野村義男はなぜジャニーズを離れても成功したのか?!ギター愛がハンパない!

野村義男はなぜジャニーズを離れても成功したのか?!ギター愛がハンパない!

野村義男はなぜジャニーズを退社しても成功したのか?!ギター愛がハンパない!

野村義男はなぜジャニーズを退社しても成功したのか?!

野村義男といえば、アイドル全盛期時代、「よっちゃん」の愛称で「たのきんトリオ」の一員として、田原俊彦、近藤真彦と一緒に活躍していた元アイドル。かつてジャニーズだった野村義男は、今、何かと話題のジャニーズ独立を円満に果たした、数少ない芸能人のうちの一人です。

野村義男は、なぜ干されることなくジャニーズを円満退社できたのでしょうか?
もともとギターリスト志望だった野村義男。たのきんトリオでブレイクした後、さらにアイドル色強く売り出そうとしたジャニー喜多川社長の意向とは、違う方向性でした。そこでジャニー喜多川社長は「THE GOOD-BYE」というユニットを組ませ、野村義男をギターリストとして売り出したのです。たのきんトリオのよっちゃんがギターリスト?!と驚きとともに迎え入れられた野村義男。

15枚のシングルと9枚のアルバムを発売し、「THE GOOD-BYE」として7年間活動した後にグループは解散しました。解散を機に、ギターリストとして本格的な活動を希望した野村義男は、段階を踏むことで、晴れてジャニーズから独立となったわけです。

野村義男のギター愛がハンパない!

野村義男は、ギターリストとして有名なのはもちろんですが、そのギターコレクションがハンパないことでも知られています。現在の野村義男のギター所有数は、なんと300本を超え、『野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション』という本まで出版されているほど。

スポンサーリンク

その中には世界にわずか2本ほどしかないレアギターや、「マンションを買える」ほど高額の名品ギターもあるのだとか。ギター本体だけでなく、エフェクターと呼ばれる、ギターに音響効果をかける機器のコレクションも多数持っている野村義男。「自分の知らないギターが存在するのは許せない」と言ってしまうほど、ギター愛がハンパないのです。

野村義男の嫁、子供の現在は?激やせ理由は?

野村義男の嫁、子供の現在は?

野村義男の嫁は、野坂なつみという元セクシー女優。1995年に結婚しています。
元トップアイドルとセクシー女優の結婚とあって、当時、マスコミは騒いだものですが、嫁の過去をしっかりと受け止めた野村義男は、かえって好感度をアップさせました。野村義男と嫁・野坂なつみとの間には、現在女の子2人の子供にも恵まれています。野村義男は、プライベートについて取材されるのを極端に嫌うそうなので、子供に関しての詳細は公表されていません。しかし、次女は2006年に誕生して「かえでちゃん」という名前だそうです。
野村義男は結構子煩悩で、子供の運動会などに必ず参加している、といった目撃情報もあります。

野村義男が激やせした理由は?

野村義男は、最近激やせした印象が強いですね。何か特別なダイエットでもしたのかと思いきや、激やせに関して出てきたのは意外な話でした。
なんと、野村義男は、2014年に覚せい剤で逮捕されたASUKAとの関係が取りざたされているのです。なんでも、野村義男とASUKAの愛人だったとされる栩内被告とは、ASUKAより以前から交友関係があったそう。野村義男の事務所は、ASUKA、栩内被告とも、直接の交友関係については否認しています。

スポンサーリンク

ただ、野村義男と栩内被告が、うどん店で一緒に食事していたという目撃証言もあり、野村義男本人も今回の騒動に巻き込まれたことについて「ここ数日はギターに触れない。こんなダイエットは体によろしくない!」とコメントしていることから、何らかの精神的打撃があったようですね。

野村義男は、ジャニーズ唯一といっていい独立成功者!その秘訣とは?

「ジャニーズは、独立後に干される」説が、最近、SMAPなどの報道何かと話題になっています。たしかに独立後、過去の栄光以上に活躍した芸能人はなかなかいません。しかしそれは、野村義男を除いて、の話です。

事実、野村義男は、ジャニーズ独立後も、かつての相方である「たのきんトリオ」の近藤真彦や、元後輩のKinki・Kidsなどと共演しています。実は、野村義男は、ジャニーズ独立後、系列の子会社に「就職」しているのです。その後、個人事務所を立ち上げているのですが、言い換えれば、ジャニーズのアイドルが芸能界を引退し、一度、一般会社員になり、その後にギターリストとして復帰した、という流れになっているのです。

つまり、自分の夢を実現させるために、自己主張ばかりをせず、お世話になったジャニーズ事務所へのみそぎを済ませ、晴れてギターリストとなれたということ。今や、浜崎あゆみのバックなどもこなし、日本を代表するギターリストとして活躍する野村義男。この成功は、相手の意見もキチンと汲み取る野村義男の人柄の良さがなせる業だった、ということでしょう。
激やせで最近少し心配な野村義男ではありますが、『野村義男の“足の踏み場もない”エフェクター・コレクション』も2016年に発売されたことですし、ますますの活躍を期待します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る