阪口大助が結婚しているのに彼女と旅行?お相手は「ラブプラス」キャラ!

阪口大助が結婚しているのに彼女と旅行?お相手は「ラブプラス」キャラ!出典:http://festy.jp
スポンサーリンク

阪口大助が結婚しているのに彼女と旅行?お相手は「ラブプラス」キャラ!

阪口大助が結婚しているのに彼女と旅行?お相手は「ラブプラス」キャラ!

阪口大助は、アニメ「銀魂」志村新八役などで知られている声優です既婚者であると公表しており、妻は、アニメ雑誌の元編集者だと言います。そんな阪口大助が、2014年に、別の女性と、日光・鬼怒川旅行を楽しんでいたとは穏やかではありません。

しかし、その相手とは、本物の女性ではなく、ゲーム「ラブプラス」のキャラ。実は、ゲーム内イベントの1泊2日の日光・鬼怒川旅行をリアルに体験できるイベントに、坂口大助がゲストとして参加したためでした。「ラブプラス」は、2009年に発売された恋愛シミュレーションゲームで、登場するヒロインは、高嶺愛花、小早川凛子、姉ヶ崎寧々の3人。

その中で阪口大助がハマっているのは高峰愛花ですが、先行プレイ時に彼女に選んだのは姉ヶ崎寧々だったと旅行イベント内のトークショーで明かしたところ、場内は浮気疑惑でざわつくことに。阪口大助は、「自分の愛花と(セーブデータで)来るためですよ!」と、浮気ではないことを必死に弁明したとのことです。

阪口大助はアルビレックス新潟の熱烈なファン!仕事でも本命以外の応援はしたくない

阪口大助は、サッカー好き声優としても知られています。特にお気に入りのチームは、自身の出身地・新潟を本拠地とするアルビレックス新潟です。阪口大助のアルビレックス新潟愛を示すエピソードを紹介しましょう。2017年、JリーグでJ1復帰を目指す東京ヴェルディは、アニメ「銀魂」とコラボして、試合会場限定のコラボグッズ販売などを行っていました。

スポンサーリンク

「銀魂」コラボの一環として、スタジアムでは、オリジナルボイスドラマも流れることになりました。坂田銀時役の杉田智和によると、事前に行われたアフレコ時の阪口大助の表情は「この世の終わりみたいな顔になってて」。熱烈なアルビレックス新潟ファンである阪口大助にとっては、仕事と言えど、本命以外のチームを応援することにはかなりの葛藤があったのでしょう。

阪口大助のデビューは「Vガンダム」の主役!実写版の菅田将暉よりも志村新八っぽい!?

阪口大助のデビューはアニメ「Vガンダム」の主役!デビュー作で夢が叶った?

1973年10月11日生まれの阪口大助は、子供の頃にガンダムにはまり、進路を決定する際に声優を志したことから、声優を養成する青二塾を経て青二プロダクションに入所。初めてオーディションに受かり、阪口大助のデビュー作となったのが、なんとアニメ「機動戦士Vガンダム」の主役ウッソ・エヴィン役でした。憧れだったガンダムシリーズの主役でデビューという、最高の形で夢を叶えた阪口大助。

しかし、いきなりの大役は荷が重かったようで、アフレコ時には富野由悠季監督が望む演技に届かず、リテイクも多かったと言います。このように当時はずいぶん苦労したようですが、今となっては、土台をしっかり作ることができて良かったと思っているそうです。

スポンサーリンク

阪口大助の方が実写版の菅田将暉よりも志村新八っぽい!?舞台挨拶で2人の志村新八が揃った!?

阪口大助演じるアニメ「銀魂」の志村新八は、ハチャメチャなキャラばかりが登場する「銀魂」においては、かなり常識人な突っ込み役で、黒髪にメガネがトレードマーク。阪口大助は、そんな志村新八とソックリだと言われていて、「リアル新八」とも呼ばれています。リアルと言えば、2017年に劇場公開された実写版の「銀魂」は、坂田銀時役を小栗旬、志村新八役を菅田将暉が演じて大ヒットを記録しました。

菅田将暉は、志村新八役を演じるにあたり、アニメ版「銀魂」を見てかなり研究して撮影に臨んだと言います。実写版「銀魂」の大ヒット御礼舞台挨拶には、サプライズで阪口大助も登場したことで、2人の志村新八が揃ったと場内は大盛り上がりに。この時、志村新八のように眼鏡をかけて登場した阪口大助は、声だけでなく、見た目的にも、菅田将暉より志村新八っぽいと話題になりました。

阪口大助がアニメ「刀剣乱舞-花丸-」第二期から新刀剣男子役で登場!「血界戦線 & BEYOND」イベントにも出演決定!

アニメ「銀魂」志村新八や「血海戦線」レオナルド・ウォッチなど、勢いのある突っ込み役に定評のある阪口大助。現在放映中のアニメ「刀剣乱舞-花丸-」第二期では、新刀剣男子の不動行光役で出演しています。アニメ「刀剣乱-花丸-」は、大人気ゲーム「刀剣乱舞」を原作としたアニメで、刀剣男士たちの平穏な日常を軸に、激しい戦闘シーンや、さまざまな葛藤を織り交ぜつつ描いた物語。

第4話から登場となった阪口大助演じる新刀剣男士の不動行光は、織田信長の愛刀とされている刀です。酒を片手に酔っぱらってばかりの不動行光について、阪口大助は、「純粋で、でも心はそれほど強くなくて。だから酒に逃げてるのかな」と性格を分析。

しかし、飲んでいるのは甘酒であることを挙げ、「ホントは酔ったフリして、弱い自分を誤魔化しているだけかも」とさらに深読みしています。自信ありげに語っていたかと思えば自嘲するなど、内面に複雑なものを抱えている不動行光は、一筋縄ではいかないキャラと言えそうです。

また、2017年秋に放送されていたアニメ「血界戦線 & BEYOND」のスペシャルイベントが、2018年2月18日に行われることが予定されており、阪口大助も出演が決定しています。内容は、トーク&バラエティと朗読劇とのことなので、アニメ同様に賑やかなイベントとなりそうですね。

年齢を重ねていけばいくほど、若いキャラと実年齢の差は広がっていきますが、阪口大助の声には年齢を感じさせない魅力があります。阪口大助は、今後さらに年齢を重ねていっても、その声を活かして幅広い役柄を演じ、声優界で活躍し続けていってくれることでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る