大森靖子&THEピンクトカレフ解散理由は妊娠?椎名林檎と比較されるのはなぜ?

大森靖子&THEピンクトカレフ解散理由は妊娠?椎名林檎と比較されるのはなぜ?出典:http://realsound.jp

大森靖子&THEピンクトカレフ解散理由は妊娠?椎名林檎と比較されるのはなぜ?

大森靖子&THEピンクトカレフ解散理由は妊娠?本当の理由は?

大森靖子&THEピンクトカレフは、2011年に結成されたロックバンドです。楽曲のリリースやライブ活動を順調に重ねていましたが、2014年7月に、中心人物である大森靖子の結婚を発表後、2015年2月にバンドは解散。その年の10月には、大森靖子が第一子男児を出産していることから、バンドの解散は、結婚と出産を念頭に置いてのことかと噂が広がりました。

大森靖子は、日本のシンガーソングライターで、愛媛県生まれの28歳。しばしば「激情的」と称されることが多い独特の世界観と、尖った歌詞の弾き語りが、若年層を中心に支持されています。
2013年にアルバムを発表した後、東京でワンマンライブを開催した大森靖子。レーベルや事務所に所属しないままのワンマンライブ決行にもかかわらず、チケットがソールドアウトするという快挙を成し遂げ、業界の注目を集めました。

大森靖子が椎名林檎と比較されるのはなぜ?ビジュアルが似ている?

大森靖子の楽曲やミュージックビデオを見ると、その声質や歌い方、ミュージッックビデオに登場する人物のファッションなどが、椎名林檎のそれを思わせる雰囲気を醸し出しているように感じる人は多いでしょう。大森靖子本人も、椎名林檎のファンだと公言しています。一方で、「〜っぽい」という表現の売り方を進める音楽業界のせいで、多くの新人ミュージシャンが潰されてきたというコメントも発しています。

スポンサーリンク

大森靖子が、自身のアルバム「魔法が使えないなら死にたい」のジャケットを、あえて椎名林檎のアルバム「勝訴ストリップ」に似せて製作してみせたのは、そうした風潮に挑戦するためだったのでしょうか。

大森靖子がファンとディープキス!!結婚した旦那はブチ切れ?

大森靖子がファンとディープキス!!不思議といやらしさを感じないワケとは?

大森靖子の、しばしばライブで観客とキスをするというパフォーマンスは、ファンの間では常識です。実際に、ライブビデオや写真などで、ファンとのキスシーンが拡散されているため、今ではファンを越えた音楽業界周知の事実となっています。

大森靖子は、キスも表現の1つで、楽曲の中の重要な歌詞の一部であると語っています。実際に大森靖子のライブに訪れた人の感想でも「お客さんを抱きしめてキスしても、いららしく見えなかった」「むしろ表現者としての純粋さを感じた」など、キスさえも表現方法に取り入れる大森靖子が織りなす世界観に、さらに引き込まれる様子が見て取れます。

スポンサーリンク

大森靖子の結婚した旦那はブチ切れ?本当は何に怒ったの?

大森靖子が、ライブでファンとディープキスをしたその日、結婚を公表したばかりの旦那も会場にいたそうです。そんなライブ中、大森靖子は「私の旦那とヤッたアイドル、今日ここにいるからな」と爆弾発言をしています。その後、大森靖子本人がツイッターで、「夏の魔物(ライブ)楽しかったですが旦那がブチ切れてます」とツイート。旦那がブチ切れたのか、ファンとのキスが原因なのか、爆弾発言が原因なのかと詳細は不明ですが、業界に衝撃を与えた大森靖子のツイートはどんどん拡散され、注目を集めることとなりました。

大森靖子を作り上げ、支えてきたのは音楽だった!乗り越えてきた衝撃の過去!

大森靖子のPVの中には、橋本愛が登場する作品があります。それは、大森靖子のアルバム「絶対少女」の中の1曲「ミッドナイト清純異性交遊」。楽曲のビデオクリップは、YouTubeでも公開されており、このPVについて「自分の好きな女の子が、自分の好きな世界で、自分の好きな服を着て、笑って怒って生きていることが本当に幸せ」と語る大森靖子。

そんな幸せが実現した大森靖子には、衝撃の過去がありました。ハロプロのアイドルに憧れていた小学6年生の頃、父親が辛く当たることを苦に、ついに深夜の家出を決行した際、男性2人組に連れ去られてしまったそうです。自分が何をされたかも分からず、ただその時、男たちが歌っていたモーニング娘。の歌の歌詞が頭に残っているといいます。

中学生になってから、その頃を振り返った大森靖子は、自分がされことを理解して、深く傷つきました。「もう自分は普通の中学生の女の子じゃない」、そんな思いからか、どんどんエキセントリックな行動に駆り立てられていった大森靖子は、周囲から孤立。周りとうまく協調できないという性格は、武蔵野美大に進学した後も続きました。

そんな大森靖子を、本当の意味で解き放ったのが音楽。先輩ミュージシャンに生き方を学び、音楽を通じて仲間が見つかったことや、彼女の感性に共感する若者たちとの交流ができたことが、現在の大森靖子の基盤を作り上げたと言っても過言ではないでしょう。

2014年、エイベックスからメジャーデビューを果たした大森靖子は、現在もライブ活動を精力的にこなしていて、全国ツアーも決定しています。
大森靖子のライブを体験すると、男性も女性もなぜかハマってしまうのだとか。そう聞くと、大森靖子にしか表現できない世界観や、ライブでしか味わえない魔的なものが潜んでいそうで気になりますよね。なんだかちょっと覗いてみたくなりませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る