皆川猿時とダイノジ大地は兄弟!?「あまちゃん」先生は大人計画のぽちゃカワ俳優!

皆川猿時とダイノジ大地は兄弟!?「あまちゃん」先生は大人計画のぽちゃカワ俳優!

皆川猿時とダイノジ大地は兄弟!?「あまちゃん」先生は大人計画のぽちゃカワ俳優!

皆川猿時はダイノジ大地と兄弟なのか!?その真偽を解明!

皆川猿時は、芸能事務所「大人計画」に所属する超個性派俳優です。本名は皆川利美で、宮藤官九郎が率いるバンド「グループ魂」では、港カヲルという名前で活動し、司会・ボーカル・作詞を担当しています。皆川猿時は、映画やテレビ、舞台で活動してきましたが、NHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」で爆発的な人気となりました。あまちゃんで演じたのは、北三陸高校の潜水土木科の教師「磯野心平」。その先生役のキャラクターの濃さが評判を呼び、大注目されるようになったのです。

コアな演劇ファンの枠を越えて、広く一般に知られるようになった皆川猿時は、吉本のお笑い芸人「ダイノジ」の大地洋輔と兄弟なのでは?と噂されるようになりました。実際のところはどうなのでしょうか?顔を見比べてみると、皆川猿時とダイノジ大地は、顔の丸みと眉の形、目元の形がそっくりで、兄弟と言われたら疑う人はいないのでは?!と思わされてしまいます。しかし、残念ながら「皆川猿時とダイノジ大地は兄弟である」という事実はありません。兄弟か、という噂が流れるほど、皆川猿時が有名になったということかもしれませんね。

皆川猿時は「あまちゃん」で先生役を熱演!大人計画所属のぽちゃカワ俳優!

皆川猿時は、NHKの朝ドラ「あまちゃん」で脚光を浴びることになります。朝ドラ「あまちゃん」で皆川猿時が演じた教師・磯野心平は、予期しない出来事にめっぽう弱く、時には突拍子のないキャラクターになってしまうという、「あまちゃん」の中でもとりわけ強烈な登場人物。

スポンサーリンク

そんな皆川猿時は、個性派俳優が多く在籍する芸能事務所「大人計画」の所属で、その超個性的なキャラクターは、「あまちゃん」だけでなく、他のドラマや映画、舞台などでも存分に発揮されています。

皆川猿時は、身長170センチ、体重90キロのぽっちゃりとした体つきです。……それだけ聞くと見るに耐えない体つきですが、もみあげも強烈な顔のインパクトと皆川猿時の魅せる演技力が合わさって、愛嬌あるぽっちゃりボディでファンを増やしています。皆川猿時が、ぽっちゃりな体を惜しみなく披露し、パンツ一丁姿で演じたのが、2015年に映画化された「バクマン。」の苦労人・中井巧朗役。ぽちゃカワ俳優・皆川猿時だからこそ、演じ切れた役だといっても過言ではありません。

皆川猿時が結婚した嫁や子供は?難あり性格でも画力はピカイチ?

皆川猿時が結婚した嫁は同じ事務所のあの人!子供はいったい何人いるのか?

皆川猿時は、演技の実力とキャラクターの濃さが話題を呼んで、ファンも急増中の俳優です。すでに結婚していて、嫁は、同じ大人計画所属の田村たがめ。嫁の田村たがめは、静岡県出身の女優で、血液型はO型、身長は155センチと割と小柄です。中性的な外見を活かして、少年役から主婦の役まで幅広く演じることのできる女優で、民放だけでなくNHKの連続ドラマにも出演しています。活躍の場はドラマだけでなく、劇場版アニメ「サマーウォーズ」では声優としても活躍しました。

スポンサーリンク

皆川猿時は、嫁の田村たがめとの間に一男一女の子供をもうけています。子供の詳しい情報は一般人のため公にされていませんが、皆川猿時ファミリーは、順風満帆のようです。

皆川猿時のもう一つのはまり役、画力ピカイチの中井巧朗!皆川猿時の実際の性格は?

皆川猿時には、「あまちゃん」でキャラの濃い人物を演じたことで一気に注目度を上げましたが、もう一つはまり役があります。それが、2005年に放映された映画「バクマン。」で演じた中井巧朗です。

この中井巧朗は、15年間、さまざまな漫画家のもとでアシスタントをやってきた画力ピカイチの人物。漫画の背景を描かせれば、右に出る者はいません。しかし、パンツ一丁でないとペン入れができないというちょっと変わった性格。そんな変わった性格が、皆川猿時の存在感にぴったりフィットし、映画「バクマン。」でも人気のキャラクターになりました。

しかし、個性の際立つ役を演じることが多い皆川猿時の素顔はというと、意外にも物静かで口数が少ない性格なのそうです。演じているキャラクターからは想像できませんが、このギャップがまた、演技に深みを与えているのかもしれません。

皆川猿時が売れたわけとは?

皆川猿時が売れた理由はどこにあるのでしょうか?それは、事務所である「大人計画」の社長の売り込み方やバックアップ体制にありました。

芸能事務所の劇団員のマネジメントは他に任せるのが通例だそうですが、「大人計画」の社長は、公演のない時期に、舞台以外での役者の売り込みを自ら仕掛けていました。大きな役は望めなくても、セリフのある役をなるべく取るように心掛けたそうです。それだけでなく、役を獲得するために台本をいち早く読み、団員に合う役があればすぐ売り込みに行ったとも語っています。

その甲斐あって、「大人計画」の所属俳優たちは、1993年ころからぽつぽつと役を獲得し始めます。1997年には、阿部サダオが演じた役のキャラクターがあまりにも強烈だったため、映画やテレビ関係者に強いインパクトを与えることに成功したのです。その結果、「大人計画」は、皆川猿時はじめ、阿部サダオや宮藤官九郎といった芸達者な役者たちが所属する一大事務所として確固たる地位を築くまでになりました。皆川猿時も、もみあげも印象的なぽっちゃカワボディの濃い見た目と、硬軟演じ分けられる安定した演技力が評価され、出演作品が次のオファーにつながるという具合に、数々の作品に出演するようになっていきます。

このように「大人計画」の社長の手腕と皆川猿時の努力の甲斐もあって、バンドや舞台・テレビ・映画などで幅広く活躍するようになれたのですね。2016年6月公開映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」への出演も発表されている皆川猿時。愛嬌のあり、ギャップもありの皆川猿時の活躍を、今後も期待したいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る