ユンホはドラマも好評!妹の娘にメロメロ!?東方神起の日本ツアー決定に歓喜!

東方神起・ユンホは努力の人!

日本でも人気の高い韓国のアイドルグループ・東方神起のユンホは韓国のソウル出身、1986年2月6日生まれです。

法曹界に所属する親族が多かったこともあり、子供の頃は検事になることが夢だったというユンホ。しかし小学生の頃からダンスが大好きで、「第1回SMベスト選抜大会」のダンス部門で1位に輝いたことをきっかけに、15歳の時に韓国の大手芸能事務所、SM・エンタテインメントの練習生となりました。

練習生時代は事務所が自宅から遠かったため、駅のホームで寝泊まりしたり、東方神起のメンバーだったジュンスやジェジュンの家に泊まらせてもらうこともあったそうです。

親に芸能界入りを反対されていたユンホは自身のダンスの実力を親に披露し、芸能界入りを説得。DANAのバックダンサーなどを経て、2004年1月に韓国で東方神起として「HUG」という曲でデビューします。

そして2005年4月にはメジャーデビューシングル「Stay With Me Tonight」で、日本でもデビューを果たしました。

ユンホは俳優としても活躍

東方神起でリーダーを務めるユンホは、音楽活動の他に俳優としても活動しており、2010年9月には韓国で上演されたミュージカル「宮」で主演を務め、ミュージカル初体験ながら皇太子のシン役を見事に演じ切りました。

ドラマでは、2005年10月から韓国で放送された「レインボーロマンス ソウル青春白書」に神起財閥の御曹司役でゲスト出演。日本でも、2013年3月に放送されたドラマ「サキ」の最終回に、チャンミンと2人でカフェの客としてゲスト出演しています。

2015年7月21日から芸能活動を休止、第26機械化歩兵師団へ入隊したユンホは、2017年4月20日に21ヶ月間の兵役を終えて除隊し、芸能活動を再開。同年8月18日にはチャンミンも兵役を終え、東方神起として再スタートを切りました。

韓国や日本だけに留まらず、台湾、マレーシア、タイ、中国でも高い人気を誇るユンホ。東方神起としてだけでなくソロでも俳優、アーティストとして積極的に活動していくことが期待されます。

こちらもおすすめ:東方神起・ユンホが選抜された特級戦士って?兵役除隊日はいつ?

ユンホの出演ドラマは?

東方神起のメンバーとして音楽活動がメインではありますが、俳優としても様々なドラマや映画に出演するユンホ。アーティスト活動ではユノ・ユンホという芸名を使い、俳優業では本名のチョン・ユンホとして活動しています。

ユンホが初めて出演した韓国のドラマは、2009年9月から放送された「No Limit 〜地面にヘディング〜」です。ドラマ初出演にして主演を務めたユンホは、才能にあふれるサッカー選手でありながら、刑務所送りになった過去を持つ複雑な役どころを演じました。

ユンホが再び主演を演じたのは、除隊後初のドラマ出演となった2017年11月放送の「メロホリック」です。同作でユンホは、ある出来事をきっかけに女性の心の声が聞こえるという特殊能力が身についてしまう主人公、ユ・ウノを演じています。

ユンホが妹の結婚で号泣!姪っ子を溺愛中!

2012年11月6日に韓国で放送されたバラエティ番組「強心臓」に出演した際、ユンホは妹について語り、写真も公開しました。

同番組でユンホは妹について、174cmと長身の美人で評判だと語り、銀行に務めていることも明かしています。彼が妹をとても大事にしているのはファンの間で有名なのだとか。そんな妹が2016年11月に結婚し、ユンホは式場で号泣したのだそう。また、妹に対する愛情があふれるスピーチも披露し、妹も感動して号泣したといいます。

そんなユンホの妹は、2018年4月に第一子となる娘を出産。伯父さんになったユンホが姪っ子と初対面する様子が、2018年9月7日に韓国の放送局・MBCで放送された番組「シングル男のハッピーライフ」で紹介されました。

学生時代、妹の学費や修学旅行の費用を作るために学校を休んでアルバイトをするなど、大切に守ってきた妹の娘だけに「天使かと思った」と言うほど愛しげに姪っ子を見つめる姿が印象的だったユンホ。ミルクを飲ませたり、オムツを替えたりと嬉しそうに世話をする様子も放送され、反響を呼びました。

8月18日には大阪で開催された「a-nation 2019」に出演。チャンミンとキレのあるパフォーマンスを見せ、会場を熱気で包んだユンホ。東方神起としては、10月16日に全15曲のオリジナルフルアルバム「XV」のリリースが決定。また、11月9日の福岡ヤフオク!ドーム公演を皮切りに、翌年1月19日の京セラドーム大阪公演でファイナルを迎える5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2019」のチケット先行受付も始まりました。

さらに、9月26日のさいたまスーパーアリーナ公演からスタートする全国8ヶ所、32公演のアリーナツアー「東方神起 LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~」も控え、2020年に日本デビュー15周年を迎える東方神起は日本でのツアーが目白押し。この秋はユンホとチャンミンが夏以上にアツいステージを見せてくれるに違いありません。

<こちらもおすすめ!>

SALUと韓国ラッパーJa Mezzのコラボ楽曲がリリース!LDHに電撃移籍をした理由とは?
iKON(アイコン)作曲も手掛ける韓流アイドルグループ!BOBBYのラップがカッコイイ
BTS(防弾少年団)のメンバーカラーは?ライブやファンミーティングでのマナーあれこれ

関連記事

ページ上部へ戻る