菅井友香は学習院女子大学出身!長濱ねると不仲説の真相は?

スポンサーリンク

菅井友香は学習院女子大学出身!父親の職業は?

菅井友香の通う学習院女子大学には皇族の姫君も!

人気アイドルグループ欅坂46のキャプテンとして活躍している「ゆっかー」こと菅井友香(すがいゆうか)は、学習院女子中・高等科から学習院女子大学へ内部進学しています。

学習院女子大学と言えば、古くから皇族の姫君たちが通ってきた学校としても有名ですが、欅坂46でのアイドル活動と学業の両立に励んでいた菅井友香の姿も当然多数目撃されています。大学では馬術部に所属する一方で、2017年度末には2万字に及ぶ卒業論文を提出するなど、キャンパスライフも充実していた様子の菅井友香。

大作となった卒業論文が完成したときには号泣するほど感激したそうで、ファンからも「ゆっかー、お疲れ様」といたわる声がかけられていました。

菅井友香は軽井沢に別荘を持つ本物のお嬢様!父親の職業は?

菅井友香の実家は、正真正銘のお金持ちでお嬢様キャラでも人気です。実家について具体的に明かされているわけではありませんが、菅井友香が自ら「軽井沢に別荘がある」と発言しており、父親は資産家、医師や弁護士、あるいは政治関係等が噂されています。そのほかにも、小学校5年生から乗馬教室に通い始めた、学習院女子出身など、いかにもお嬢様らしいプロフィールに事欠きません。

スポンサーリンク

菅井友香は乗馬で入賞多数の腕前!長濱ねると不仲説の真相は?

菅井友香は乗馬で入賞多数の腕前!馬術大使にも任命

自宅で飼っているスコティッシュフォールドのトムを溺愛している菅井友香の動物好きは幼少の頃から変わらないそうです。馬も大好きだったことから小学校5年生から始めたのが乗馬でした。欅坂46加入前も、2011年の全日本ジュニア馬場馬術大会で2位、2013年の東京都馬術大会で決められた動きの完成度を競うM1課目で1位を記録するなど、菅井友香の馬術の腕前は相当なものです。

2016年10月、欅坂46加入後に行われた馬術大会「ジャパンオープン」にエントリーした際には、乗馬歴10年にして初めてとなる障害飛越に挑戦し、見事7位に入賞しました。その後も障害馬術を続けており、2017年の東関東馬術大会で1位となるなど菅井友香の快進撃は続いています。

そうした実績が買われて、2017年には日本馬術連盟の「馬術スペシャルアンバサダー」にも任命された菅井友香。馬術競技の魅力を熱く語る彼女の様子は、馬術アンバサダーを紹介している日本馬術連盟のサイト「A to Zinba」で見ることができます。

スポンサーリンク

菅井友香は長濱ねるからイジメを受けていた?不仲説の真相は?

欅坂46のキャプテンとしてメンバーを率いて頑張っている菅井友香と不仲説が囁かれたのは、同じ欅坂46メンバーの長濱ねるです。きっかけは、ストリーミングサービス「SHOWROOM」で配信された、菅井友香と長濱ねる、佐藤詩織、齋藤冬優花4人のメンバーが出演していた動画でした。

そこには、菅井友香の発言を強引に遮ったり、視聴者に対応している菅井友香に冷やかなコメントをしたり、彼女の座っている椅子を軽くキックする長濱ねるの姿が。菅井友香が、長濱ねるの冷たい対応に悲しそうな表情を見せたことから、ファンから「イジメなのでは?」「動画配信時はケンカ中だった?」との疑いを受けてしまいました。

しかし、その後の雑誌取材では仲良くじゃれ合う2人の姿が掲載されたことなどから、イジメではなくイジりだったと、不仲説は一応終息した様子です。とはいえ、ファンをかなり動揺させたことは事実で、不仲説が流れた後には長濱ねるのファン離れが起きたと言われています。

菅井友香、初の日本武道館公演が中止に!次回こそ「大好きなメンバー全員で」

2018年1月30日から2月1日にかけて行われる予定となっていた、欅坂46初の日本武道館公演を心待ちにしていたファンも多かったことでしょう。しかし、2017年末に行われた紅白歌合戦で、主力メンバーの1人である平手友梨奈が怪我を負ったことから、日本武道館公演は、けやき坂46へバトンタッチ。

公演開催が発表された当初は、日本武道館の近くに住んでいたなど、自身のお嬢様キャラに絡めてニュースを盛り上げていた菅井友香。やむを得ない事情によるとはいえ、初の大舞台に立てなかったことは、欅坂46キャプテンとしてもとてもショックな出来事だったに違いありません。しかし、公演中止については、「申し訳ない気持ちでいっぱい」とファンに謝罪しながらも、続けて「次は大好きなメンバー全員で舞台に立ちたい」ともコメント。

リーダーの菅井友香が次に向けた熱い想いを明かしたことで、一度は落胆してしまったファンたちも、今後の欅坂46の活動に期待を持ち、応援にはさらに力を入れていくものと思われます。公演がないことは残念ですが、メンバーで話し合って決めた想いを受け止めつつ、次回開催を応援していきたいですね!

お嬢様キャラがすっかり定着している菅井友香ですが、最近は、驚いて大きく口を開けた写真をブログにアップするなどして、「欅坂のリアクション王」という呼び名も獲得しつつあります。また違った一面も覗かせることで、菅井友香のファン層が今以上に拡大することは間違いなし!今後も欅坂46のリーダーとして輝き続けていくことでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る