石田ゆり子の独身理由!父親が反対した石黒賢と再燃か?

石田ゆり子の独身理由!父親が反対した石黒賢と再燃か?

石田ゆり子の独身理由!父親が反対した石黒賢と再燃か?

石田ゆり子はいまだ独身?!理由が気になる!

石田ゆり子は、女優であるかたわら、エッセイストとして本を発売したり、ナレーターや声優にも挑戦するなど、さまざまなジャンルで活躍しています。かつてはボックスコーポレーションに所属していましたが、実妹である石田ひかりと共に、個人事務所「風鈴舎」を立ち上げ、現在は社長も務めています。

透明感のある容姿は、癒し系女優としても名高く、男女から憧れられる石田ゆり子。現在なんと46歳になった石田ゆり子ですが、いまだ独身だというところが不思議といえば不思議です。熱愛報道でも数回話題になっている石田ゆり子がなぜ結婚できないのか……理由が気になりますね。

実は、石田ゆり子がこれまでに好意をよせた男性は皆、なぜだか冷めやすく、喧嘩や別れ話をすることもなく自然に交際が消滅していくのだそうです。あくまでも噂ですが、これが真実であれば、結婚話どころではありませんね。また、石田ゆり子には潔癖な部分があるため、結婚相手が浮気や不倫をするのは絶対に許せないそう。しかし、それとは裏腹に、石田ゆり子が好意を寄せる男性は浮気性の男性ばかりなのだとか。幸せで安定した結婚生活より、どこかハラハラ感のある恋愛に燃えてしまうのでしょうか。

石田ゆり子が独身を貫く理由は、恋愛問題以外にもまだあります。現在、犬猫あわせて5匹も飼っているという石田ゆり子。ペットの犬と猫が、恋人あるいは旦那様のような存在といったところなのかもしれません。犬や猫が淋しさを埋めてくれて、世話に忙しいとなれば、石田ゆり子が独身でいる理由も納得です!

スポンサーリンク

石田ゆり子の父親が反対した石黒賢とまさかの再熱か?!

石田ゆり子の恋愛恋人と話題になった芸能人、その1人に石黒賢がいます。石黒賢は、石田ゆり子より3歳年上で、数々のドラマで主演を務めてきた名俳優。石田ゆり子と石黒賢との出会いは、1992年放送のドラマ「さよならをもう一度」で共演したことでした。お似合いと噂されていた2人ですが、実際もお付き合いをしていたようです。

一度は結婚の話題があがるところまでいったものの、石黒賢の無類のギャンブル好きと浮気性に石田ゆり子が愛想をつかしたというのがもっぱらの噂。そして、厳格だという石田ゆり子の父親が、娘と石黒賢の交際を許さなかったのも原因になって破局したともいわれています。

そんな石田ゆり子と石黒賢ですが、最近、復縁か?恋愛が再熱しているのではないか?と話題になっています。それは、2015年秋に放映された特別ドラマ「ハッピーリタイアメント」で、石田ゆり子と石黒賢が再共演を果たしたため。久しぶりの共演には、石田ゆり子も石黒賢も話が弾んだことでしょう。しかし現実的には、石黒賢は、1997年に結婚し、3人の子供の父親としてイクメンぶりも発揮しているので、石田ゆり子との恋愛再熱はなさそうです。

スポンサーリンク

石田ゆり子出演映画「悼む人」が大コケ!?濡れ場が超残念!?

石田ゆり子の主演映画「悼む人」期待外れの大コケ!?

石田ゆり子が主演した映画「悼む人」は、2015年2月14日に公開されました。原作は、天童荒太。70万部を突破したベストセラーで、直木賞も受賞した作品の映画化として、期待度が高かった作品です。「悼む人」は、事件現場を訪れて犠牲者を悼む主人公の静人を軸として、悼む人の必要性や死生観を浮き彫りにしていくという繊細なストーリー。しかし公開してみると……公開当初の動員数ランキングでは第8位。約3週間後には、早くも第14位に転落とイマイチな結果。映画「悼む人」は、プロモーションにも力を入れて、原作者である天童荒太もイベントに出席するなどしていたにもかかわらず、大コケしてしまいました。

原因として挙げられたのは、どの年齢層をターゲットにしているのか分からない、暗い話で集客できる要素がないなど。全国の劇場で、公開数日後から閑古鳥が鳴いていたというから寂しいものです。しかし、実際に映画を見た人からの感想は「ストーリーに引きこまれ、死についてさまざまなことを考えさせられた」「とても考えさせられるが、自分の答えを見つけてから再度見たい映画」「とても感動した。良かった」など高評価。題材が深い作品なだけに、見ようとなるまでに時間がかかってしまう映画なのかも知れませんが、見る価値はある映画と言っても良いようです。

石田ゆり子が主演映画「悼む人」で魅せた濡れ場が超残念!

石田ゆり子の主演映画「悼む人」で前評判となっていたのが、石田ゆり子の濡れ場でした。それは、主人公を演じた高良健吾や、殺害した夫役の井浦新を相手に、石田ゆり子が演じたシーン。石田ゆり子というと、20代のころに、テレビドラマ「不機嫌な果実」で渡辺いっけいや岡本健一を相手にかなり激しい濡れ場を披露しています。そのため、「悼む人」でも期待は高まる一方で、男性の集客が増えるのではと話題になっていたのです。

しかし実際に映画が公開されてみると、石田ゆり子の濡れ場シーンには超残念だったとの声が続出。井浦新とのベッドシーンはあるものの、井浦新のお尻が映し出されるばかり。肝心の石田ゆり子の肌はほとんど見えずじまいでした。高良健吾との野外シーンでも、石田ゆり子の肌はほとんど見えませんでした。

石田ゆり子の年齢による体型の変化や肌の劣化により、石田ゆり子サイドがさまざまなNGを突き付けてきたのだとも囁かれましたが、実際にインタビューで「ほんとうはもっとやらなくてはいけないと思っていますが、今の限界があそこ」と語った石田ゆり子。期待が高かっただけに、石田ゆり子の濡れ場が超残念な結果に終わってしまったのは惜しいですね。

石田ゆり子、映画にドラマと再ブレイク中!

石田ゆり子は、2016年の春、映画やドラマでの活躍が非常に注目されています。まず、2016年3月19日に公開を迎えた「僕だけがいない街」では、シングルマザーとして奮闘するジャーナリストの母親役を演じています。子役とのシーンでは、笑いが止まらなくなったという石田ゆり子は、本当の母親のように母性あふれる演技を魅せ、あたたかく子供を見守る役を演じ切っています。

過去の連続殺人事件の真相に迫りながら、親子の絆も描かれている「僕だけがいない街」は、単なるミステリーに留まらず、どこか優しさやせつなさも伝わってくる人間味あふれる作品に仕上がっています。さらに、4月15日からはNHKドラマ「コントレール ~罪と恋~」に出演している石田ゆり子。「コントレール」で演じるのは、無差別殺人事件で夫を亡くし、カレー食堂を営む女性役で、現在を一生懸命に生きながら、運命のいたずらに翻弄される大人なラブストーリーが描かれます。

癒し系女優の石田ゆり子が、過去のトラウマを抱え心の闇を持つ女性をどう表現していくのか、楽しみで仕方ありません。石田ゆり子が、この春、異なる2つの作品で、シングルマザーとして必死に生きる母親、あるいは心の闇を抱えた未亡人をどう演じるのか、注目して見守りたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る