辰巳琢郎 嫁、息子、娘の現在は?ワイン番組、クイズ番組から政治家転身あり?!

辰巳琢郎 嫁、息子、娘の現在は?ワイン番組、クイズ番組から政治家転身あり?!

辰巳琢郎 嫁、娘・辰巳真理恵の現在、息子は医者?!

辰巳琢郎 若くして結婚したセレブ一家の今

辰巳琢郎は、若くして結婚しています。まだ劇団で芝居をしている頃か、デビューして間もない時期と思われます。嫁となったのは、薬科大学を出た才媛で、薬剤師や衛生検査技師の資格を持っているそうです。

義父は公立病院の院長だったそうですが、娘婿が芝居などやっていても、やはり京大と言うブランドが信用されたのかもしれません。辰巳琢郎の息子もまた優秀で、医学部に入り医者の道を進んでいるようです。また辰巳琢郎の娘は、東京音楽大学声楽科を卒業し、ソプラノ歌手になった辰巳真理恵。

医者を志していたのに、父・辰巳琢郎の舞台を見て、声楽の道へ方向転換したという、娘の辰巳真理恵。11月には、父・辰巳琢郎や、今話題の片岡愛之助らとともに、琳派400年記念祭「京都おもてなし音絵巻2015」に出演する予定です。

辰巳琢郎は、元祖京大卒クイズ王

京大卒のクイズ王と言えば、今では漫才コンビ・ロザンの宇治原の名前が上がりますね。しかし、最近のクイズ番組では、東大卒、京大卒のグループ出演も多くなり、元祖京大卒クイズ王、辰巳琢郎も未だ健在です。

スポンサーリンク

辰巳琢郎は、1958年生まれの57歳。関西の小劇場ブームの走りである、劇団卒塔婆小町(現劇団そとばこまち)の初代座長として人気を博し、1984年のNHK朝のテレビ小説「ロマンス」で、ヒロインの相手役に抜擢されます。以後は、その知的で端正な二枚目ぶりで数々のドラマに出演、人気を博してきました。

1990年代に入ると、フジテレビ「たけし・逸見の平成教育委員会」に出演。何度も全問正解を果たして注目されると、他局のクイズ番組にも引っ張りだこに。次第に、クイズ王と呼ばれるようになります。また同じ時期、フジテレビで「食いしん坊!万才」のリポーターも務め、グルメとしての一面もみせました。

本業である俳優では、1994年から2000年まで、TBSの浅見光彦シリーズで主人公の浅見光彦を演じています。男性俳優としては一番油が乗っている年齢ですが、なぜか以後、俳優としてあまり脚光を浴びなくなっていきます。これは多分に、端正さが逆に嫌味と見られるようになってきたこと。

スポンサーリンク

また、その知性に比べ、役者としての面白みや深みに欠けていたということでしょうか。そしてその後は、俳優というより、文化人タレントとして活躍し、今に至っています。

辰巳琢郎 ワイン通、クイズ王者から政治家転身あり?京大出身の実力とは

辰巳琢郎 ワイン通が高じて、オリジナルワイン「今様EXTRA DRY」をプロデュース

辰巳琢郎は、多趣味な人物です。その分、俳優としてのこだわりが薄れているのかもしれませんが。クイズ、グルメ、そしてもう1つが、ワイン通であること。辰巳琢郎は、日本ソムリエ協会の名誉ソムリエであり、2005年からは、長野県原産地呼称管理制度のワイン官能審査委員を務めています。

また2015年には、自らがプロデュースした「今様EXTRA DRY」が、日本ワインコンクール2015で銅賞を受賞しています。さらに今では、BSフジの各地のワイナリーを巡る「辰巳琢郎のワイン番組」や、BSジャパンの、毎回ゲストに合わせたワインをふるまう「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」で、ワイン番組の司会を2本も担当しています。

辰巳琢郎 京大文化人として、ついに政界進出か?!

辰巳琢郎は、もはや知名度抜群のセレブ文化人といっても過言ではありません。そして各界で活躍する京大の同窓生たちもいます。こんな彼を政治の世界が放っておくはずがありません。

近年、辰巳琢郎がクイズ王者から政治家転身かというような噂が、まことしやかに語られるようになっています。確かに京大出身という知性の実力は、クイズ番組で証明されているかもしれませんが、政治は、趣味の一つではすみません。さて、辰巳琢郎自身はどう考えているのでしょうか。

辰巳琢郎 「政治家は、演じるものだと思っている」と政界入りを否定

その辰巳琢郎が、ついに自らの思いを表明しました。今年11月22日投開票の大阪府知事と大阪市長のダブル選挙で、自民党府連から出馬を打診されていた辰巳琢郎。7月25日に、自身のフェイスブックを更新して、打診の事実を認めつつ、出馬についての可能性は0%と否定しました。

理由は、秋からのNHKテレビ小説「あさが来た」の出演が決まっており、物理的にも道義的にも在り得ないこと。さらに加えて「政治家は、演じるものだと思っています」と述べています。興味深いのは、この最後の一文です。辰巳琢郎にとって、政治家はなるものではなく、役として演じるものだという意味なのでしょう。

ですが仮に、辰巳琢郎が政治家を演じたとしても、頭は切れますが人間的にあまり魅力がない二世議員といったイメージしかわかないのは、いじわるすぎる見方でしょうか。

いずれにせよ辰巳琢郎は当然政治家ではありませんし、俳優として今一つなのも事実です。今回のテレビ小説ので役どころは、眉山栄達という大阪で一番大きな両替屋、山王子屋の当主の役を演じるとか。共演者には、林与一や近藤正臣など、関西出身のベテラン俳優が数多く出演します。辰巳琢郎にはぜひとも俳優として、彼らに交じって一番の演技を見せてほしいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る