滝藤賢一は知らない人などいない名バイプレイヤー!ドラマ・CMで大活躍

「滝藤賢一」という名前にピンとくる人は少ないかもしれませんが、顔を見て分からない人は最早いないでしょう。脇役をやらせたら天下一品、名バイプレイヤーとしてその名をほしいままにしている、エージェントオフィスタクト所属の俳優です。

1976年に愛知県の名古屋市で生まれ育った滝藤賢一は、元々は映画監督志望だったといいます。作品づくりに燃える気持ちを抱えながら東京に訪れたものの、「バレット・バレエ」という映画のオーディションに受かったことをきっかけに、監督には向いていないことを察して俳優を目指すようになったそうです。

主な出演作はドラマ「龍馬伝」「半沢直樹」「半分、青い。」、映画「ゴールデンスランバー」「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」など。2013年7月からTBS系列で放送されたドラマ「半沢直樹」の近藤直弼役で一気に知名度を上げた滝藤賢一。オリコン調べ「2013年ブレイク俳優ランキング」において8位にランクインするほど注目されました。

2017年末に見せた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」笑ってはいけないシリーズで見せた、迫真のハッピーボーイコラボも記憶に新しいところです。そんな滝藤賢一の俳優としての魅力に、あらためて迫ります。

ドラマ多数出演!話題作に滝藤賢一あり

個性的な脇役での作品出演が目立つ滝藤賢一。話題作・人気作の陰には滝藤賢一ありと言っても過言ではないかもしれません。主な代表出演作は「貴族探偵」「龍馬伝」「半分、青い。」「半沢直樹」「13歳のハローワーク」など。2019年1月から3月まで放送されたTBSドラマ「グッドワイフ」では、佐々木達也役として検察官を演じています。

主演の常盤貴子・唐沢寿明とともに登壇した本作の記者会見では、「弁護士チームは楽しそう、我々検察官チームは若干ギスギスしていて…」と苦笑しながらコメント。「裏切り者」の1人として候補に挙げられているストーリー進行の中で、確固たる存在感を見せているのは流石です。脇をしっかり固める名バイプレイヤーとして、滝藤賢一の俳優としての真髄が発揮される作品でもあります。

滝藤賢一といえば、2018年10月から放映されている「レイクALSA」のCMも話題です。筧美和子とともに出演するこちらのCMでは、いつもとはちょっと違ったコミカルな滝藤賢一が見られます。

松尾諭と田口浩正の見分けがつかない!コミカルな演技もそっくり!?

滝藤賢一の嫁も無名塾出身!

滝藤賢一は、2009年に結婚しています。お相手は一般人女性で、栄養士をしているそう。しかし、元は滝藤賢一と同じく「無名塾」出身の女優だったというから驚きです。

各番組でその家族愛・子煩悩ぶりを発揮している滝藤賢一。仕事が終わればすぐさま帰宅し、料理以外の家事や子育てにまつわる雑事はすべて引き受けるという良い旦那像を語っています。4人の子どもを育てる家庭にとって、ここまで家のことを請け負ってくれる旦那さんは心強いですね。

そんな滝藤賢一ですが、30歳過ぎまで両親から仕送りをもらっていたことを暴露してもいます。若い頃から小劇場での公演に出演し続けていたため、実入りが少ないにも関わらずアルバイトに時間を割くこともできなかったのだそう。

通帳残高が厳しくなってくると一定額を入れてもらうという生活を、結婚して生活が安定するまで継続していたといいます。現在は出演作が目白押しの滝藤賢一ですが、下積み時代には相当な苦労があったのですね。

滝藤賢一の愛用品はタートオプティカル?メガネ愛がスゴい!?

滝藤賢一はメガネ姿も印象的で、普段の私服もおしゃれだということで注目されています。その注目度合いはなんと、ファッション雑誌でもよく特集が組まれるレベル。

「趣味は服とメガネだ」と自ら公言するほど強いこだわりを持ち、出演作品や番組ごとにメガネを変えるほどの徹底ぶり。そんな滝藤賢一愛用のメガネブランドは「タートオプティカル」だと判明しています。

後藤正文の離婚の噂の真相は?嫁はどんな人?メガネがおしゃれと話題に?

「タートオプティカル」は、アメリカ・ニューヨークのタート・オプティカル・エンタープライズィズ社にて展開されているブランドで、1950年初頭に創業。ジョニー・デップも愛用しているメガネブランドとして有名で、残念ながら現在は廃業してしまっているために、中古モデルの取り扱いのみとなっています。

価格帯は大体4万円台から20万円台とピンキリ。滝藤賢一に似合いそうな丸メガネが中心のラインナップになっています。

滝藤賢一は意外と高身長?

少々、小柄なイメージのある滝藤賢一ですが、身長は177cmと平均よりも高めです。2019年4月13日からテレビ朝日系列で放送がスタートしたドラマ「東京独身男子」では、主演の高橋一生、斎藤工らと温泉シーンで見事なボディも披露し、話題を呼んでいます。

そんな滝藤賢一は元々映画監督を志しており、かの北野武のように自ら出演・監督も手掛けるプレイヤーになりたいと考えていたそう。その後、映画「バレット・バレエ」オーディション参加を機に、自分は監督よりも俳優一本の方が向いていると実感。1998年に「無名塾」の劇団員となって場数を踏み、今日まで力を磨いてきました。

舞台を中心に研鑽を積んできた滝藤賢一ですが、10年経った2008年に「無名塾」を退所。ドラマや映画など映像作品において、他に類を見ない名バイプレイヤーと称される俳優に。シリアスな場ではシリアスに、コメディな場ではどこまでもコメディに徹する、空気に溶け込みつつも本気を忘れない姿勢に各所から評価が集まっています。

2019年4月20日から放送を開始した「ザ・リアリティ・ショー ~突然コマーシャルドラマ2~」ではストーリーテラーを務め、本編にCMを組み込むという画期的な作品の面白さを引き立たせている滝藤賢一。脇でストーリーに深みを出す役どころは、滝藤賢一という俳優が最も輝く場といえるのかもしれません。今後の出演作も楽しみですね。

<こちらもおすすめ!>

滝藤賢一の中国人と見紛う演技力!「重版出来!」の裸体も凄かった!
滝藤賢一 妻、子供は?無名塾の同期は?出演ドラマ「ウロボロス」「俺のダンディズム」「半沢直樹」あらすじネタバレ
役所広司は元公務員だった?!実はお茶目?嫁や息子も俳優?

関連記事

ページ上部へ戻る