アン・ルイスと桑名正博の離婚理由が酷すぎる!息子・美勇士を手放した理由とは?

アン・ルイスと桑名正博の離婚理由が酷すぎる!息子・美勇士を手放した理由とは?出典:http://musicshelf.jp

アン・ルイスと桑名正博の離婚理由が酷すぎる!息子・美勇士を手放した理由とは?

アン・ルイスと桑名正博の離婚理由が酷すぎた!姑との確執、夫の酒癖と薬物問題

アン・ルイスは、1970年代から1980年代に活躍した歌手です。「セクシャルバイトレットNo.1」で人気を博した桑名正博と、1980年に結婚しました。翌1981年5月に、長男・美勇士(みゅうじ)を出産すると、育児に専念するため音楽活動を休止。幸せそうに見えたこの結婚ですが、実は順調ではありませんでした。

理由の1つは、桑名正博の実家側、特に姑との確執。そして、桑名正博自身の酒癖の悪さでした。実家が資産家だった桑名正博は、大事な跡取り息子。姑は、そんな大事な息子と結婚したアン・ルイスを、「満足に子育てもできない夜遊び好きの女」として見ていたそうです。アン・ルイスも、「あの人たちの顔を見るのも嫌」「息が詰まりそうになる」と感じていました。

また、桑名正博の酒癖の悪さは有名で、酒を飲むと暴れていたそうです。そして、1981年9月、19歳の女性への強制わいせつ致傷容疑で逮捕された桑名正博。女性側との示談が成立して不起訴処分にはなりましたが、同年12月25日には、大麻パーティを開き、再び取り調べを受けるという反省のなさ。桑名正博は、この容疑を認めています。

こうした状況に嫌気がさしたアン・ルイスは、桑名正博と別居状態に。しかし、この別居中にも、桑名正博と別の女性との間に男の子が生まれました。そして1984年、アン・ルイスが長男・美勇士の親権を得て、離婚が成立しました。

スポンサーリンク

アン・ルイスが息子・美勇士を手放した理由とは?育児に自信喪失と姑の意向?

アン・ルイスは、長男・美勇士と一緒に自宅マンションで暮らすようなりました。しかし、子供の美勇士に留守番させ、恋人と遊びに出ることもあったとか。離婚から10年たった1994年、美勇士が13歳の時に、息子・美勇士を元夫・桑名正博のもとで生活させるようになりました。

その理由は、アン・ルイスが、思春期を迎えた我が子の教育に自信を持てなくなったことでした。とはいえ、美勇士によれば、桑名正博の元で暮らしている間も、アン・ルイスとの交流は続き、プレゼントをもらうこともあったといいます。独立後、親子3人での共演CD製作も実現しました。

アン・ルイスのヒット曲全集!現在は何しているの?

アン・ルイスのヒット曲全集!アイドル時代からプライベートの泥沼期まで

アン・ルイスのヒット曲をまとめてみました。
まずは、1974年の「グッド・バイ・マイ・ラブ」(作詞・なかにし礼、作曲・平尾昌晃)。まだアイドル路線で可愛らしく歌うアン・ルイスの姿が印象的です。その優しいメロディで、後にテレサ・テンや坂上香織、福田沙紀によってカバーされました。

スポンサーリンク

次に、引退後の山口百恵が歌詞を手がけたことで話題となった、1982年の「ラ・セゾン」(作詞・三浦百恵、作曲・沢田研二)。アン・ルイスが、育児休業から復帰して初めてのシングルです。アン・ルイスが詞を依頼したところ、山口百恵が「再び頑張ろうとしているアンのために書く。ただしこれっきりよ」と快諾してくれたそうです。

そして、オリコンTOP10入りは果たせませんでしたが、じわじわとロングヒットした曲「六本木心中」(作詞・湯川れいこ、作曲・NOBODY)。プライベートでは、離婚問題で泥沼期だった1984年にリリースされました。作詞を手がけた湯川れいこによれば、この男性のモデルは吉川晃司なのだとか。「六本木心中」は、後に相川七瀬によってカバーされ、オリコンチャートTOP10入りを果たしています。

アン・ルイスは現在何をしているのか?「自分は一生、一人で生きていく」

アン・ルイスは2013年10月、芸能活動に終止符を打ちました。長男・美勇士の呼びかけで、元夫・桑名正博と息子・美勇士と親子3人共演した、「One」が最後の作品です。現在は、ロサンゼルスに暮らしているというアン・ルイス。桑名正博が、「One」の収録を終えたわずか2カ月後、2012年に脳幹出血で倒れ、10月26日に亡くなりました。「自分は一生、一人で生きていく」と息子に語っているアン・ルイス。桑名正博との間に生まれた長男・美勇士は、一番大きな思い出を映し出しているに違いありません

アン・ルイスが息子・美勇士に危険なススメ!小5でタトゥー、中学生でタバコ

アン・ルイスの長男・美勇士が、2017年2月25日に関西テレビのバラエティ番組「胸いっぱいサミット!」に出演し、母の常識離れした子育てを明かしました。

アン・ルイスは離婚後、ブラジル人の恋人ができたそうです。彼がタトゥー職人だったことから、アン・ルイスは、小学5年生の美勇士に、「あんたもタトゥー入れなよ」とすすめたのだとか。美勇士少年は「痛いのイヤ」と拒否したそうです。美勇士は、当時を振り返り、「(彼氏ができて)嬉しくなったんでしょう」と苦笑をしていました。また、父・桑名正博と再び一緒に暮らすようになった時、アン・ルイスから灰皿がプレゼントされたといいます。

アン・ルイス自らが息子の名前を彫った、美勇士専用の灰皿。アン・ルイス曰く「あんたも中学生だし、ロック始めたんだからタバコぐらい吸いな」との事でした。一般的な家庭であれば、子供の喫煙は非行の証。成長を阻害すると言われていますし、もちろん法律にも反しています。それを「ロック」の一言で一蹴してしまうのは、なんともアン・ルイスらしいエピソードです。

アン・ルイスの芸能界復帰は、難しそうです。しかし、両親の音楽的才能を受け継いだ美勇士は、ミュージカルや玉置浩二のツアーのサポートメンバーを務めるなど、音楽の世界で活躍を続けていますから、ファンは首を長くして親子共演を待ちましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る