遠藤保仁 移籍しない理由が感動的!評価、年俸は?身長、体重、性格は?

遠藤保仁 移籍しない理由が感動的!評価、年俸は?身長、体重、性格は?

遠藤保仁 移籍しない理由が感動的!評価、年俸は?

遠藤保仁 なぜ海外移籍しないのか?その理由に感動!

ヤットさんと呼ばれ、皆から慕われているサッカー選手の遠藤保仁。現在は、チームの流れを作るMFのポジションで活躍しています。精度の高いパスや、フリーキックが持ち味の遠藤保仁。

海外移籍をしてキャリアアップを目指す日本人選手も多い中、なぜ遠藤保仁は移籍をしないのでしょうか。遠藤保仁の持論では、「サッカー選手は夢を与えられる職業」。海外へ移籍しなくても、Jリーグで十分成長はできる。

決して海外へ行くことが正解ではないし、見ている子供たちに、日本でも活躍できるということを知ってもらって、Jリーガーが増えることを願います、と遠藤保仁は話しているのです。自分のことだけにとらわれず、日本のサッカー界の今後を見据えた、遠藤保仁のこの発言には感動してしまいます。

遠藤保仁 評価、年棒は?

長短のパスを使い分け、チームのサッカーの流れを作る遠藤保仁。サッカー日本代表であることからも分かる通り、その評価は高いものです。特にパス能力の高さには定評があります。

スポンサーリンク

しかし、なぜとんでもない方向にパスをたくさん出すのか?という声も。それへの答えは……実際にフィールドに立つ選手にしかわからない間や空間が存在するから。「試合勘」という言葉でも表現されますが、遠藤保仁は、その時チャンスを作れるスペースやその時にチャンスを作りだせる人間が見極められる能力に長けているのだと思います。

そして、その人間にしか取れない位置や蹴りやすい位置にピタッとくるパスが出せます。サッカーはボールを持っていない時間も大切。いかに相手チームのマークを外し、自分が起点となる位置にいられるか。遠藤保仁は、いつもチームでNo1というほど走っています。

試合の中での走行距離を出している記事を見ると一目瞭然。縁の下の力持ちというところでしょうか。日本代表で一緒にプレーしていた内田篤人による評価も「ヤットさんの能力の高さはハンパない」。

スポンサーリンク

ザッケローニ監督からも「替えのきかない選手」という高評価の言葉を貰っています。年棒の面からみても遠藤の凄さが分かります。J1の中で見ると、遠藤保仁の年俸は、ダントツ一位の1億5000万。海外で活躍する日本代表選手を含めたランキングでも10位に入ります。こんなところからも、遠藤保仁の活躍ぶりと評価の高さが分かりますね。

遠藤保仁 身長、体重、性格は?嫁、子供の現在は?

遠藤保仁 身長、体重、性格は?

遠藤保仁は、身長178cm、体重75㎏です。1980年1月に三兄弟の末っ子として生まれ、兄がサッカーをしていたことからサッカーを始めました。遠藤保仁は自分でも語っていますが、とてもマイペースな性格だそうです。

そして、どんな舞台でも緊張することなく、いつものプレーができる遠藤保仁。マイペースな性格だからこそ、普段通りに進めれば良いという気持ちからなのでしょうか。本当にまったく緊張しないといいますから、羨ましいです。

安定したプレーが続けられるのも、遠藤保仁のこの性格のおかげなのでしょうね。遠藤保仁は「自分は二番目の選手で良い」とも話しています。縁の下の力持ちという表現もしましたが、フィールド全体を見られる力があるからこそ絶妙なパスを出すことができ、良い方向へ動かすことができるのでしょう。

自分も焦ることはありますが、焦っていると見られないようにしていますと語る遠藤保仁。遠藤保仁が蹴る、コロコロPKからも分かるように、ゆっくりじっくり進める性格でもあるようです。焦ることが大嫌いなことで有名なのが「遠藤渋滞」。遠藤が練習や試合に向かう車はとてもゆっくり。そのために渋滞が起きてしまうのだとか。

マイペースな性格ゆえ、監督からも叱られることがあるようですが、遠藤保仁は芯の強い選手。バックパスをするなと言われても、自分は得意ですし、試合によっては必要な時があるから自分はやめません、というコメントも。

無茶なことはしない、認められるのは監督とチームメイトだけで良い、と話している遠藤保仁。そういう性格だからこそ皆が遠藤保仁を頼っているのかもしれません。

遠藤保仁 嫁、子供は?

気になる遠藤保仁の嫁は、高校時代サッカー部のマネージャーだった女性。高校時代から知り合っていた仲だということです。遠藤保仁と嫁は、8年間もお付き合いをして結婚に至りました。嫁はマネージャーだったということもあり、遠藤保仁のサッカー選手であることに対する理解、サポート力はバッチリだったようです。

「サッカー選手の奥さんは大変だと言われますが、うちの奥さんは楽なんじゃないかな。でも家のことは全部任せているので大変かな。妻がいるから頑張れる、妻のために頑張れる」と語るほど、嫁を愛し、信頼している遠藤保仁。

そんな遠藤保仁の子供は4人。男の子2人女の子2人です。遠藤保仁自身が「長男にはサッカーセンスがある」と語っていますから、子供の将来も楽しみですね。

遠藤保仁 日本代表はあくまでも目標のひとつ

新しくなった日本代表ハリルジャパン。東アジア杯では黒星スタートとなりました。監督の目指した「縦に速いサッカー」に対して、全体を見て考える遠藤保仁らしいコメントを残しています。

「まっすぐゴールに向かうことも大切なことだけれど、ゴールをするためには色んな要素が必要だ」。これは、監督を否定したのではなく、あくまで日本代表を考えての発言なのだと思います。遠藤保仁のプレイスタイルや発言からみて、前に前に出ることも必要ではあるものの、緩急を考えてこそ隙が生まれ、そこがチャンスになるのだと考えているのでしょう。

暑い中、ずっと全力疾走では選手もばててしまう。気の休めるところも作らないと集中力は続きません。マイペースな遠藤だからこそ作れる動きがそこにはあります。「代表選手を決めるのは監督、良いパフォーマンスを見せられるように普段からトレーニングをしていきます」と代表への意気込みを見せた遠藤保仁。

年齢を考えると、代表に必要な存在ではないのかもしれませんが、遠藤保仁のプレイスタイル、考え方を後継者に次いで欲しいもの。たしかに遠藤保仁は、決して替えのきかない選手だけれど、年齢を重ねていく流れは止められません。

残念ながら、いつまでも遠藤保仁を頼りにしていては日本代表の成長が止まってしまうような気がします。遠藤本人も「自分のプレイスタイルを見て勉強してほしい」と話しているように、日本代表が成長し続けることが大切です。ヤットさんには、次へ繋ぐ役割を!後継者を育てるためにも、遠藤保仁選手にはまだまだ頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る