レニー・ゼルウィガーが映画「ジュディ 虹の彼方に」でアカデミー賞受賞!芸能界長期休止の理由は?

レニー・ゼルウィガーが芸能界活動を長期にわたり休止していた!?理由は?


レニー・ゼルウィガーのプロフィール
◆生年月日:1969年4月25日
◆出身:アメリカ・テキサス州
◆身長:160cm

レニー・ゼルウィガー、6年間も芸能界活動を休止していた?

レニー・ゼルウィガーはアメリカ出身の女優で、1993年に映画デビューを果たしてから映画を中心に多くの作品に出演し、演技派女優として世界的な女優となりました。

毎年多くの作品に出演していた中で、2010年から芸能界活動を6年間という長期間にわたり休止したことで話題になりました。

レニー・ゼルウィガーの活動休止の理由とは?復帰後に明らかに!

レニー・ゼルウィガーが活動を休止した2010年は、彼女が41歳になる年でした。

ハリウッドでは女優は40歳を過ぎると役柄が限定されるため、オファーが激減すると言われています。レニー・ゼルウィガーは2009年頃から映画が興行的に失敗に終わったり、劇場公開されずにDVDスルーとなる作品が出てくるといったことがあり、若い頃と比べると活躍が減ったと言わざるを得ない状況でした。

6年間の活動休止を経て、レニー・ゼルウィガーは2016年に女優復帰を果たしました。その後、イギリスのファッション誌「VOGUE(ヴォーグ)」のインタビューを受け「疲れていました。プロジェクトの合間に取るべき休暇を取れていませんでした」と活動休止を決断した理由を明かしています。

アンジェリカ・ロスはアメリカの実業家、女優!トランスジェンダーの権利を訴えていた!?

レニー・ゼルウィガーのプロフィールや代表作を紹介!

レニー・ゼルウィガーは文学士号を取得していた!

レニー・ゼルウィガーは1969年4月25日生まれ、アメリカのテキサス州出身です。テキサス大学オースティン校時代に英語の文学士号を取得していますが、演劇に興味を持った彼女は大学卒業後にオーディションを受け、CMなどに出演するようになります。

そんなレニー・ゼルウィガーが女優としてブレイクするきっかけとなったのは、1996年12月にアメリカで公開された映画「ザ・エージェント」。トム・クルーズの相手役に抜擢された同作は世界で約300億円の興行収入を記録する大ヒット映画となり、レニー・ゼルウィガーの出世作となりました。

レイトン・ミースターはアメリカ合衆国の女優!テレビドラマ「ゴシップガール」で有名な彼女の夫は!?

レニー・ゼルウィガー、「ブリジット・ジョーンズの日記」などで演技派女優として認知!

「ザ・エージェント」で女優としてブレイクしたレニー・ゼルウィガーはキャリアを重ねるにつれ、演技派女優として認知されるようになります。

そのきっかけとなったのは、2000年9月公開の映画「ベティ・サイズモア」でした。同作で主人公のベティを演じたレニー・ゼルウィガーは、ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を受賞しています。

さらに、2001年9月に日本でも公開された映画「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」では役作りのために体重を13キロ増やし、イギリスアクセントを取得して30代の独身女性をリアルに演じたことで評価を高め、アカデミー主演女優賞にノミネートされました。

メリル・ストリープはアカデミー賞受賞女優!ゴールデングローブ賞を8回受賞の快挙を達成する女優の夫との出会いはまさかの弟の友達!?

レニー・ゼルウィガーが映画「ジュディ 虹の彼方に」で念願のアカデミー賞主演女優賞を受賞!

レニー・ゼルウィガーが念願のオスカー女優に

レニー・ゼルウィガーは「ブリジット・ジョーンズの日記」でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートにされましたが、惜しくも受賞には至りませんでした。さらに、翌2002年12月公開の「シカゴ」でも、ゴールデングローブ賞の主演女優賞は受賞しながら、アカデミー賞では主演女優賞の栄冠を逃しています。

しかし、2003年12月公開のアメリカ映画「コールド マウンテン」でアカデミー賞助演女優賞を受賞。そして2019年9月公開のアメリカ映画「ジュディ 虹の彼方に」で、ついに念願のアカデミー賞主演女優賞に輝きました。オスカー女優となった同作で、レニー・ゼルウィガーはゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞でも主演女優賞を受賞しています。

「ジュディ 虹の彼方に」は17歳の頃に映画「オズの魔法使い」で主演ドロシー役に抜擢されてスターとなったジュディ・ガーランドの伝記映画です。世界的なスターになった一方で神経症と薬物中毒に苦しみ、47歳でこの世を去ったジュディ・ガーランドの晩年に焦点を当て、恋や子供たちとの関係性が描かれています。

同作は、2016年9月公開の「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」で女優業に復帰して以降、初となる大きな賞を総なめにしたレニー・ゼルウィガーの演技力が、再び注目を集める作品となりました。

レニー・ゼルウィガー出演のドラマがNetflixで配信中

2019年に50歳を迎え、円熟味を増したレニー・ゼルウィガー。これまで映画をメインに出演していましたが、同年5月から配信をスタートしたドラマシリーズ「What/If 選択の連鎖」に出演。シリアスなドラマで深みのある演技を見せています。同作は日本でもNetflixで視聴できます。身近にいそうなブリジット・ジョーンズを演じて日本でも多くの女性から共感を得たレニー・ゼルウィガーの違った顔を見られる作品が、今後も増えていくことに期待したいものです。

ヘイデン・パネッティーアがDV被害にあっていた!?一躍注目を浴びた作品とは!?
サンドラ・オーはカナダ出身の女優!ゴールデン・グローブ賞を受賞した彼女の出演作品を一挙公開
アマンダ・サイフリッドの夫は俳優のトーマス・サドスキー!交際6ヶ月で婚約するスピード婚だった!?

関連記事

ページ上部へ戻る