高橋里恩は映画「デメキン」で注目の若手俳優!実家の居酒屋で鈍牛倶楽部社長からスカウト

高橋里恩は映画「デメキン」で注目の若手俳優!実家の居酒屋で鈍牛倶楽部社長からスカウト出典:https://talent.thetv.jp
スポンサーリンク

高橋里恩は映画「デメキン」出演で注目の若手俳優!所属事務所は鈍牛倶楽部

高橋里恩は不良役で出演の「デメキン」で映画デビューを飾った若手注目俳優!

高橋里恩(たかはしりおん)は、2016年にデビューして以降、CMやドラマ、映画や舞台などで幅広く活動している若手俳優です。いくつかのCMに出演した後、舞台「露出狂」で本格的に俳優デビューを果たした高橋里恩は、その後も順調に出演作を増やします。

そんな中、高橋里恩の名前が知られはじめるきっかけとなったのが、記念すべきメジャー映画初出演となった「デメキン」。映画「デメキン」は、暴走族の総長にまで上り詰めたという不良時代を描いた、お笑い芸人バッドボーイズ佐田正樹の自伝小説を映像化した作品です。マーカツ役で出演した高橋里恩は、髪を金色に染めてヤンキー役を熱演しています。

高橋里恩は演技派俳優を多く擁する鈍牛倶楽部所属!

1997年7月5日生まれで、東京都出身の高橋里恩は、スカウトされたことから、Dダッシュ・カンパニーの俳優養成所に入所。7期生として、演技レッスンのほかアクションレッスンもあるカリキュラムをこなし、表現方法を学びました。修了後は、最終オーディション合格を経て、関連会社である鈍牛倶楽部に所属しています。

鈍牛倶楽部は、小林稔侍やオダギリジョー、光石研や田中哲司など実力派俳優が多く所属していることでも知られている芸能プロダクションです。演技派の先輩俳優たちに囲まれて、高橋里恩も多くの刺激を受けていることでしょう。

スポンサーリンク

高橋里恩が「セトウツミ」で存在感を発揮!高橋ジョージの息子?

高橋里恩はドラマ「セトウツミ」に蒲生役で出演!

高橋里恩は、一風変わった演出も話題になったテレビ東京のドラマ「セトウツミ」に出演していました。ドラマ「セトウツミ」は、関西に住む2人の男子高校生・瀬戸小吉(葉山奨之)と内海想(高杉真宙)が放課後に河原で会話する様子をひたすら描いている作品です。

別冊少年チャンピオンで2017年まで連載されていた人気漫画が原作で、2016年に映画化された作品のドラマ版です。高橋里恩が演じていたのは、映画版には登場しなかったドラマオリジナルキャラで、瀬戸と内海の同級生ガッちゃんこと蒲生役です。岡山県生まれで親戚の家に下宿しており、下駄を常用しているというキャラ設定で、主人公の2人が挑戦する「靴飛ばしチキンレース合戦」の審判役として登場。エンディングのオチの部分まで絡み、独特な存在感を発揮しました。

高橋里恩は高橋ジョージの息子?

2016年にデビューしたばかりの高橋里恩のプロフィール情報は、それほど公開されていません。そんな中で気になるのが、検索ワードに「高橋ジョージ」の名前が出てくることです。ロックバンド「THE 虎舞竜」のボーカルを務めている歌手で、タレントとしても活動しています。

スポンサーリンク

三船美佳との泥沼離婚騒動で世間を賑わせたことでも知られている彼には、2回の結婚歴があります。1度目の結婚のお相手は一般女性で、1982年に結婚し、1995年に離婚。子供がいたかどうかは明らかにされていませんが、高橋里恩は1997年生まれなので関係なさそうです。

高橋ジョージの2回目の結婚は1998年で、お相手は名優・三船敏郎の娘の三船美佳でした。2016年に離婚した高橋ジョージと三船美佳の間には、「蓮音(れんおん)」という名前の2004年生まれの一人娘がいます。どうやら高橋里恩の名前の響きと似ていることから、「高橋里恩は高橋ジョージの子供なのでは?」と噂になったというだけの関係のようです。

高橋里恩は注目度急上昇中!将来の夢は居酒屋経営?

高橋里恩は、ザ・テレビジョンが22歳以下のイケメン俳優を紹介する「U-22美男子名鑑」に取り上げられるなど、若手俳優としての注目度が高まりつつあります。イケメンなだけでなく、俳優としての実力もしっかり備えていることは、ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」や「セトウツミ」など話題作への出演が続いていることで証明済みと言えますね。

俳優養成スクールのDダッシュ・カンパニー出身ということで、最初から俳優を目指していたのかと思いきや、実家の居酒屋でバイトをしていて店を出すことが夢だったという高橋里恩。18歳の時に、現在の所属事務所である鈍牛倶楽部の社長とマネージャーが実家の居酒屋に来店し、声をかけられたことが転機となりました。

全く想像してなかった俳優という道でしたが、スカウトを機に徐々に興味が出てきたことから演技の勉強をスタートしたそうです。自身の魅力について聞かれた高橋里恩は、重低音の声だと答えています。たしかに、どちらかというと淡白で涼し気な顔立ちなのに重低音ヴォイスというギャップは、イケメンぞろいの若手俳優の中でも個性的と言えそうです。

「しゃべくり007」や、「ダウンタウンなう」の「本音でハシゴ酒」コーナーが好きだと言う高橋里恩は、2018年6月に「猫は抱くもの」、8月に「検察側の罪人」など、出演映画の公開が続々と控えています。バラエティ番組で、まだ見せていない素顔も少しずつ明かしてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る