江角マキコの長嶋一茂宅落書き騒動の原因と結末!「ゴチになります」も卒業!

江角マキコの長嶋一茂宅落書き騒動の原因と結末!「ゴチになります」も卒業!

江角マキコの長嶋一茂宅落書き騒動の原因と結末!

江角マキコの長嶋一茂宅落書き騒動の原因は?

江角マキコといえば、4年前に、元マネージャーが長嶋一茂宅に「バカ息子」などと落書きをした、などの騒動がありました。江角マキコと長嶋一茂の子供たちは、同じ幼稚園に通っており、江角マキコと長嶋一茂の嫁はいわゆる「ママ友」。最初は仲良くしていたのだそうですが、ある日、江角マキコが、自身のブログに「ママ友いじめを受けていること」と、思わせる内容の書き込みをしたのが事の始まりだそうです。

それを受けて、長嶋一茂の嫁を始めとするママ友軍団が、「そもそも無視される原因を作ったのは江角側。江角は被害者ではなく加害者だ」と声をあげたのです。そこから、江角マキコは「いじめられているかわいそうなママ」の立場から一転、「無視してまで関わりたくないモンスターママ」というイメージへと変わっていきます。

江角マキコの長嶋一茂宅落書き騒動って結末はどうなったの?

江角マキコが、その一部始終を相談していたのが元マネージャー。話を聞いた元マネージャーは怒り心頭し、長嶋一茂の家に落書きをしてしまったのだそうです。結末は、マネジャーが騒動を認め謝罪、江角マキコが塗料代として10万円を支払うことと、子供を転校させるということで決着がつけられました。

スポンサーリンク

そこには長嶋一茂の、できるだけ穏便に済ませたい、という思いもあったようです。
一部には、長嶋一茂側の大物弁護士が裏で動き、事態を穏便に収束させた、なんて噂もあります。しかし、これ以上騒動を大きくさせるのはお互いにとってマイナスのイメージにしかならない、と判断した長嶋一茂側の対応であった、というのが真相でしょう。

江角マキコのレギュラー・視聴率が崩壊!「ゴチになります」も卒業!

江角マキコのレギュラー・視聴率が崩壊!

江角マキコは、ここにきて次々とレギュラーの降板が出てきています。一つはフジテレビ「バイキング」の卒業。もともと、落書き騒動の渦中にあったときでも、レギュラーを務めていた江角マキコに対し、主婦向けの昼の番組にママ友トラブルのある江角マキコを続投させるのはいかがなものか、と視聴者からクレームが相次いでいたようです。

しかし、江角マキコの旦那はフジテレビ職員。旦那が関係各所に泣きつき、バイキングの続投へとこぎつけました。ですが、もうその義理は果たしたとのことから、今回バイキング降板にいたったようです。
番組自体、開始直後から低視聴率で厳しい局面に立たされていたバイキング。イメージ転換のためにも、いわくつきの江角マキコを降板させたというところでしょうか。

スポンサーリンク

江角マキコ「ゴチになります」も卒業!

江角マキコは日本テレビ「ぐるナイ」の人気コーナー「ゴチになります」でもクビが決定しました。卒業の際、「ゴチではお母さんのような存在だったけれど、今後は普通のお母さんに戻りたい」と語っていた江角マキコ。立て続けにレギュラーを2本も失うところに、そんなセリフを残して卒業となると、新しい仕事もまだ決まっていないのでしょう。

これで江角マキコのレギュラー番組はTBS系「私の何がイケないの?」1本のみ。こちらは、江角マキコが司会なので、卒業させるにもなかなか難しいようです。果たして最後に残ったレギュラーを、江角マキコは死守できるのでしょうか?

江角マキコに沸いて出てきた「事実上の引退」の話、再起はあるのか?

江角マキコは、2015年の年末に「バイキング」「ゴチになります」のレギュラー失いました。これによって関係者からは「事実上の引退状態」なんて声も上がっているのだとか。1998年に大人気ドラマ「ショムニ!」でブレイクし、その後はドラマだけでなく、バラエティのメインMCなども務めてきた、「日本の女性のあこがれ女優」であった江角マキコも、落書き騒動で、そのイメージはもろくも崩れ去ってしまったようです。

それに加えて、江角マキコが視聴者から非難されてしまう理由の一つにバラエティでの言動もあげられています。サバサバとした、人に媚びない雰囲気が持ち味だったのですが、それが落書き騒動以降は、視聴者に「エラそう」「高圧的」と映ってしまうのです。長所と短所は表裏一体などとよくいいますが、人気があるときにはかっこよく映っていたものも、一度ついたダーティなイメージのせいで、同じように行動していても悪く評価されてしまう……落書き騒動でついてしまった江角マキコのダーティなレッテルはなかなか外せないようです。

2013年に事務所を移籍し、今が踏ん張り時の江角マキコ。またドラマやバラエティなどで活躍してくれる日がやってくることを期待しています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る