケ炎上事件とは?

真木よう子は父親を脅して芸能界入りした!?若い頃から気が強かった?

真木よう子は女優です。1982年10月15日生まれ。千葉県印西市出身です。芸能界に興味を持ったきっかけは小学校5年生の時、真木よう子と同世代である安達祐実の活躍をみたことだったそうです。

その思いを持ったまま成長し、中学校3年生には俳優の仲代達也が主宰する「無名塾」へ入り、芸能界に進みたいと両親に相談。父親は猛反対したそうです。しかし真木よう子は一歩も引かず、「女優になるのを反対するなら援助交際してやる!」と父親を脅し、強引に無名塾入りを認めさせたそうです。

その結果、真木よう子は1998年に応募者約1000人の中から5人という高い壁を突破して無名塾に入塾。ちなみに、無名塾の同期には滝藤賢一と内浦純一がいます。

このような強い思いを持って入塾したこともあってか、入塾2年目には無名塾公演「どん底」にて主要キャラクターであるナターシャに抜擢。仲代達矢は、同公演での真木よう子の演劇を大絶賛したそうです。

このまま着実に女優への道を突き進んでいくかと思われた真木よう子ですが、ある事件が起きます。

無名塾では、早朝の持久走が日課となっています。ある日、真木よう子は少しでも多く稽古したいという向上心から早くこれを済ませ、一人で発声練習を行っていました。この姿を見た仲代達矢は、真木よう子が持久走をさぼったと勘違いして大激怒。これに納得のいかなかった真木よう子が、仲代達矢に怒鳴り返すという事件が発生。この勢いのまま、真木よう子は無名塾を退塾してしまうのです。

その後も女優活動を続けた真木よう子は、2006年には映画「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞 新人賞を受賞。以降も日本を代表する女優の一人として、活動を続けています。

真木よう子は映画監督にも喧嘩を売ったことがある?周りからの評判は

無名塾入塾のために父親を脅したり、大先輩である仲代達矢に怒鳴り返したりと、半生を振り返ると真木よう子は非常に気が強いことがわかりますね。当の本人は、この理由を「男兄弟の中で育ったせい」と話しています。実際に真木よう子は4人兄弟で唯一の娘で、男兄弟に囲まれたことが気の強い性格に影響していることは間違いなさそうです。

映画「ゆれる」のオーディションで、控え室に入ってきた若い女性をライバルと認識し「きやがったな、この野郎!」と睨みつけたところ、その女性は同作の監督・西川美和だったいうこともあるそうで、気の強いことを示すエピソードには事欠きません。

しかし、そんな真木よう子の性格は疎ましく思われてはいないようで、俳優の和田聰宏からは「サバサバした性格。昔の女優の香りがする」と評価を受けています。

話題作に多数出演!真木よう子の代表作は?

数々の話題作に出演し、日本を代表する女優の一人と評される真木よう子。演技力の高さには定評があり、演出家の大根仁からは「(舞台で彼女を初めて見たとき)すごい女優が現れたと感じた」と評価されています。

また、俳優の池田鉄洋からも「リアリティという言葉がチープに感じるくらい自然な演技をする人」と絶賛されています。このように女優として確固たる地位を築いている真木よう子の代表作として挙げられるのは、映画「ゆれる」でしょう。

女優としての評価を上げるきっかけになった同作で、真木よう子は主人公の昔の恋人役を熱演しています。オダギリジョーや香川照之ら共演者の演技も素晴らしく、観て損をすることはないでしょう。

ドラマでの代表作は、「SP 警視庁警備部警護課第四係」が一番に挙げられるのではないでしょうか。フジテレビ系列で放送された連続ドラマの中でも屈指の人気を誇り、二本制作された劇場版も大ヒットした作品です。真木よう子は同作で、男勝りの女性警官を熱演しています。かなり気合を入れて撮影に臨んだといい、「女のカッコイイ時代を作りましょう。ヨロシク」と叫んだという逸話が残っています。

この他にも初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」や、歌手デビューを飾るきっかけとなった「さよなら渓谷」など、真木よう子の代表作と呼べる作品は多数。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

真木よう子がコミケ出展で炎上!?その原因とは?

コミケとはコミックマーケットの略称で、毎年年末に開催されるイベントです。真木よう子は2017年8月、同年冬に開催の「コミックマーケット93」に自身の写真集を出展することをTwitterで表明しました。これに対してコミケファンから批判が殺到し、結局「すべてのことに対し、無知な私の責任です」と謝罪してコミケへの参加表明を取り消し、騒動の発端となったTwitterアカウントも削除しています。

炎上の原因は、制作費をクラウドファンディングで募った写真集を出展しようとしたことにありました。コミケに出展される作品の大半は出展者が自費で作成する同人誌であるため、「人のお金で作った作品をコミケで出展するのはお門違い」という意見が多数に上り、騒動へと発展してしまったようです。

もちろん、クラウドファンディングで写真集を作ることには何の問題もありませんが、販売しようとした場所が悪かったということなのでしょう。

プライベートでも話題になりながらも、女優として輝かしい活躍を続ける真木よう子。今後も映画やドラマなど様々な作品に出演し、話題を振りまいてくれることでしょう。これからの活躍に、ますます目が離せません。

真木よう子の大人の魅力がステキすぎる!性格も役作りも男前!
大西信満は映画「キャタピラー」で難役を熱演!真木よう子との出会いは財産
西川美和「夢売るふたり」「ゆれる」美人映画監督の作品がスゴイ!

関連記事

ページ上部へ戻る