島田紳助が現在も復帰しないワケ!明石家さんまや松本人志の胸中は?

島田紳助が現在も復帰しないワケ!明石家さんまや松本人志の胸中は?出典:http://pinky-media.jp

島田紳助が現在も復帰しないワケ!親友・明石家さんまの意見は?

島田紳助の引退理由がネック?テレビに欠かせない名司会者の復帰は現在も叶わず

人気司会者として名を馳せた島田紳助が、2011年8月、黒い交際の発覚にけじめをつける形で芸能界を引退しました。ヤンキー上がりで吉本興業入りし、漫才コンビ「紳助・竜介」で一世を風靡した芸人時代を経て、報道番組からおバカタレントを率いるバラエティ番組までを巧みに仕切る大物タレントへ。

「テレビに、この男アリ」と言われるまでになった島田紳助を敬い慕う芸能人たちからは、今でも復帰を熱望する声が鳴り止みません。吉本興業や関西圏のテレビ局では、早期復帰を推す声が挙がっていたともいいます。しかし、島田紳助自身は、海外を自由に旅行し、ゴルフや筋トレ三昧の現在に、「今が一番、幸せかもしれへん」とコメント。未だに復帰が実現しないのは、本人にその意思がかけらもないことが一番大きな原因のようです。

島田紳助は繊細な性格?親友・明石家さんまが引退について言及

島田紳助にとって、明石家さんまは、芸能界における一番の親友だといいます。2人は同い年で、吉本興業でも同期の間柄。プライベートでの関わりは少ないですが、認め合い、けなし合える戦友として、かけがえのない絆を築いてきたそうです。明石家さんまが、島田紳助の引退に誰よりも心を傷めていたのは言うまでもありません。吉本興業に対しては、「俺に任せとけ!」と、引き留め役を買って出たとも言われています。

しかし、自身の番組「さんまのまんま」を復帰の場にと考えていた明石家さんまの思いもむなしく、島田紳助が首を縦にふることはありませんでした。そんな島田紳助に対して、明石家さんまは、ラジオ番組内で、「俺やったら、すぐに出るのに。世間は大して何も思ってないと思う」と語っています。かつて、島田紳助は明石家さんまのことを、「俺と違って、ほんまに図太く度胸がある」と評していました。意外にも島田紳助は、世間の目に対して繊細な性格なのかもしれません。

スポンサーリンク

島田紳助の忘れられない名言集!松本人志との関係は?

島田紳助の名言から学ぶ本当の努力の意味!非情なようで愛に溢れていた

島田紳助の独特で切れ味のあるフリートークの中には、時折、一朝一夕では得られない深みを感じさせられたものです。日本には、ある種の根性論が常態化していますが、島田紳助は常日頃から、「才能は生まれつきのもので、努力は関係ない」と語っていました。そこには、才能が全く見出せなかったボクシングに見切りをつけ、”喋り”という能力を生かして成功することができた自分自身の経験がありました。

また、才能を開花させた成功者は、ストイックな努力をしているように見えるものですが、それは当たり前のことであって、努力ではないといいます。「スゴイ努力も、毎日やれば、その人の普通になる」という境地に至らない者に、才能などあるはずがないということです。実は、島田紳助が、漫才コンテスト「M-1グランプリ」を創設したのは、才能のない芸人たちを振るい落とし、いち早く自分に相応しい道を歩んで幸せになってもらうためだったとか。冷たいようですが、真意は愛に溢れる人物であることがうかがわれます。

島田紳助がテレビの未来を託した松本人志

島田紳助の復帰を熱望する吉本興業の後輩タレントの中で、ダウンタウン松本人志は、その最たる存在です。各方面から”天才”とリスペクトされる松本人志ですが、島田紳助とのダブルMC番組「松本紳助」が開始してしばらくは、これまでにない緊張した面持ちだったのが印象的でした。それもそのはず、松本人志にとって、島田紳助は、芸人を目指したきっかけ。高校生の時には、「紳助・竜介」の漫才をカセットテープに録音し、何度も聞いて勉強したそうです。

スポンサーリンク

一方で島田紳助には、まだ吉本興業のお笑い芸人養成所NSCにいた頃のダウンタウンを見て、「俺たちの時代は終わった」と感じ、漫才から足を洗ったというエピソードがありました。そんな島田紳助は、引退した今も、松本人志に「ずっと見てるで」とメールを送るなど、陰ながらエールを送っているのだとか。島田紳助としては、最も才能を認める男に、自分が去った後のテレビ界を託したいのでしょう。

島田紳助が復帰しない本当の理由は過去の名言にあった!

島田紳助が芸能界を引退して6年目。かつての冠番組「行列のできる法律相談所」は、固定の司会者を据えないまま続行中です。「クイズヘキサゴン」で島田紳助に見出されたタレントたちも、今日の芸能界で、それぞれの道を歩んでいます。度重なる復帰の噂や、政界進出説などが聞こえてくるなど、姿を消してもなお、その影響力は衰えることはありません。島田紳助にしてみても、かつて鳴らした”舌”が、そろそろ現場を恋しがっているはずです。

島田紳助には、反社会的組織との交際以外にも、何かと黒い裏の顔が報じられてきたため、徹底的に毛嫌いする視聴者は少なくありません。それでも、復帰してしまえば、過去の不祥事など、数年もしないうちに風化してしまうのが世の中というものです。それでも島田紳助が戻らないのは、どうしても戻る理由がないから。どこかの県予算レベルの蓄財を持っているため、あえて働く必要がないのではと見られています。

しかし、かつての島田紳助の名言には、「(仕事に)お金以外の楽しみがないと、幸福にはなれへんよ」という言葉がありました。金云々ではなく、一度引いてみたことで、自分自身がテレビで果たすべき役割を終えたと考えたのでしょうか。引退理由は、とても褒められたものではありませんが、後進に道を譲るような姿勢には、潔さを感じさせられます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る