薬丸翔は薬丸裕英夫妻の長男!アメリカの大学に留学し演技力アップ!妻は舞台関係者?

薬丸翔は薬丸裕英・石川秀美夫婦の息子!3男2女の5人の兄弟姉妹を引っ張る長男


薬丸翔のプロフィール
◆生年月日:1990年10月25日
◆出身:東京都
◆身長:185cm
◆血液型:AB型
◆所属事務所:Nabura

薬丸翔は2世タレント俳優!父親は薬丸裕英、母親は石川秀美!

薬丸翔(やくまるしょう)は、有名な両親をもつ2世俳優です。

“薬丸”という珍しい名字からも推測できるように、薬丸翔の父親は元シブがき隊で現在はタレントとして活躍している薬丸裕英で、母親は元アイドル歌手の石川秀美。両親の良いところを受け継いだと言えるような、目力が強いながらも甘さが漂う顔立ちに、身長185cmというスタイルの良さも魅力です。

華やかに活躍する両親の影響もあってか、芸能界に興味を持った薬丸翔は、2005年、15歳の時にイメージキャラクターオーディションに合格し、「SHO」という芸名でデビューを果たしました。

2006年に映画「炬燵猫」で役者デビューし、2007年からは、本名である「薬丸翔」に改名。自ら劇団「無色空間」を立ち上げて脚本&演出を手掛け、自主映画を制作するなど、プロデューサーとしても活動しています。

薬丸翔は長男で妹と弟が2人ずつ!弟・薬丸隼人はサッカーの道へ

薬丸翔の弟妹も、それぞれすごい経歴を持っています。次男の薬丸隼人は、和光中学校を卒業後、スペインへサッカー留学。古豪CEサバデルのユースチームを皮切りにヨーロッパチームをいくつか渡り歩き、2020年6月よりサッカー・ドイツ1部のデュッセルドルフのフロント入りしたと伝えられています。

また、第三子となる長女の薬丸玲美は、高校時代にハワイへ留学した後、Remiの名前で、日本とアメリカで同時デビュー。現在は、離乳食・幼児食アドバイザーや食育実践プランナー、スイーツコンシェルジュなどの食に関する資格を活かしながら活躍しているようです。

小学生の頃から東京ヴェルディの下部組織で活躍していたのは、三男の薬丸宰。薬丸隼人と同様、サッカー選手を目指し、小学校を卒業するや早々にスペインへ単身留学。2021年1月の時点で三男がドイツで暮らしていることを薬丸裕英が明かしています。

末子となる次女の薬丸愛美は2021年時点では中学生ですが、日本ではなくハワイを拠点に暮らしているという話もあります。いずれにせよ、型にはまらない子供たちの進路を見れば、薬丸家が自主性を尊重する教育方針であることがよく分かります。

薬丸裕英の娘・薬丸玲美はタレント?兄弟は?インスタに注目!

薬丸翔がドラマ「99.9」で話題になったシーン!アメリカの大学で演技と英語に磨きをかけた?

薬丸翔が母親と共演?ドラマ「99.9刑事専門弁護士」の1シーンに注目

薬丸翔が、松本潤主演の人気ドラマ「99.9刑事専門弁護士」に出演した際、あるシーンが話題になりました。出演したのは、第2シーズン「99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II」の第2話。2018年1月に放送されたこの回は、主人公・深山大翔の父親が絡んだ事件の真相が判明するという、第1シリーズから続いた謎が明かされる重要な回でした。

しかも薬丸翔が演じたのは、大翔の父親が容疑者とされていた昔の事件の真犯人である警察官の小倉。まだ、出演作品が少なかった時期だけに、「あの俳優は誰だ?」と脚光を浴びました。その後、正体が薬丸翔だと分かると、さらに視聴者たちが盛り上がることに。

理由は、派出所でのシーンで、薬丸翔の背後の壁に貼られていたのが、なんと母親・石川秀美のポスターだったから。小ネタ満載なことでも人気の「99.9 -刑事専門弁護士」の中で、特にドラマファン必見のシーンとなりました。

薬丸翔はアメリカの大学への留学経験あり!英語をドラマでも披露

薬丸翔は、芸能界にデビューした高校1年生当時は日本の高校に通っていました。

しかし、「今の状態はよくない」と自ら判断したことから、高校時代の途中で、アメリカへの単身留学を決行。ユタ州にある高校を卒業した後、アーバイン・バレー大学演劇学科で演技を学び、俳優としての幅と深みを増す努力を続けてきました。

合計するとおおよそ5年間アメリカに留学していたことから、英語も堪能な薬丸翔。もちろん、自身の特技にも英語を挙げています。

2018年2月末から配信されたAmazonプライム・ビデオのオリジナル連続ドラマ「しろときいろ~ハワイと私のパンケーキ物語~」にも出演。川口春奈が演じる主人公の澤野夏海が想いを寄せるハワイ在住の青年・江崎拓馬役を演じ、アメリカ留学時代に培った英語力を披露していました。

森崎ウィンの生い立ちや国籍を深掘り!英語力でハリウッド映画の主要キャストに

薬丸翔と妻の出会いは舞台で子供も誕生!ホラー「聖地X」や韓国映画で演技力発揮

薬丸翔が結婚した妻は衣装部で働いていた!息子への心境が変化?

薬丸翔の妻は、2016年に出演した舞台の衣装部に所属していた3歳年上の一般女性です。2人は2019年に結婚し、2021年1月に子供が誕生しています。

第一子は男の子で、2021年1月に「スポーツ報知」に掲載された内容によると、薬丸翔は出産後すぐの心境を「想像していたよりも自分の子供なんだという実感が湧かず」と振り返っていたのだとか。続けて「数日たった今、子供の面倒を見る度に実感が湧いてきています」と語ったといい、息子と向き合う中でゆっくりと父性に目覚めていったようです。

2021年5月には薬丸翔の父・薬丸裕英が自身のブログで孫が自宅に遊びに来た様子を綴っており、家族中がこの子供の成長を優しく見守っているようです。結婚、そして子供の誕生と、薬丸翔のプライベートは充実しています。

薬丸翔が川口春奈の夫役で映画「聖地X」に出演

薬丸翔は、2021年11月19日公開の映画「聖地X」に、川口春奈が演じるヒロインの夫という役どころで出演しています。

主演の岡田将生が小説家志望の山田輝夫を演じ、その妹がヒロインの東要です。夫・滋との生活に嫌気がさし、離婚を決意した東要は日本を飛び出し、兄・山田輝夫が住む韓国に転がり込みます。

東要は韓国の商店街で日本に残してきたはずの夫を見かけ、輝夫と共に取り押さえることに成功。しかし、記憶がおぼつかない様子に不信感を覚えて夫の日本の職場に連絡すると、なんと滋は出勤していると知らされる、というミステリアスなストーリーです。薬丸翔は、物語のキーパーソンを演じています。

川口春奈とは、かつて爽やかなサクセスストーリー「しろときいろ~ハワイと私のパンケーキ物語~」で共演していましたが、がらりとカラーの異なるこのホラー作品では、どんな掛け合いを見せてくれるのでしょうか。

他に、2022年1月に日本公開が決まっている韓国映画「ユンヒヘ」にも出演しているなど、映画を中心に活動している薬丸翔。その語学力を武器に、国外でも俳優として活躍している薬丸翔の将来から目が離せません。

村上虹郎は父母が超大物の二世俳優!親を恨んでいた?本名や身長なども紹介
平岳大がハワイ移住!学歴を知れば英語力に納得?父と母も俳優の二世で結婚して子供が誕生していた!
時任勇気は時任三郎の息子!ドラマ「24 JAPAN」出演で注目!英語力がすごい理由は?

関連記事

ページ上部へ戻る